2017年10月29日

創味のつゆ 万能


 先日親子丼を作ろうとしましたら、昼にぶっかけうどんを作った残りのお出汁がある。創味のつゆです。



 酒と醤油をちょちょいと足してあとはいつもどおり作りました。
 ら、奥様が
「今日はうまい」
とおっしゃるではありませんか。

 身も蓋もないな!

 いやいつも粉末の和風だし入れてるんですが……親子丼は手軽が売り、しかも必要とされる出汁の分量が少ないのでわざわざ出汁を引くのもちょっと。
 そんな隙間に創味のつゆ。

 中井美穂さんが古田敦也さんと結婚され、頑張って工夫してお味噌汁を作るのですが、古田さんは、
「ちょっとひと味足りない。ウチの母のは美味い」
という。そこでお義母さんに秘訣を尋ねると、
「ウチはずっとこれやで」
とザ・ザーッと「ほんだし」を入れた、という逸話を思い出し。

 その後、蕪と豚バラをごま油で炒める系の料理にも使いましたらこれもまた「うまい」の声が飛ぶ。
 まあつまり関西人なので出汁っ気が入ってないとソワソワしちゃう。
 酒・味醂・醤油、発酵食品なんだから複雑な旨味が既にあるじゃないかと言われましてもそこをなんとか。
 そもそも創味は京都の会社なので、舌に合うのかもしれません。
 あるいは業務用調味料のメーカーなので、外食で口にする機会が多く、それがプロの美味しい料理の記憶と結びついて、その記憶を引っ張り出してくれるのかもしれませんね。
 その代表作が元「味覇」現「創味シャンタン」。



 御存知の通り、なんでもかんでもこれさえ入れれば中華風。
 これ湯に溶いて乾燥わかめとごまをパラリするだけで立派なスープができあがる様はまさにチャイナマジック。いや京都の会社やと……

 和風、中華風とくれば、あと創味さんにおねがいしたいのは洋風。ブイヨン。カレーとかシチューとかにこっそり入れて旨くなる、みたいな。

 つゆに戻りますと残った野菜にお揚げさんの切れ端でも入れてこのつゆ(を適度に薄めて)で、ぐつぐつ適当に煮るだけでなんだかいっぱしの煮物ができあがるので、まあお試しあれ。
 あんまりやりすぎると同じ味が続いて飽きるでしょうけども。
posted by 犀角 at 22:00|