2017年10月24日

捕手は打撃


 CSについては以前からクソだと申しておりますので言及いたしませぬ(してる
 DeNAファンには悪いですが、それ以外のほとんどの方は広島が昨年の悔しさを昨年よりさらに巨大な敵ソフトバンクに対して晴らせるか、というのを楽しみにしてたと思うのですが……
 まあ観客動員は更新を続けているらしいですし、コアなファンの方が喜んでらっしゃるならそれでいいと思います。無料中継たまに見る程度の人間に何か言う資格はありまへん。お金払ってくれるお客さんが正義。

 表題、おそらくお好きな方なら同じお考えの方も多いかと思うんですけど、捕手って打撃優先でええんじゃないですかね。
 巨人に阿部、ホークスに城島、ヤクルトに古田。標準野手クラスでいいなら横浜・中日の谷繁に阪神の矢野。強いチームには強打の捕手。
 リードは結果論、つまり「勝ったからいいリード」と言えなくも無く、そもそも投手の失投はリードと関係ないわけで……
 いやね、「捕手と遊撃は打撃どうでもいい」みたいな考え方がひとつあるわけじゃないですか。
 でもですね、じゃ.200ちょっとの球界一の遊撃手と、.350の20発みたいなジーターや坂本の調子いい時みたいな遊撃手と、ぶっちゃけどっち使います?
 捕手も同じで、3割30発打てりゃリードとか肩とかどうでもいいでしょうそんなもん。
 だって他所のチームで凹んでる部分が凸してるんですよ。
 行って返って効果倍、打者は9人ですから1割×2倍の2割ぐらいの攻撃力アップになりませんか。大雑把ですか。
 野球は多くの試行回数を重ねて確率で結果を出すスポーツなので、2割違えばまるっきり違いますよ。

「難しい」とか「負担が重い」とよく言われるんですけど、過重だと思えば軽くすればいいので、「おまえは打てばいい」の一言でええんじゃないですかね。そもそもベンチからもサイン出すんでしょう。あまりにリードがスカタンだったら一球ごとにベテランバッテリーコーチがやればいいじゃん。

 この風潮の元凶はたぶん野村克也監督で、ご自身4番打てる強打者でありながら、延々とやれID野球だ、捕手はたいへん捕手はたいへん、とボヤいてらっしゃるでしょう。
 でも、野村居りゃ勝てますよフツー。打つんだもん。
 野茂の女房役でおなじみだったマイク・ピアッツァも.350の40発みたいな選手だったんで、三桁被盗塁でもマスク被ってましたぜ。

 なんでそんなことを思ったかと言えばドラフト。広陵の中村君。甲子園6発の打撃ももちろんですがなんといってもあの野性味溢れる捕手守備が魅力的ですよねえ。
 もう僕だったら彼一択。
 清宮君ももちろんステキですが、パワーヒッターは極論言えば当たり外国人でも代わりはできるし(お金があれば他所で当たったのを買えばいい)、たとえば西武に入って中村・山川と3人並んだら、遠目で見分けがつかなくて困るでしょう?
 中村君、地元広島が狙ってるのは周知の事実ですが、日ハムが噛み付いてきそう。大野が出ていく(かもしれない)から1年目からイケるで、みたいな甘い囁きを……

 いやなんかね、わかってる人やチームはこっそりそれを実行してて、黙ってるだけ、むしろ「捕手はリードだ、守備だ」と撹乱情報をわざと撒き散らし続けている、ような気がするんです。
 気のせいですかね。

 後出しジャンケンじゃないですが、わたし若き頃にバスケットボールというスポーツを知って、
「これって3点シューターを徹底的に鍛え上げて百発百中みたいな名人芸にしたらそのチーム強くない? だって1プレー得点期待値1.5倍よ?」
みたいなことを言いましたら、「識者」にボロカス馬鹿にされましてですね。そうかなあ、不可能じゃないと思うけどなあ、と思ってましたらステファン・カリーとウォーリアーズが出てきましてですねえ。
「ほらー」
みたいな。もホントあの「識者」の言うことは100%アテにならん。結局POSレジと同じで過去の解析してるだけなんで、
「強いチーム(選手)が強い」
って同語反復をつぶやき続けてるだけなんですよ。そこに真理も真実も未来も価値もついでに分析も理屈も科学もつまり小宇宙も何もない。

 ということで中村君をどこが獲りに行くか、そして彼がどんな選手に成長していくか、そのチームがどう強くなるか、が楽しみです。
 気が早いかな。
posted by 犀角 at 00:00| 雑記