2017年10月22日

衆議院選挙2017


 結果から見れば与党微減、なんの意味や論点があったかさっぱりわからない600億ドブ捨ての選挙が終わりましたが、皆さん死票は投じられましたか。
 あれなんだったんでしょうね。
 僕たいへんめずらしくも当選されましたよ、比例復活ではありますけど。

 前原氏が「民進党まるごと希望の党への合流」をぶち上げた時には「すわこれはもしや政権交代」「チンパンジーとファシスト、どちらを選ぶ?」と一瞬盛り上がりかけたわけですが
「排除」
のひとことで全部ぶっ壊れました。
 あれなんだったんでしょうね。
 極端なことをいえば、黙って全部受け入れて、勝って首班指名を受けてからおもむろに粛清に掛かりゃエエだけの話やないですか。その程度の計算が立ちませんか。それとも黙って座ってたら何十人もの国会議員がワラワラやってきたからテンション上がりきっちゃって思わずホンネが出ちゃったんですかね。
 そりゃリーダーとしては失格ですなあ。
 まあ選挙当日パリへ逃げてる時点で終わってますけどねえ。

 と、思ったら敗因を(男女差別を指す)「鉄のカーテン」とか言い出してらっしゃって、つまり単にアホですな。

 歴史改竄主義者ってダメなんですよ、要するに事実と違うことを信じる、というのは自ら認知を歪める、ってことですから、歴史認識以外のところでもこうして認知歪みが出る。
 政治家の方はこのぐらいでもいいのかもしれませんが、普通の人の場合、これ出ると周りはサーッと引いていきますよ。つまり「話が通じない人」なので、付き合うだけ無駄・損・そして危険だからです。

 話逸れますがアホ(バカ)の定義ってつまりここ、「自分を変容させていけるかどうか」の一点だと思います。自分で作った歪んだ認知に居ると、変化していけない。となると、ふつうのひとにとって当たり前のことに反応・対応できない。だからアホ(バカ)と罵倒されるわけですな。
 ああ怖い怖い。
 僕もマダラにアホだと思うのですが、できるだけアホ領域を減らして行きたいもんです。

 聞く所によると小沢さんがまた絵を描いてたそうですが、彼にしても
「えーっ、なんでー!?」
というところなのではないでしょうか。政治家であるならば当然狙う「首相の座」、チャンスと見ればすべてを賭けて勝負に出る、はず……という基本価値観みたいなところから実は違っていたんでしょう。
 歳を取ったなあ、とも言えますし、最後のチャンスに前のめりになったのかな、とも思いますし、また普通に策士策に溺れるとも言えますが、最後の最後まで残ってくれていた仲間をむざむざ死地に送り出したという点でもうさすがに終わりかな、と思います。
 それでも、政権交代を実現させて日本の様々な患部を白日のもとに晒し出した貢献は巨大で、天国の角栄さんも微笑んでいるんではないでしょうか。角栄型再配分政策は(おそらく)立憲民主党あたりへ流れていくでしょうし。

 とかなんとか言いながら、結果として、自民党ハト派が壊滅して以来久しぶりの中道寄り政治集団ができて、今まで死票を投じ続けていたわたしとしては願ったり叶ったり、かなり嬉しいです。冒頭のように候補が当選されましたし。
 特に大阪の場合、共産と公明が強いので、中選挙区時代から非自民というと共産か公明という日々が続いたので、けっこう辛かった。明確に否定すべき案件がある時は批判票という意味で共産へ入れるわけですが、いかに戦略的投票と頭では理解していても本心から支持してるわけではない組織に虎の子の一票を放り込むのはわりとストレスです。
 やっぱりフツーにフル比例でええんじゃないですかね……地域ブロック分けぐらいはすれば小さめの地域政党でもいくつか獲れそうだし。議席も増やしていいかもしれません。
 とにかく、あまり党勢拡大に汲々とせずじっくりいっていただきたいものです。

 繰り言ですがいまの自民党は以前のような再配分政党ではないですよ。むしろ減っていくパイを強者に集める施策をしています。田舎、若者(弱者)こそが支持してはいけない。
 長谷川豊や若狭勝を比例復活もできないぐらい完膚なきまでに叩き落とした有権者の判断を見るにつけ、ただここを誤解しているだけなんじゃないかな、と思うんです。支持するなら、ちょちょっと調べて、自分が思うようなことをしてくれそうなところに入れなきゃいけませんよ。ぼんやりとしたイメージでは真逆のところを支持してしまう。
 くどいようですが安倍政権というのは税金じゃっばじゃっば使って上場企業の株買いまくる政権ですよ。あなたにそれなんの意味があるんです? で、支えきれなくなって買うの止めた瞬間、株価は実力(およそ半値〜1/3)に戻ってその分の損は全部税金が消えるんですよ。どこへ? 相場やってた機関投資家とそこに委託してる富裕層へ、です。むしろそれもわかっててやってるかもしれない。

 現状は金融、財政、税制、国防、初等/高等教育、医療・福祉、貿易(TPP)、エネルギー、どの政策をとってもまーこれでもかと見事なぐらいに
「やらんでええことばかりやって、やるべきことをやってない」
と思います。せめて、やらんでええことをやめるだけでもこの国はもっと清々しい、はず。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記