2018年08月15日

フィットネスバイク「AFB4309WX」アルインコ





 もうとにかく暑くて。

 7月の頭ぐらいから奥さんも走り出したのですが、7/20ぐらいになりますと朝7時に無理に早起きして走っても暑過ぎて辛い。
 しかし健康増進のためには運動もすこし……
 と考えたところ、実はちょっと前に弟が運動不足解消にとこれを買っていたことを思い出し、借り出して漕いでみるとこれがなかなかいい。

 僕のこれ系の記憶は、遠い八尾の日々、いまやメガバンクの情報担当として「NY帰り」と恐れられるokbちゃんと一緒に、暗くて暑い倉庫の中で漕ぎ合った、実際に走れる自転車(だいたいレーサー)を載せて漕ぐ、いわゆる「ローラー」で止まっていました。
 当時流行ってたユーロビートをかけてね。むくつけき男2人が全身汗ダクになりながら、おたがいの肌をつつき合って、
「okbちゃんちょっと痩せたんじゃない?」
「ながた先輩こそ脚のこのへんがシュッとしましたよ」
みたいな。
 つまり「うるさくて・かさばって・ただつらい」というイメージだったのですが、やはり20年の歳月は人を物を社会を進歩させるもの。

 こちらまず設置が1畳分あれば十分で、ワンルームにお住まいの方でも(片付いていれば)十分置けます。
 漕いで見ればなにより、音が静か。ほとんど無音。(マグネットの強さで負荷を調節するそうです)
 振動もほとんど出ません。ご近所どころか家族にも気兼ねしない。もちろん深夜早朝OK。
 嬉しい機能としてグリップに心拍数計が仕込まれており、自分のペースでスロー運動ができます。
(「138ー年齢÷2」がちょうどいいそうです)
 もちろんハードに漕いでも大丈夫。最大負荷だとかなり重めに設定できます。もう自転車乗らなくなってずいぶんなので、ギア比でお伝えはできないですが。
 あとおまけ的にゴムバンド・システムが搭載されており、脚は漕ぎながら、腕はバンド引張りながら、というムチャもできます。
 表示部分にはスマホやタイマーも置けて、表示を諦めればタブレットも可。僕はDAZNでサッカー観てますが、「アニメ1本」とか決めて漕ぐとちょうど20分でいいですな。
 前傾姿勢に疲れたら背もたれにもたれて後ろグリップを掴めば、そのままでも漕げます。
 さすがベストセラー、隙がない。

 欠点というと、サドルや姿勢の調節幅が狭い上に工具が必要で、気軽に微調整というわけにはいかないところぐらいかな。まあ値段が値段ですしね。
 組み立て式ですが迷ったり難しかったりするところはありません。ボルト多いので多少時間掛かりますが、よくできてると思います。

 ということで夫婦でコギコギしますと、奥さんの脚、特に膝下がみるみる細くなり、「脚の美容には自転車」やなあ、と改めて思った次第。もちろん僕も快調です。
 夜よく寝れるんですよね。適度に身体が疲れてると。
 ジョギングは気候がいい時はとても気持ちいいものですが、真夏・真冬は結構つらいもの。あとシューズだウェアだ小物入れだ心拍数計だ、と意外にお金も掛かる。
 これなら、思い立ったその瞬間から裸でも漕げます。(やめてくれと説明書に書いてありますが)

「フィットネスバイクなんて相当な方が買うものでしょう?」
 いやいや、このぐらいのカジュアル・ユースでも十分価値がある。
 朝歯磨き3分で、完璧にとは言わぬまでも歯の健康をずいぶんキープできますでしょう。そんな感じで毎日20分、これだけやってればまあ運動の面では足りてるかなあ……と。
 デスクワーク系ジョブの諸兄姉、いかがですかお部屋でこっそり。毎朝ツヤッツヤの笑顔で肌カサカサの同僚に
「いや、別に何もしてないですよ?」
と言い放つのです。
 健康のことは誰も助けてくれんよ。誰も助けてくれん。
 自分でやらんと。


 下に敷くマットも買った方がいいですよ↓

posted by 犀角 at 00:00| 雑記