2016年06月19日

デスクライト「EIZO Z-80pro-EIZO」 EIZO/山田照明(共同開発)




 これにすると思ったでしょ!
 人生短いよ! 気に入ったもの使っていかなきゃ!


「PRO」という文字に弱い世代なのさ……
「PROFEEL PRO」欲しかったよねあの取っ手みたいなところがスッゲーカッコよかった……「PROFILE」じゃないんですよ「PRO FEEL」ですよすなわち「プロフェッショナル・フィーリング・プロ」。
 どんだけプロやねん。

 ご覧のとおりこの子もカッコイイです。
 それだけで選んでもいいぐらい。

 ならばノーマルのZ-80でもよかったのですが、先日書いたこの機種ならではの特徴、

http://rakken.sblo.jp/article/175631556.html

演色評価数Ra97が欲しかった。
 実際、スペック通りのとても自然な色合いで、色はほんと言うことなしです。
 どのぐらい自然かというと、最初
「あれっ、言うほどかな?」
と思ってしばらくして自分が普段JINSのPCメガネブルー40%カット(色が少し変わります)を掛けていることを思い出したぐらい。もちろん外して見れば納得。

 そんなメガネ掛けててデスクライトの演色性も何もないという話もなくはない。
 ええやないすかいつ近眼だって治るかわからんよ!
 AlphaGoがきっと治療方法とか勝手に開発してくれる!
 このへんのツボを押すといい、とか……
 それググッてるだけちゃうか……

 Z-80系は使い勝手もよいです。アーム類の動きのスムーズさや思った所に止まってくれる感も文句なし、イカすデザインと合わせて机前にあるブツを惚れ惚れ見惚れて、
「買って良かった……」
と思えるイイモノです。所有の喜びがある。
 proまで言わんでもノーマルZ-80でいいと思う。むしろノーマルZ-80は調色付いてるから、お好きな色合いで使えますよ。(proは調色は無しです)

 ただしこれ、以前使ってた27型蛍光灯ツイン管よりパワーでは若干劣ります。僕の用途(机で物書き・お絵描き)でしたら十二分なのですが、家宝のトゥールビヨンを弄るとか銀の指輪に羽根スカルを彫るとかなんとか、ちょっと足りないと思われる方もいるやも。その場合はひとまわりパワフルなZ-10N系ですね。
 80系もですが10系もパワー調節ついてるので、光量が過剰になることはないです。調色もですが、調光機能はLED照明の便利なところですね。

 あとレビュワーによっては「アームが短い」とおっしゃる方も居ます。確かに僕で24型モニタの上から持ってくる感じちょうどなので、27とか30とかお使いだと、特に下がもう10cmあれば、という感じかもしれません。まあその場合は、モニタまたぎを諦めて机の横の辺から持ってくるとかですかね。オプションで壁付け用のクランプなんかもあります。

 EIZOネームと山田照明ネームがありますが、おそらくブツは全く同じ。僕がEIZOを買ったのはヨドバシ・ドット・コムで即納だったからで、他意は無し。本体にロゴとかあるわけでもないです。

 文句なしです。
 買ってよかった。


(参考にさせていただいたblog)
http://monomania.sblo.jp/article/55673891.html
(これもちょっと惹かれた)

(元はアメリカのメーカーで、本国でも人気)
https://www.amazon.com/Softech-Natural-Lighting-Touch-Sensitive-Charging/dp/B00BV0OL80/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1465680548&sr=8-1&keywords=dl-95th
posted by ながたさん at 03:42| 雑記