2016年10月10日

10/9


晴れたり曇ったりややこしいですねえ。


●義祖母の法事でちょっと遠くまでドライブ。
 道の駅に2つ寄って、美味しい栗アイスや栗ご飯をいただいて、焼き栗や直販野菜をお買い求め。きれーいな唐辛子の束が100円で安い!
 いやあホント侮れないですねえ。以前はああいうところの軽食なんて炭水化物を流し込むもの、て感じでしたけど、素材が新鮮で安いからか、普通に美味いですよ。
 わざわざ行くかというと微妙なんですけど、行けば満足という感じ。
 この価値観がこれからの小商いに必要十分条件のような気がする、
 などと申しており。

 どちらも日曜ということもあって盛況でした。

●そこのお寺は街の子には目も眩むような豪勢なお寺なんですが
 でも和尚さんは「もう畳んで息子とこ(東京)へ行こかな」とおっしゃってました。
 お寺なかなか大変です。なんでもこれから10年で全国で9000ほど潰れそうだとか。

●昼カツカレー食べたんですが
 かなり美味しくて大満足だったのですが、ウチ帰ると母が「きょうヒレカツするからついでに揚げるわー」とお裾分けしてくれて見事被る。

●奥さんが僕の黒スーツ姿を観て
「ヤクザの組お抱え会計士」
というのでなぜこんな恵比須顔でネコちゃんのだいすきな僕ちゃんがそんな濡れ衣を着せられるのか、と真面目に考えるでもなく考えてみたら、たぶんスーツの型が古い。大学入学すぐ18の時つまり1990年に買ったもんですからバブル絶頂期。肩幅が目一杯広く身頃もズボンもズドーンとまっすぐでしかもダブル。とにかく恰幅がよく見える。最近のはスリム・スマートに見せるように基本細身ですから、いまこんなスーツ着るの(映像かイメージの中だけの)ヤクザさんしか居ない、というシーケンスのようです。
 しかし27年これひとつ、嬉しいこと(主に結婚式)も哀しいこと(主に葬式)も、同時期に買ったREGALの靴と共にこれで出席しました。g石アナの結婚式6時間ベロベロになった時も、閣下の棺と共に札幌行きの飛行機に乗った時も。
 もういまさら脱げません。破れるとか激太りでもしない限り、このままお抱え会計士を演りそうです。とか言ってたらまた太身のスーツが流行るかもしれませんしね。

posted by ながたさん at 08:14| 日記