2017年06月05日

マッサージ機が効かない理由

鍼灸院の先生(元中国人)は鍼のあとサーヴィスでマッサージをしてくださるのですが、

「日本のお客さん、マッサージ、嫌がる人結構居るネ」
「ああ、僕もマッサージのあと体調悪くなったりすることがあるので、実は苦手です」
「そうなの」
「日本語で『もみおこし』とか『もみかえし』とか言うんですが、その瞬間は気持ちよくてもあとから気分が悪くなる」
「へー」
「以前、弟が買った電動マッサージ機を当てて『気持ちいい気持ちいい』と喜んでたら、その夜から翌日いっぱいぐらいなんとも気分が悪くて」
「あー、マッサージ機はダメネ」
「ダメですか」
「ダメヨ。わたし旦那さんの持ってたの引っ越しの時捨てた」
「なにか理由があるんですか?」
「ツボじゃないから」
「あー!!」

長年の疑問がいま氷解。
我が家にも本格派の椅子式からクッション内蔵タイプ、小型振動タイプなどいろいろあったのですが、どれもその最中は気持ちいいんですけど、結局根治もしないしそれだったらおとなしく寝てたりする方がいいかな、と使わなくなってました。
なんという盲点。
そらツボ押さんかったら何やってもあきませんわねえ。

「ということは」
「わたし、美容院のマッサージ断りますヨ」
「ああー……」

素人が文字通り的はずれなところなんぼグイグイ押してもしょうがないわけです。(アスリートが使い込んだ筋肉のケアをする、とかはまた別の話なんでしょうけど)

ツボそのものの位置はいくらでも情報があるわけですが
(たとえば「せんねん灸」のこちら↓)
https://www.sennenq.co.jp/knowledge/tubo13.html
場所だけじゃなくて押す方向によって刺激がぜんぜん違うので、なかなか難しいです。一度専門家に診てもらって鍼なり灸なりツボ押しなりやってもらうと良いですよ。
逆にいうと、そういう知見があればああいうのもよく効く、というか、そういう知見がなければああいうのの本来持つ力を発揮できない、というのはメーカーには言えない不都合な事実、かなあ。黙って当てればピタリと治る、と言いたいですもんねえ。
むしろ孫にタントンやってもらうぐらいの方が、血行が良くなる効果だけ発揮されていいのかもしれません。もちろん心理面もある。

餅は餅屋やわ。
posted by ながたさん at 06:06| 雑記

2017年06月02日

もやし&ミンチスープ



超簡単でしみじみうまい!
ボリュームもあって満足度高し。

【材料】(2人分)
鶏挽き肉 100g
もやし 1袋(200g)
青ネギ 3本

チキンスープ(中華)の素 小1
ごま油 小2
水 500cc
塩・胡椒少々
(お好みで)ラー油、酢

【作り方】
・もやしは水洗いしてザルに上げて水気を切る(どうせ煮るからテキトーで)
・青ネギは4cmの斜め切り(小口でもなんでもいいです。白ネギでも可)
・小さめの鍋にごま油を熱し、挽肉を入れて炒める(中火)
・適当に色が変わってそぼろ状になったら、水、チキンスープの素を加え中火で煮立たせる
・煮立ったら、もやしを加えて1分
・塩胡椒、ネギを加えてできあーがーりー
・お好みでラー油、お酢で味に変化を

【参考】『きょうの料理ビギナーズ』NHK
http://www4.nhk.or.jp/ryouri-begi/
posted by ながたさん at 16:22| ごはん

2017年06月01日

オオサカオクトーバーフェスト 2017@長居公園

http://www.gnavi.co.jp/prt/osaka/oktoberfest/

去年の9月にも行きましたがもちろん今回も。
今年は3回も行っちゃった(6/1現在)



(写真は15時スタート直後です。これが瞬く間に埋まる。土日はwash children of potate)

これ遠方から楽しみに来られる方にはもちろんですが、近隣住民に非常に楽しいイベントでして、僕ら夫婦は散歩道がてらにありますからついつい覗いちゃう。母も従姉妹親子とソーセージを食べに行く。僕らも鍼の先生とそのお弟子さんと4人でも出かける。
平日昼間っから青空のもとうまいビールを傾けるこの歓びよ。



(呑んだら踊る)

コツとしてはビールは各ブースのエース(だいたいヴァイツェン)を順繰りに飲んで、食べ物は本場モノであることを確認したソーセージで。ビアカクテルも元ビールがうまいからか、かなりイケます。
ま好きに愉しんでください。

人生はビールとソーセージがあればだいたいOK。
「天国にビールはないよ」

【追記】
このあと4回目も行きました。
posted by ながたさん at 05:06| ごはん