2015年03月27日

映画「プリキュアオールスターズ 春のカーニバル」


http://www.precure-allstars.com/

 ファン映画としては最高でした。3Dダンスの合間に挟まる2D絵が脇役も含めた後日談っぽい新規動画で、たまりません。
(以下ネタバレあり)


 ただそのせいで肝心の「ダンス&ミュージックでノリノリ」とはいかず、そもそもひな壇型歌番組形式なので合間合間でMCも入ってちょっと「映画感」に乏しい。新曲も2D画背景の妖精の、泥棒達の、メインの『イマココカラ』の3曲で、ちょいと物足りない。
 ストーリーが薄いのはこういう企画だからいいと思うんですが、作画もちょっと荒れ気味で、クライマックスの大技時ですら微妙。作監青山さんで監督志水さんとプリキュア慣れしてるメインスタッフなので、なにか途中で大きな変更でもあってスケジュールが極めてタイトだったりしたんじゃないかなあ、と勘ぐったりします。
 という感じ。もう少し物理的に詰める余地がある気もしますが、腹を立てたり否定したりするほどではないです。オールスターズはカーニバル、お祭りですからね。
 まあ40人動かすのは難しいですよ実際。歌合戦、運動会、クイズ大会……特にプリキュアはライダーと違って「同士討ち禁止」縛りがありますしね。来年は『赤穂浪士』でもフィーチャーしてみてはいかが。

 あ、でも「歌とダンス」と銘打つならラストは『ガンバランス』が良かったな……
posted by 犀角 at 19:26| コンテンツ