2016年12月10日

12/9


「ふつうスーパー」というのを考えてみました。

 だいたい全部一種類しかない。豆腐も納豆もうどんの玉も。
 その代わり目利きが選んだ「これぞふつう」という一品です。
 どう?
 選ぶ時間と手間が省けてよくない?

●奥さんに鼻で笑われました。

●文房具好きでしたら「ボールペン」というジャンルには
三菱鉛筆のジェットストリーム、それも0.7さえあれば他は必要ない、と言うとわかっていただけるかと思います。色違い、シャーペンとのコンビ、など物理的な差やサイズ違いはしょうがないので揃えますが、基本ジャンル1品。
 んで、PBにしたりとかやらしいことせずにそのまま出すんです。
 ボールペン買いに行ったらそれしかないの。
 それを買うしかないの。
 いいでしょう?
 もしそれが変なものでも、あなたのせいじゃないんだ!
 選択が間違ったんじゃない! あなたに責任は無い!
 どう!

●洗浄便座考えてたら同一ラインで
「便ふた自動開閉機能」がつくかつかないかで8000円の差があって、便ふたなんて人生で3度ぐらいしか閉めたことないので(しかもほぼ他人様のお宅で)要らんだろう、と思いつつもトイレのドアを開けたらうぃーんと上がるのも近未来かしら、21世紀かしら、1万しないのなら……と風邪をひくほど悩んだので、そんなことを思いました。
 止めました。
 モーターはできるだけ少ない方がいい。

●2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー、スバル「インプレッサ スポーツ/G4」に決定
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1034339.html

 プリウスとインプの一騎打ち、インプに軍配。
 もちろんまだ乗ってないのですが、インプは先代でも相当がんばって作ってることがわかる良プロダクトでしたので、気合い入れてまっさらにした新型、相当イイモノなんでしょうね。

 とはいっても、新プラットフォームはプリウスもそうだし、自慢のアイサイトは機能的には既にほぼほぼ他社にキャッチアップ、AWDは必要な人には大切だけど要らない人には全く要らない技術、スポーティなイメージに反して肝心のトランスミッションはCVT一辺倒、と、ケチをつけようと思えばつけられるので、やっぱりプリウスに出すのかなあ、と思ってましたが、世情を読んで?のインプでした。
 まあプリウスの方も飛び道具なしの徹底ブラッシュアップなので、致し方なし、ですかね。THS車は巷間溢れかえってもいるし。

●あと現行プリウスの派手な外見は
ダメな人はダメ、っぽくて、何人か拒絶反応に近い感想を聞いたことがあります。
 あのライン、C-HRもそうですがカッコイイ!という人とオタク臭い(アニメっぽい、など表現は様々ですが要するに)という人と二分化されてるようです。

●とはいっても、今年のアニメ3作、
『君の名は。』『聲の形』『この世界の片隅に』の3本が3本とも確たる「売りやすさ」に根拠を置いてバリバリ売りまくるプロダクト(こっちがプリウス)ではなく、
「これええで」
という口コミで広がった、そして(ここ肝心なのですが)リピーターが多い作品(こっちがインプ)なので、そう考えるとそろそろクルマでも
「これがいいんだ」
という選び方をする人が増えたのかなあ、とも思います。
 そう見れば2016年っぽい。
 と思えば、
 
●トヨタ、新型車「ルーミー」「タンク」が発売後1カ月で約3万5000台受注
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1034342.html

 これは大雑把に言えばダイハツの軽、「タント」を拡幅したモデルなので、トヨタの過去の似たモデル、ポルテ/スペイドですとかbB、カローラルミオンなんかを想像して乗ると、わりとビックリすると思います。
「そんなことわかりゃせんのですよ」
と言われればその通りなのですが。

 もちろんタントは軽ベストセラーの座をホンダ・N-BOXと激しく争い続ける売れっ子であり、「普通車のタントがあれば」という商品企画はむしろまっとう。タントの、嫌いな人(僕とか)の居るセンターメーターや同じく嫌いな人(僕とか)の居る片側Bピラーレスを止めており、癖もない。
 また時代を遡るとこの「安普請ミニワゴン」(失敬)というのは溢れ出す(または隠しきれない)気取らない「生活道具感」によって一定以上の人気を得るもので、近くは初代・マツダ・デミオ、遠くは初代・ホンダ・シティが大ヒットを飛ばしたものです。ていうかフィットが今の地位を得たのもセンタータンクレイアウトによる(不必要なまでの)ユーティリティが一因のはず。
 ただし、こんなことを言い出すとこのネタつまり横に「スプレッド軽」はそもそもスズキのお家芸、スペーシアを横に引き伸ばしたソリオというクルマが既に月販4000台から多い月で5000以上売り上げる好調で、ネタ元パクられたスズキとしては「結局トヨタのエンブレムかい!」と地団駄踏んでることでしょうが、かわらず地道な商売に邁進していただきたい。

●あれ、ていうかこれダイハツの「トール」の数字入ってないの? まスバル「ジャスティ」はそんなに出ないだろうけど、じゃトールも入れると4万超えとか?
 うげー。
 まあでも先代・3代目プリウスの初期受注が18万、などと言うてたのが7年前(2009年)、あれは安く見積もってもこれの1.5倍ぐらいの価格なので、日本人ほんと貧し……いやクルマにお金使わなくなったね。

●というか
いつもの話ですが、普通の人がクルマに使うお金ってやっぱり150〜200万で、よほど付加価値付いてたら300出さんこともない、て感じですなあ。
 その頃は団塊のリタイアと団塊Jr.の子育て特需がまだあった感じ。もうこれから永遠になにもないので、こういう「道具カー」と「いいもの」の二極化はますます進みますかね。

posted by ながたさん at 02:00| 雑記