2016年11月25日

11/24


 夕食まで寝てだいぶマシになりました。


●小物
夕食時に録画した『おじゃる丸』を観ているのですが、電書ボタルの「電ボ」という従者がでてきます。彼の特徴は恋多きところ、というかありていに言えば女好き。イタリア人もしくは80'sヒーロー・諸星あたるもかくや、可愛い女性(人に限らない・もちろん蛍にも限らない)を見れば即アタック、しては玉砕します。
 今日の『おいしーかんけー』では「むしとりすみれ」という可憐な花に恋をするのですが、彼女はその名の通り彼を餌としてしかみておらず、そこのギャップがギャグになっている回。もう頭から食われながら、
「すみれ様は!むしを食らったりするような!そんな野蛮なお人ではございませぬッ!」
と啖呵を切る。長年のライバルが恋に殉じようとする姿に、小鬼の一人、アカネが涙を流しながら叫ぶ、
「あんたバカだよ!」

 ほんとに絵面がすごいバカなんです(笑)

 うまく伝えられないんですけど、「恋は盲目」っておなじみのくくりじゃないんですよ、この話。さりとて『星の王子さま』の安冨解釈のような、バラのハラスメントと王子の関係、みたいなシリアスなものでもない。もうこの、「小物は視野が狭い」って特質を的確に表してるだけ、みたいな説話で……

 わたしキャラを描く時、「魅力的であって欲しいな」と思って美点に力を入れて描くのですが、いや、バカみたいな、むしろ欠点のようなところでも、キッチリ描ききればまるで実在の人間のようにイキイキして、だからこそ魅力的に「なる」。

 勉強になりました。
 この回かなりおもしろいのでおすすめです。

 昨日の夕食はこれ。

●鍋スープ「濃厚キムチチゲ用スープ 辛口」モランボン
http://nabe.moranbong.co.jp/products/detail/513
http://nabe.moranbong.co.jp/products/

 さすがモランボン、キムチ系は旨い。辛口とありますが構えるほどではないです。裏に書いてありますが、ごま油で炒めた豚バラをドバッと投入するともう最高。ご飯と一緒にどうぞ。
 次の昼はうどんを煮込み、その夜はご飯と卵を入れておじやにしました。

●最近の鍋スープは百花繚乱で
「あごだし」で一世風靡中の久原本家さん
https://www.k-shop.co.jp/kubarashouyu/nabe/nabe/
などのも旨い。

 プロに任せるとよいですよこういうのは……

posted by ながたさん at 23:59| 雑記