2017年05月30日

8mmフィルムの「DVDにダビングサービス」 フジフイルム

公式
http://fujifilmmall.jp/conversion/dvd_8mm/

お家にあった「8mmカメラ」で撮った映像を、えいやで380分分ほど(40本ぐらいかな)コンバートしてもらいました。
5/8発注の5/24仕上がり着、お値段は見積もりは94500円なるもおおよそ半額の53500円ぐらい。

中身はごく普通の家族の一コマです。
旅行先、僕や弟の七五三、運動会、おゆうぎ会などなど。
13歳下の奥さんは「きょとん」という顔をしてました。もう完全にビデオの世代で、8mmなんてカメラも映写機も見たことない。
とか言ってる間にそのビデオカメラも触ったことがない世代が育ちつつある。動画はみんなスマホで撮ったやつ。次はどうなるんでしょうね。Googleが全部記録してるから個人で記録する必要無くなる、とかそんなんですかね。

それはそうと品質ですが、さすが本家本元の提供するサーヴィス、予想以上にクッキリハッキリ。
もちろん元のフィルムが古いので、汚れやノイズは今の基準で言えばすごいもんですが、まーTVに映る古い時代のフィルムを見るように、いやそれそのまんまなんですけど、フィルム独特のしっとりした雰囲気があって、とてもいいかんじです。
動画のみならずスチルでもいまだにフィルムにこだわる方、あるいはアナログレコードやカセットテープにこだわるマニア、お気持ちわかりました。なんだかしんないんですけど、なめらかなんですよねアナログはね。

亡きおばあちゃんと母を間違えたり(母娘なもんで)、いまの僕よりずっと若い父が、僕と弟を両腕に抱っこしていたり、なんだか神様の視点で「見てはいけないもの」というか「見られるはずがないもの」を見ている感じがしました。8mmは一般的に音は別撮りなので、無音なのもまたミステリアス。

おうちに8mmテープがあって処遇に困っておられる方、いやもう富士フイルムさんに送りつけるしかないッスよ。朽ちて見れなくなる前に。あれ自分でキャプチャとか絶対考えないほうがいい。あれはつらいから。本当に。僕昔VHSテープを200本近くやったんですけど、もう二度とイヤ。
http://hoenaga.sblo.jp/article/22927518.html

もちろんですが各種ビデオメディアも大丈夫です↓
http://fujifilmmall.jp/conversion/dvd/

金額お高く感じられるかもしれませんが、この本数のフィルムを映写しつつ別のテープにつなぎ直してデータ化してDVDに焼いて元テープとパッキングして返送して……って手間を考えると、ボランティアとまでは言いませんが、おそらく儲け抜きのサーヴィスで、
「俺達はフイルム屋だ、最後まで責任がある」
という矜持を感じました。
すばらしいです。
posted by ながた at 12:05| 雑記

2017年05月28日

MINI中部・関西地区ディーラー合同 サーキットイベント

ロックバンド『和'n』の相方、TERU(担当はヴォーカリスト)に誘われてMINIのオーナーズ・イベントに行ってきました。(あ、僕のロックネームはQです。担当はメーリングリスト)

「しかしマルセイユ生まれ東住吉区育ち、生粋のおフロンス人のミーにとっては、ドイツ人の造る英国車など敵×敵ではないですか」
「いま広島のクルマに乗ってるでしょう」
「はい。」

場所は鈴鹿ツインサーキット。F1やるあれからはちょっと離れたところにあります。近鉄白子駅で拾ってもらいました。ちなみに乗りつける参加車両はボルカニック・オレンジ(無償色)の現行型つまり3代目MINI ONE。希望ナンバープレートは愛する妻と息子にちなんだ数字。

「ワシは? ねえワシは?」
「okbちゃんなんか初めて買った自分のクルマのナンバー、お父さんの誕生日にされたんやぞ」



中部・関西地区のディーラー合同イベント(ご参考↓)
https://www.g-shinwa.co.jp/news_shinwa/mini/2017/04/mini-21.php
なので、集まったMINI(約200台ぐらい?)はどれもいささかお上品、痛車の1台も無い。なによりディーラー網がオリジナルと現在の(BMWの)MINIでは隔絶してるので、オリジナルがほぼ来てない。3台ぐらいかな?
(ちなみにTERUはオリジナルも所有。そいつで昔、二人でしまなみ海道を逃避行したもんさ)
とはいえ痩せても枯れてもMINIですから、本当に掛け値なし同じクルマは1台として無い。オーナーの注ぐ愛情が伝わります。犬、パグとかブルドッグとか、ああいう感じなんですよね。

TERUは「32(MINI)秒以内に車庫入れ4回」というアトラクションに挑戦して見事成功したり(さすが暗峠をオリジナル・ミニで駆け抜けた男。ちなみに成功賞品はうまい棒1本)

MINIのMINIカーをカスタムして遊んだり(東海圏への愛が溢れるペイントでしょう。ちなみにゼッケンは右が海老、左が味噌)



そしてサーキットを爆走したり(残念ながら自車ではなく用意されたクルマ、車種/グレードいろいろありましたがどれが当たるかは運次第)。
動画撮ったんですがアホな会話しかしてないのでとてもお見せできません。
サーキット走りながら動画撮ってるとたった2周でゲロ吐きそう。ラリーのコドラってほんっと凄いですよね。

などとやってると3hぐらいあっという間に過ぎて、そのまま四日市へ向かいます。

四日市あすなろう鉄道(狭軌762mm!遊園地の乗り物かと思うほど)がトコトコ走っているのを観たり。
http://yar.co.jp/

ブラタモリよろしく現R1沿いの生活道路、それが旧東海道、を走ったり。

辿り着いたは人気店『まつもとの來來憲』
http://matumoto-rairaiken.com/
「大とんてき定食」を二人で踊り食い。
250g肩ロース一枚肉うまし。タレの掛かったキャベツさえ、いや、こそがご馳走。



その後道中見かけたおされキャッフェ『レコンフォール』で美味しい珈琲をいただいて
https://www.facebook.com/cafereconfort/
星野源あたりになった気分で
「源といえばワシやー!」
「取られちゃったね」



僕は近鉄・四日市駅に送って貰ってそこで解散、と相成りました。
鈴鹿・四日市のおみやげはなんば駅で買った『551』の豚まん。

楽しかったー。
サーキットは空が広くて疾走するクルマがかっこよくて、何年かに一回行くとよいですよ。

わ、わたしもそろそろなにかこういうエベントに参加できるようなクルマを一台ほど……

posted by ながた at 16:22| ごはん