2017年10月18日

風邪 少食


 英語に以下のような諺があると

 Feed a cold and starve a fever.
 かぜには大食、熱には小食。

 幼き日に『ガーフィールド』のマンガで知って(吹き出しは原文、コマ外に日本語訳)、以来それを実践してました。
 具体的には「あ、風邪かな」と思ったらインスタント袋麺を溶き卵ネギたっぷりで作って熱いうちにガツガツ食べて寝る。

 最近考えを改めました。
 むしろ何も食べずに寝転がってる方が早く治る気がする。

 ウチのネコたちも体調が悪くなるとまず食欲が落ち、ジッとしてます。逆にエサ食べ始めると峠を越したと安心する。
 消化という作業はエネルギーを使うので、それも免疫システムに回した方がいい場合もあるのでしょう。
 上記の諺は栄養状態の良くなかった頃、絶対的にエネルギーが足りなかった頃の教えではないでしょうか。

 風邪薬も、以前は「対症療法でウイルスをやっつけてくれるわけではないから(市販薬は)」と飲まなかったのですが、私は鼻炎持ちなものでだいたいの風邪は鼻炎を連れてきて、猛烈なくしゃみ鼻水に襲われます。これは睡眠も妨害されるほどのものなので(そもそも鼻が詰まってるので息苦しい)、最近では鼻炎止めは飲んだりします。(ただし鼻炎止めには眠くならないようカフェイン入ってるものもあるので、睡眠取りたい時には注意)

 もちろん人それぞれ、風邪のタイプもいろいろでしょうから、ご自身の感覚を大事にされるべし。周恩来首相は白酒をキュッと放り込んで治したそうです。
 それは白酒が治したんじゃなくて、気合いを入れるスイッチだったんじゃないかと思いますね。
posted by 犀角 at 00:00| 雑記