2017年12月11日

マツダ・CX-8 試乗

 ご無沙汰です。
 馴染みのディーラーにマツダの新型SUV、その名も「CX-8」が配車されたので乗ってきました。

 顔は大人気の2代目CX-5と同じ、エンジンも基本的に同じ2200ディーゼルターボ、だから「CX-5のストレッチ・ヴァージョン」だろう、と誰もが予想します。が、乗ると、
×「ストレッチ5」
○「シュリンク9」
 つまり北米でCX-5の兄貴分に当たるCX-9というSUVがあるのですが、それの小さいの。
 ぜんぜん違う乗り味です。
 スポーツカーもかくや、という俊敏性と軽快感を見せる5とは違い、おっとり&しっとり。さらに静かでさらに滑らか。
 事前予想のようにCX-5と「2列か3列か」で悩むということはあまり無さそうです。

 新世代マツダ車のすごいところは、デミオからこのCX-8まで、サイズもウェイトもキャラクターも何もかも違うのに、乗り始めれば最初の角を曲がるまでに「同じように乗れる」ことです。
 これは地味に凄いことなんですよ、たとえばトヨタでヴィッツとハリアーが同じように乗れるかっていうとそうはいかない。やっぱり何十分か、人によっては数日掛けて馴染むもんです。
 つまりメーカーとして
「クルマというものはドライヴァーにこう操縦してもらおう」
という意思統一ができていてかつそれを製品に落とし込むことができている。すばらしい。
 もちろんクルマのキャラクターごとに運転感覚を変えてあることが悪いことではないのですが、そうすると例えば買い換える時に、「カッコは気に入ったけど走りがなじまない」「機能はどんぴしゃりだけどなんだか運転しづらい」などという残念なケースが発生します。
 マツダなら大丈夫(たぶん)。
 まあ小世帯なのでそうでもせんと生き残れないという危機感の現れでもあるのですが、ユーザー目線で見るとあれもこれもみな兄弟、みたいなわけのわからない豊かな気分になれるんですよマツダディーラー行くと。いやホントに。
 ぼくのデミオは旧世代だけどな。

 このCX-8ですがこの巨体にして実は(今のところ)日本専用車で、9のある北米はもちろん欧州にも出さないそうです。
 ミッションは2つ。
 1つはミドルSUVでCX-5では物足りない層への訴求、具体的にはボルボXC60(COTYカー・オブ・ザ・イヤーおめでとう。ボトム550万円・車幅1900mmのクルマに「日本」カー・オブ・ザ・イヤー出していいのかどうかは疑問ありますが、クルマそのものはカッコもいいし評判も高いですね)のような外車ミドルSUVや、国産でもレクサスRXあたりの高額車と戦う。
 もう1つはMPV、ビアンテ、そしてプレマシーと3車種もあった3列シート車(6〜7人乗り)の需要を受け止める。この手のミニヴァンは世界的にすっかり人気が落ち、ほぼ国内需要だけのガラパゴス車種。マツダの規模では維持しづらいわけです。

 前者についてはいいとこイケると感じました。
 上述XC60は実質600万からのクルマですから(アウディとかベンツとかBMWだともっと高い)内外装のクオリティも安全装備も負けてなくて200万も安い。
 それこそちょっと古いクラウンなどお乗りの方も、クラウンのHVとかに代替えしようとすると600万仕事なわけです。かといってアルファードってのもなぁ……と、これ見ると、えっ、400でこんなに?
 ぼくが若かりし頃に間違ってBMWの3とか買って(E46の最初の方とか)「替えがない」とかほざいてずっと乗ってたけどもう限界、ふらりと入ったマツダDでこれを観たらその場でBMのキーホルダーになってるスイスアーミーで親指切って拇印押して契約ですわ。
「こんな安いのこれ!? いいの!? これが価格破壊!?」
とか絶叫しながら。

 問題は後者です。
 無理ですな。
 問題は3列目へのアクセスです。
 SUVは床が高いので、46歳運動不足のぼくでもうしんどい。ましておじいちゃんおばあちゃんにやらせるのは酷だ。さりとてちいちゃい子どもを3列目に乗せるには忍びない(視界が悪い&追突時に危ない)。
 空間は結構広くて、まあ一駅先のレストランに6人でディナー、なら大丈夫です。でも大阪から京都へドライブ行こう、と言われると辛い。
 だからまあ緊急用というか、なにかわからないんですが「なにか」を納得させるためのもの、という気がします。
 私がどうこう言う筋合いでもないですが、販売店的にも上記3車のお客をごっそり失うと思うので、せっかく提携してることだしノアヴォクエスク3兄弟(と、できればシエンタも)をOEMしてもらったらいいんでないですかね。車名はボンゴで。

 という感じ。
 どういう人が見るかで評価の変わるクルマだと思いました。
 でもブツ的にはとてもいいよ。「CX-5はいいと思うけどもうちょっとゆったり走りたいなあ」とかなんとか思ってXC60に心惹かれてるアナタ、まあいっぺん乗ってみなはれ。
 ええで。
 5と並べてあると、デザイン的にも胴が長い分まとまってる気もする。新世代マツダ車はノーズが長いので、ボディ後半はよりボリューミーな方がバランスがいい。
 もちろん小生にはいささかtoo muchですが。

 以下余談。
「この2017年末にこのクラスに画面7インチはどうなの」という話がありますが、むしろデジタルリテラシー高めの人はもうクルマに付いてる画面なんか観てないんじゃないですかね。
 我が身省みても思うんですけど。
 スマホ観た方が何かと早い。ロータリーコマンダーだろうがタッチパネルだろうが、使い慣れた現物で入力するのには敵わない。音楽なんかも、最近じゃ選曲もせずにBluetoothで飛ばしたSpotify垂れ流し……になってきてますよね。
 画面サイズそのものも6インチ近くになってきてて、2DINいっぱいってだいたい7インチワイドなんですけど(たぶんマツダはそれでこのサイズにとどめてるんだと思う)割と使いものになる。
 さあこうなってしまうと、12インチとかが眼前にズデーン付いてると「これ要らんなぁ…」て感じません? だからといってもちろん、エアコンなんかの操作も統合しちゃうのは最悪ですしね。
 この、「画面どのぐらいの存在感にしようか?」は今世界中でデザイナーたちがのたうち回ってるんじゃないかと思ったり。
 マツダはできるだけひっそりさせる方向。東モに出てたコンセプトカー2台ともそうでした。とりあえず短期的にはそっちが正解だと思う。
posted by ながたさん at 21:36| クルマ