2017年09月16日

イベント「肉フェス OSAKA 2017」@長居公園


・公式サイト
http://www.nikufes.jp/_tags/%E8%82%89%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9OSAKA2017

・あべの経済新聞の記事
https://abeno.keizai.biz/headline/2645/

 お昼に夫婦で行きました。
 いただいたのは「希少部位!やわらかミスジのガーリック塩ステーキ」と「特撰 京九条ねぎ牛たん」、それにごはん2杯とシュナイダーヴァイセのヴァイツェン1杯。しめて4100円。
 味はまずまず良かったのですが、大量に捌けることを第一に考えた仕立てですので過度な期待は禁物。
 とはいっても、お祭り気分も加味すれば十分リーズナブル。たくさんで行けばよりいろいろ食べ比べられますし、アルコールも意外に豊富(リーフマンスもあるよ)、スイーツまで用意されてるので「肉ばかりてのはちょっと」という方でもまあまあ楽しめるのではないでしょうか。
 サラダバーが欲しいかな。

 食券もしくは電子マネー決済(飲み物とご飯は現金可)で食券は払い戻し不可なので、お手持ちの交通系(ICOCAなど)もしくは流通系(WAONなど)に多めに入れて行かれるとよろしかろう。
(PiTaPaは食券は買えますがお店では使えません)

 入場無料、土日混みそう。
 金昼ですでにだいぶ人入ってて、行列店もできてました。

 ペットと一緒に座れる席があるのですが、あるお犬様が
「ここはなに!? いったいどういうこと!?」
と大興奮されておられたのが印象的でした。
 そりゃもう彼/彼女の鋭い嗅覚にとってはどエライことになっていたんでしょうね。

 オクトーバーフェストの時に「いかにもドイツ関係」というようなお客さんを見るのが愉しかったのですが(たとえばドイツ語の大学教授とその奥様、みたいな)、今回もすこしですがタンクトップに短パンみたいな肉肉しい男性(フレディ・マーキュリー?)が闊歩されていたり、長髪の毛先だけを炎のように真っ赤に染めた恰幅のいいお姉さまがおられたりしました。あれは……焼かれる肉をイメージしてたのかな。
 肉襦袢かなにかでコスプレして行くのもいいかもしれませんね(適当)
 プルシェンコのセッボンみたいな。
https://www.youtube.com/watch?v=9jgInqv4pgE
posted by 犀角 at 00:05| 雑記