2017年09月17日

先週の雑感


・新型あいふぉん

 ここ数年、事前リークがポロポロ出るのでその通りで出てきて驚きが無かったり、でも無事にちゃんとしたモノが出てきてホッとしたり。

 Xは「画面にTouch IDを埋め込もうとしたけどうまく行かなかったので生産が遅れている」という話が流れてきましたが、Face IDの本気度を見るとそれはフェイク・ストーリーっぽいですね。Xで評判良ければ次からは全部Face IDになりそうです。

 ガラスサンドイッチの4系筐体の復活を喜ぶ人多いのですが、わたし天邪鬼か3系4系5系6/7系とあるなかで4系が一番好みでないです。なんとなく煩雑で。5のブラッカンスレーが一番カッコよかった。予約までして買ったのはアレだけです。次点でコロコロ可愛くて持ち心地も良かった3系。ただ3系の縦横比は今使うと「せまっ」と思うんでしょうね。

 よく知られたことですがAppleは「最新のものではなく最高のもの」を載せてくるので、満を持して無接点充電を載せてきたということは、あの来年出すAirPower(充電台)はかなりいいものなんでしょう。標準のQi規格は遅いらしいのでそのへん弄ってくるはず。
 と、AirPodsを毎日使いながら思います。

 でも個人的にピンと来ないのでとりあえずスルー。

・ホンダF1 トロロッソへ

 まああんだけあかんかったらマクラーレンもキレますわな。
 特に今年が酷い。去年の中頃すでに中団トップ、すなわちビッグ3の後ろ、というところまでは来れてたんで、じゃあ今年はいよいよ、と誰でも思うじゃないですか。ところがプレシーズンから壊れるわパワー無いわ。

 トロロッソ、レッドブルのBチーム、と聞くとそこそこイケてそうな気分になりますがあれミナルディですからね。「マクラーレンに要らんと言われ(ついでにザウバーにも要らんと言われ)F1上層部でなんとか調整してミナルディ」というともう、過去の栄光知ってるとなんとも涙ちょちょぎれるお話ですが、まあしょうがなし。

 帰ってくるというニュースを聞いた時に、
「えっでも第三期はボロッボロでしたよ。ちゃんと反省・総括できてんでしょうね」
「他のカテゴリ(GTやSF)でも調子悪いしなあ……」
「マクラーレンもメルセデスカスタマーで最下位だし……」
などと危惧しておりましたがその通りに。

 何度も言ってますがわたしゃホンダ車新車で4台買った大のホンダ党ですよ。いま乗ってるのマツダ車だけど。

 順番が逆で、まずトロロッソあたりに載せてもらって、調子が出てきたらビッグ・チームに、という流れが良かったですね。走りさえすれば「あのクルマPUはいいぞ」とかすぐわかるので。
 まあ、ここで牙を磨けばレッドブルに積む芽もあるし……いやそもそもレッドブルはF1にまだ居てくれるんやろか。総帥の息子指名手配されてるらしいですが……

 まちょっとその、ホンダF1イケてないですね。
 なんでイケてないかというと、クルマ売れて儲かってるんですよ。
 それも国内だけじゃなくて全世界的に。
 いまモノはそれこそスマホからトースターまで、「ブランド」か「日用品」かの二極化が進んでて、ホンダは無事?見事?日用品として世界中で愛されてるんですね。セールス担当重役に目利きが居るんでしょう。
 で、そういう人たちから見ればF1、つまりブランド化媒体はまったく無意味なので早く止めたい。(だからむしろGTや北米のレースなら理解あるかもしんない。普通の人々への広告として)
 このへんで一枚岩になれず、現場の足を引っ張ってるんじゃないかなあ。
 それでは勝てない。相手はこれで生きてるフェラーリと、勝つまでやれば負けないのメルセデス(本体)ですから。あの栄光のルノーでさえイマイチでしょう、あれはたぶんゴーンさんが厳しく予算管理してて(F1という媒体にはここまでしか宣伝費出せません)お金が無いと見た。

 まあ、もう、エンジンの時代も終わりつつあるし、この機に止めて、フォーミュラEにでも噛んどいたらよかったんじゃないかな、とも思いますけど。
 ドイツ勢(最近はポルシェ、ちょっと前はアウディ)がF1やるやらない言ってますが昨今の欧州の状況考えると「言うてるだけ」感がかなりします。そんなことせんでもドイツプレミアム勢は売れ倒してるし。(あんだけ不正が見つかり倒してもだ)

 とりあえずやるからには頑張って欲しい気もするんですが、まず全社一丸になる覚悟があるかどうかってところから確認すべきではないか、と思ったりせんでもない。

・マツダCX-8 発表

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1080025.html

 顔が同じなので(フロントセクションと前ドア同じ)「CX-5ロング」という感じですが、中身はどちらかというと北米用のCX-9だそうです。
 SKYACTIV世代のマツダ車はノーズが長いのですが、これ胴体伸ばした分、5よりバランスいいかも、と思いました。実車見てみんとわかんないですけど。

「新しい市場を」云々言ってますが、おそらく仮想敵はボルボ・XC90やアウディ・Q7などの輸入車3列シート大型SUV。このへんおおよそ800万〜なので、盛り盛りでも400万程度のCX-8は非常に競争力あります。(CX-5は先代からずっと輸入車からの乗り換えがバカにならないらしい)
 ここはマツダの賭けで、普通に考えると顔も同じだしCX-5ファミリーとして2500Gも用意して国産低背3列シート車(3/4代目ホンダ・オデッセイとか、トヨタ・アイシスとか、日産プレサージュとかあのへん)からの乗り換えを目論めばいいと思うのですが(そういうノリならMPVのお客の一部は替えてくれよう)、ここはプレミアム路線で勝負。
 さあどう出ますかね。CX-3はそれをやって修正を強いられたわけですが。

 もちろんこれでは国内でプレマシーやビアンテの代わりにはまったくならないので(そもそも価格帯が違いすぎる)、ビアンテはトヨタからノア3兄弟のOEMでも受けるとして……プレマシーもシエンタを貰ってくればいいか。
「箱型ミニバン」と「5ナンバー3列スライドドア」というのはガラパゴス車種で、他の地域で売りようがないんですね。得意な車種にフォーカスする、というのは正しい戦略だと思いますが、マツダのお店行ったらアルトにハスラーにノアにシエンタに……ここはなんのお店だろう、みたいな。

 ともあれ、よりパワフルになった2.2Dと共に、はよ現物見てみたい。

・一気に涼しくなりましたね。
posted by 犀角 at 00:42| 雑記