2017年10月17日

本「中央銀行は持ちこたえられるか ─忍び寄る「経済敗戦」の足音」河村小百合




 久しぶりにビデオニュースを観たら、
http://www.videonews.com/marugeki-talk/862/
この河村先生の解説が腑に落ちたので御本も買って読む。てなことがKindleで即できるのもいい時代です。

 現下、日銀が国債を買いまくってて(「アベノミクス」とは端的にはこの行為を指す)経済通の意見は真っ二つに分かれています。
 賛同する方は
「とにかく日本経済にはマネーの供給が足りないのだから、(市中にある国債を日銀が買いあげることで現金を供給するというカタチで)それさえブチ込めばなんとかなる」
と言う。
 反対する方は
「それは実質的には政府債務を中央銀行が肩代わりする『財政ファイナンス』という幾多の地獄を生み出した禁じ手であり(事実法律で禁じられている)、そんなことをやらかしたら後で困るのは火を見るより明らか」
と言う。
 この、
 財政ファイナンス→
 財政規律の緩み→
 紙幣増発→
 円の価値・信用低下→(国債価格の暴落/金利上昇)
 ハイパーインフレ
の流れはなんとなくわかるのですが、現下ではいくら国債を買い込みに買い込んでも上がるはずのインフレ率はいつまでも上がらず、いつの間にか「2%」の目標すらあやふやになりそうな勢いです。
 つまり幸か不幸か「効果がない」ってことは、(まだ)リスクも小さいってことでは?

 違うらしいんですよこれが。
 すごいマズイ。

 どこがマズイかというと、この作戦によって日銀のバランスシートが膨れ上がっています。主に左(資産)の所有国債と右(負債)の当座預金(各金融期間が余ったお金をとりあえず日銀に預けている数字)が膨れ上がる。
 でこの左の国債の金利はべったり低い。ところが右の当座預金は、このような金余りマイナスを含む超低金利が永遠に続くとは考えにくく、いつかは上がっていく。ここで当座預金に(日銀が)利子を付ける分が、国債の利子が(日銀に)手に入る分、よりも大きくなると、つまり日銀が損をする。
 この数字が、たとえば2%ぐらいという十分あり得る数字が付いただけで、年間で7兆ほどマイナスが出る。
 お金を刷ってるはずの中央銀行が債務超過になる、という事態は普通考えられないので、マイナスになった時どうするかって決まってもいないらしいですが、たぶん政府が補填するしかない。
 ただでさえお金ないお金ない言うてるのにですね、ちょっと前の政策の尻拭いに、かなり莫大なお金を突っ込まなければならなくなる。しかもかなり長期間。
 これは辛い。
 要するに先食いをやってるんですよ。お金の。
 財政ファイナンスのもう一つの問題点は、必要/実質以上の高値で国債を買い取りまくることで、売る/借り換える時に大きなコストが遅延発生し、しかもそれが長期間続く、という点だったんです。
 しかもこうなるとお金が無いので身動きが取れなくなって、日銀本来の役割、「通貨の安定」を果たすことが困難になる。

 これはメカニックな事象なので、ハイパーインフレみたいに「ある日突然破綻する可能性が上がる」というような話ではなく、金利が上がり始めたらすぐに直撃する話です。
 だから出口戦略がとても重要で、欧州ECBも米FRBもこの手の金融緩和をやる時には常にいつ終わらせるかをにらみながら、かつその手順や方策を十分に吟味、そしてそれを議会で証言などして人々にも知らしめる努力をしている。
 ところが我らが黒田総裁・安倍首相はこの手の質問に対して「いや出口戦略を語ってしまうと市場心理に影響するから」とかなんとか言って誤魔化すばかり。
 実際は何も考えてないんじゃないの?
 それが証拠に今回の選挙ではアベノミクスともなんとも言わない。さすがに怖くなってきたんじゃないか、とも河村先生はおっしゃる。

 ハイパーインフレ恐怖の方だけだと、私も「そうはいっても世界中で金利が0%近傍に張り付く世界史的異常事態ではあるので(経済や財政が好調なドイツでも同じなので、日本だけの問題ではない)、今までにない動きをするかもしれない……」なんて思ってたのですが、物理的にこうなったらこう帰結する、という地味ながら痛いコストがハッキリして目から鱗でした。

 ちなみにハイパーインフレに直面した終戦直後の日本では、1回限りとは言え財産税(預金から不動産まで一律でかっぱぐ)を掛け、預金封鎖をし円切り替えを行い、強引に掻き集めたお金でなんとか国債を返し切ったそうです。それは終戦直後のドサクサかつGHQの威光を背景にした荒業で、どう考えてもいまできることではなく、もっと地味ながらもっと痛い財政緊縮が続くんでしょうな。それも、東電が潰されずに国民全員の電気代にそのツケを回したように、我々地下の者だけが苦労するようにうまいこと工夫してくれるのでしょう。

 これどうするんでしょうね本当にね。
 あと高値づかみした株あるでしょう日本株。あれもどうするんでしょうね。神戸製鋼の株とか。

 21世紀に入ってから特に2010年代の日本は、やらんでええことばかり一生懸命にやって、時間・お金・人材を浪費し続けている気がします。「やるべきことをやれ」などと偉そうなことは申しませぬ、「なにもしない」という選択肢もあるんではないですかね。
posted by 犀角 at 00:00|