2016年12月19日

ふつうのカレー



ふつうのカレー & レタス・スープ

カレーはふつうがいちばん!
レタス・スープはお通じにいいですよ〜。サラダに使いづらい外葉の活用にも。

ちょっとしたレシピは↓

★「ふつうのカレー」作り方(2人前)

【材料】
(具材は基本お好きな量で)
タマネギ 1個(から1個半)
にんじん 1/4(から1/2ぐらい)
じゃがいも 1個(から2個)
ブロッコリー 1/3株ぐらい(お好きな量)
豚肉 100g(バラ薄切りがいいかと思いますが、なんでも)
トマトジュース 100cc(生1個だとなおよし。なくてもいいです)
水 700cc
市販のカレールウ 適量(6皿分ぐらい)
にんにく 1かけ しょうが 1かけ オリーブオイル 大さじ1
(あれば 固形スープの素 1個 ローリエ 1枚 クミンシード 数粒)

【手順】
・にんにくしょうがをみじん切り、鍋で、オリーブオイルで炒めます(中火)
・香りが立ったら、豚肉を炒めます。色が変わったら塩胡椒で味付け。いったん取り出します。
・たまねぎは薄めのくしぎり、にんじんは乱切りか輪切り(でもどちらもお好きな形で)、先程の鍋で炒めます。(最初はあまりいじらずに、焼き色を付ける感じで)
・炒まったら、水、トマトジュース、ローリエ、クミン、スープの素、先程の豚肉を入れて煮ます。蓋をして煮立ったら弱火、20分ぐらい。
・その間にじゃがいもの皮を剥き、適度な大きさに切り、水にくぐらせて耐熱皿に入れラップ、レンジで2分。ブロッコリーも同様に1分半。(もちろんお湯で茹でてもいいです)
・鍋でたまねぎとにんじんがいい雰囲気になってきたら、じゃがいもとブロッコリーを入れます。数分なじませます。
・火を止めて、カレールウを入れます。ぐりぐり溶かして、弱火を点けて、とろみが出るまで煮ます。
・完成!
一旦火を落として冷まして、もう一度温め直すとなお味が馴染みます。夕方お暇なら先に作って食前に温め直しでも。

【コツ】
・ルウを入れる前の段階で、「すでに野菜スープとして美味しい」と、美味しく仕上がるようです。固形スープの素は鶏ガラスープなどでも可。
・牛肉は味が濃いので、最初から煮込むと要するに「牛肉味シチュー」になって、それと闘うために濃いルウを入れて……とどんどんくどくなる気がします。ポークの方がバランスがいいように思います。あるいは牛肉を食べたければ、サイコロステーキ的なものを後のせするとか。
・マッシュルームやエリンギ、しめじ、夏ならなすやズッキーニ、野菜はいろいろ試してみましょう。

★「レタス・スープ」作り方(2人前)

【材料】
レタスの外葉(もちろん内葉でも) 2枚以上お好みで
ベーコン(豚肉・鶏肉・なにかの挽肉など) ちょっぴり
創味シャンタン 大1
塩胡椒 少々
水 500cc

【手順】
・レタスの外葉は筋に直角に1cm幅ぐらいの細切り、ベーコンも5mmぐらいの細切り(でも、好きな切り方でいいです)
・鍋にオリーブオイルを入れ、肉けを中火で炒めます。
・ちょっと色づいてきたら、レタス投入。油が回るように炒めます。
・ちょっとしなっとしたら、お水投入。
・沸いてきたら、創味シャンタン、塩胡椒投入。
・ちょっとぐつぐつさせてから、味を見ます。コンビを組む主菜の味付けを思い出しながら、濃い相手と組むなら薄め、さっぱり味の相手と組むなら濃いめ。足りなかったら塩胡椒(シャンタンはあまり入れ過ぎると油っぽいです)。濃すぎたらお水追加。
・完成。
シャンタンではなくお味噌の味付けでももちろんOKです。

 
posted by ながたさん at 11:12| ごはん