2017年09月03日

ワールドカップ出場権獲得おめでとーう


 そしてありがとう。
 あの「ジョホールバルの歓喜」からもう6大会24年ですか……
「1試合残してサウジ・オーストラリアを振り切って」に時の流れを感じます。アトランタ五輪アジア予選、サウジに勝って出場権得た時は大騒ぎでしたよ、ええ……

 今回のターニングポイントは、ホーム&アウェー2巡めの初戦、3月のUAE戦だと思います。
 キャプテン長谷部の怪我を奇貨として、ハリル監督はシステムを愛用の4-5-1ポゼッション型から4-3-3速攻型へシフト。この時の中盤3枚は底に蛍、右インサイドに香川、左インサイドにお久しぶりの今野。これが大当たりしてその今ちゃん(と久保)のゴールで快勝。
 以降このやり方。
 4-3-3でボールポゼッションは捨て、相手に持たせて狩ったら速攻。

 この4-3-3は世界的にブームで、スペインの二大巨頭、R・マドリーとバルセロナもそうです。「BBC」とか「MSN」って聞いたことありません? それぞれの超強力3トップ、ベンゼマ・ベイル・クリロナ(マドリー)、メッシ・スアレス・ネイマール(バルサ)、の頭文字です。MSNは解体しちゃいましたけど。

 このシステム何がいいかといって、僕が見たところ、
「役割分担がハッキリしてるので選手の替えが効く」
という点。つまり最近風の言い方なら、
「システムそのものがロバストである」。

 FWって、たとえば4-5-1の1トップなんかフィニッシャーとしての責任が非常に重い。基本決めるのはこの人なので。でもそれに心身共に耐えられるFWなんて世界見てもそうはザラに居ないんです。今ナウで言うとイブラとレヴァンドフスキぐらい? あとは機嫌のいい時のD・コスタぐらいですかねえ。ヴァーディやオーバメヤンは他のチームでやったことないからわかんないですし、イグアインなんかもっと露骨に「ここ一番」で頼りになんないですよね。
 あと4-5-1でも4-4-2でもいいんですが、「ポゼッション」を志向した瞬間、「気の利いたパスを散らせる司令塔」がボランチ(セントラルハーフ)に必要になって、またそれが希少生物。具体的にはシャビでありシャビ・アロンソでありピルロであり日本で言うなら遠藤。彼らが中軸に居たチームからその「彼」が居なくなった時のボロッボロ加減を思い起こしてください。

 ここんとこ随分長らくスペイン風4-5-1(4-2-3-1)が世界的に主流だったように思うんですが(スペイン強かったですしね)、
「これは『いいセンターフォワード』と『希少なパスセンスボランチ』と『球を回せるその他の面々』が揃わないと有効でないシステムではないか?」
という疑念が徐々に高まって、で恐らくそれに「やっぱり」ととどめを刺したのが一昨年のプレミアリーグでのレスター・シティの優勝。
 実績は豊富ながら随分おじいちゃんなイタリア人監督が、一応各国代表級とはいえ世界的にはそれほど高名でないメンツを率い、誰もが認める古典的なカウンターサッカーで、カップ戦ならまだしも金満強者の揃うリーグ戦を制覇。
「……これでええんちゃうか!?」
みたいな。

 で、R・マドリー。ジダンがシーズン途中でベニテスから引き継いで、半ばしょうがなく目の前の勝利を掴むために上記高性能なFWを走らせるサッカーをやってみれば勝って勝って勝ちまくる。さらにバルサのエンリケ。シャビを失いイニエスタが高齢化による怪我がちで自慢の中盤が機能しない。しょうがないので(エンリケは前任のビラノバやペップと違いバルサのカンテラ育ちではないので、バルサ風ポゼッションに(おそらく)あまりこだわりがない)上記高性能な以下略。
 あと(一応)世界最高峰の監督だ、と言われるペップ(グアルディオラ)のやってるのも凝りに凝ってはいますが要は両ウイング(左右のFW)の1on1を成立させるためにゴチャゴチャやってるので、つまり丸めて言えば4-3-3。
 てな感じ。

「ロバスト」に話を戻すと、日本代表を見てもセンター大迫の代わりはそれこそ健勇でもよくて、両翼も久保・原口の代わりに浅野・乾をポンと使うとすぐ機能する。(先制点を獲ったジャガーがクローズアップされてますが、セクシー乾もたいへん頼もしかったです)いやFWではくてもOMF系の選手でもよい。呼ばれてない選手でもマリノスの齋藤やFC東京の中島など、ドリれる選手ならすぐイケそう。もちろん今年は左ハーフやってる我らがヨーイチローも忘れてもらっては困りますし、復活を期すウサミンも居る。
 そもそもが中盤の3人も長谷部を底に山口と井手口がその前、つまりクラブでボランチやってる選手を一列前で使って大当たり。ここも(もちろん対戦相手にもよりますが)OMF系でもDMF系でもよくて、コンディションさえ良ければ本田、香川、清武という切り札が控えている。
 つまり選手選考が楽になるというか、同じ選手層でも使い回しが楽になる。

 もちろん、この速攻系で行くならそれに対応できる(する気のある)選手でないといけませんで、試合後長友が
「ケイスケやシンジが居ればもっと楽に試合を終わらせたはず」
みたいなコメントを出してたのですが、
「いやいやこの速攻を続けたから無事終わったんだと思う」
とツッコミを入れたファンは私だけではありますまい。
 本田ももちろんパチューカでのデビュー弾を見ての通り、カウンターをやると決めたらやれる人なんですけど、まだちょっとパス回して華麗に崩すところに未練があるようですなあ。
 もちろん香川も清武も岡崎も「これでいく」ならいける人たちですよ。

 味をしめて、というわけでもないですが、日本代表はいわゆる「我々のサッカー」言うてる時は期待ハズレで、今回もそうですし10南アフリカの直前、追い詰めに追い詰められた岡ちゃんがブチンと切れて、本田のワントップでカウンターとか言い出して突然安定、無事16強に潜り込みましたでしょう。
 あれですよあれ。
 アルゼンチンとかバルセロナとかしょーもないこと言うてんと速攻ですよ速攻。幸い川島・吉田・長友・宏樹(+長谷部)は欧州で揉まれて強敵相手の経験値の高い守備陣なので、ま多少の相手ならなんとか守りきれますよ。今回みたいに井手口・山口・両翼の4枚がものすごい勢いでプレスバックして助ければいいし。

「おもんない」とか言うとる場合ではないですよ。
 まず勝たんと。

 奇遇、いまの技術委員長は西野さん、そうすなわちアトランタ五輪の指揮官。「もっと攻めようやぁ」とブーたれる中田英を怒鳴り飛ばしてカウンター徹底、ブラジルとハンガリーを屠り決勝トーナメントまで得失点差、てところまで行った──にも関わらずその戦い方が「守備的」とお偉方に不評でクビになった西野朗ですわ。
 だからたぶん理解ある。
 手倉森コーチの存在も(山本)昌邦さんポジションだし、なんだか良くも悪くも歴史が繰り返してるように思えたり思えなかったり。

 これで行きましょうって。
 本大会がいまから楽しみですわ。
 
posted by ながたさん at 22:19| 雑記