2016年12月04日

12/3


 昼は小松菜ベーコン、夜は昨日のカレーを茹で焼きウインナーとともに。


●ハレとケ
があって、どっちもだいじです。
 むしろハレを祭り、ケを日常とするなら、ケのためにハレがある。
 ところが現代というのは始終ハレ。毎日がフェスティバルでありスペシャルでありゴージャスでありグルメであり。
 そういうのに疲れたり、お金が無くなって物理的にできなくなってきたり、あるいは災害などいろんなきっかけでハッと目が醒めたり、というのが2010年代なのかな、と思います。
 普段具だくさん味噌汁とご飯、だから秋刀魚が一匹出てくると驚く。
 それはハレの否定ではなくて、重心の移動。

●ふつう
という基準がしっかりしてると、価値判断がしやすくなり、変なところに迷い込んだり、変なことに巻き込まれたり、しづらくなるんじゃないかなあ、と思います。
 でもそれが実はすごく難しい。
「世間が間違ってる」てことが非常によくあるので、「一番売れてるもの」はしょっちゅう「ふつう」ではない。「いいもの」である可能性の方が高いぐらい。もちろんその両者は両立もするんですが。

●わたしだって「『ふつう』のクルマはどれかね」と聞かれたら答えられないッスよ。プリウスはとんでもないクルマだし、タントやN-BOXもかなりヘンテコなクルマだし。

●差別化、付加価値
というのが「いいことだ」とされて、ほとんどどんな商品でも、サービスでも、そして最後は人間にもそれを求められた、あるいは求められているに違いないという強迫観念に怯えて、疲れてるんじゃないかなあ、と思います。

●Jリーグチャンピオンシップ
外出してまして観戦できませんでしたんですが、テキスト中継でレッズが先制して「……いや。」と思ってたらそんなことに。
「勝てば決まる」状況でのアントラーズはヤケクソに強いんですよホントに……レッズがヘタレなんじゃなくて、アントラーズ上がってきたのが不運でしたわ。

 プレイオフ制は「それを前提としてレギュラーシーズンがある」(例:NFL、NBA)でないとやっぱりモヤモヤしますね。まあJの場合はお金が欲しくてしょうがなくやったんで(ろくなもんじゃないのはさすがに以前やって理解しとる、と信じたい)、まあ……

posted by ながたさん at 17:13| 雑記