2017年01月21日

野菜をごまでアーリオオーリオ



野菜たっぷり、お昼にぴったり。見た目よりパンチの効いた味で食べ飽きません。

【材料】(2人分)
・パスタ 160g
・にんにく2かけ
・オリーブオイル 大4
・赤唐辛子 1/2本(種は抜く。さらに半分に)
・パスタの茹で汁 大4
・白ごま 大2(摺る)
●野菜各種適宜(以下は例)
・プチトマト 4個(半分に切る)
・ブロッコリー 1/4株(一口大に分ける・茎は割って小さめに)
・白ネギ 少々(斜め切り)
・水菜 少々
(アスパラガス、ヤングコーン、ベビーリーフ、ルッコラ、たまねぎ、小松菜、白菜などお好みで)

【作り方】
・ごまを摺ります。摺ってあるのでも可ですが、香りの立ち方が違うので、ここはなんとか。
・野菜を一口大に切ります。
・パスタの湯を沸かします。沸いたら塩を(2Lに対して大2)。
・にんにく唐辛子オイルを作ります。にんにくを4等分したら、オリーブオイルに浸してフライパンを傾け、強火。泡が出てきたらすぐ弱火。3〜4分かけてじっくり火を通します。きつね色になるまで。
・火を止めてにんにくを取り出します。唐辛子を入れます。20秒ぐらいで。(本当はちょっと冷めてからの方が焦げなくていいのですが、なんとかなります)取り出しておきます。(にんにくには塩を振って食卓に出すとおつまみに)
・そのオイルに、プチトマト、たまねぎなど火を入れたい野菜を投入。火はつけないか、つけてもとろ火。
・パスタと野菜を茹で始めます。
野菜それぞれの茹だる時間と、パスタの茹で時間を計算して、投入順を考えてください。たとえば4分でアルデンテなディチェコの1.4mmでしたら、ブロッコリー茎>しばらくしてパスタ(1分タイマーセット)>鳴ったらブロッコリー葉(3分タイマーセット)>鳴ったら全部ザルあげ。
・茹で汁をソースに加えます。大1入れたら、フライパンをぐるぐる回して(もちろん水平方向ですよ)混ぜます。よく混ざったな、と思ったらまた大1。これをオイルと同量ぐらい(大4ほど)まで。ドレッシング状になればOK。
・茹で上がりのパスタと野菜を投入。よく湯切りして。パスタをトングなどでぐるぐる回してオイルを絡めます。
・若干温度が下がりすぎてそうならとろ火にかけてください。白ネギはここで。
・そしてすりごま。これがオイルとパスタを馴染ませてくれます。
・最後に生でも食べられる水菜などを絡めます。このへんはあまり火を通すとヘニョヘニョになっちゃいますので、ザッと。
・できあーがーりー。
見るからに健康なビジュアル、ブロッコリーやアスパラガス多めなら意外なボリューム、そして胡麻の香ばしさ。イケますよ。

【参考】
「「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ」落合務

ありがとうございます。
posted by ながたさん at 03:01| ごはん