2018年01月24日

1/24

●「話す方が4倍速い」生産性アップに音声入力。本執筆、おかず1品、英語授業の字幕も
https://www.businessinsider.jp/post-160228

という記事を目にしたので、LINEで母に問われたことに音声入力で返してみたら、
「生協で買った物と相殺するわ。ありがとう。」
という変な文でもバッチリ入力してくれたので驚きました。
 以前、野口”超整理”悠紀雄先生の音声入力で著述する、という本を読んで試した見た時は
http://rakken.sblo.jp/article/176659181.html
「まだちょっとキツいなぁ」という感じでした。
 たった1年半前か。
 日々進歩ですね。

 ただ、その本もそうだったんですが、音声入力で書かれた文章は一文が長い傾向があって、先入観かもしれませんが若干読みにくい気がします。
 あるいは「手入れ(推敲)に時間/手間を掛けると、せっかく音声入力で稼いだ効率が落ちる」という強迫観念みたいなものが刈り込みを甘くしてるのかもしれません。

●弟が風邪っぽい症状なので、「インフルエンザかもしれない」とお医者さんに検査してもらったところ、幸いなことにインフルではありませんでした。
 でもインフルエンザの検査は偽陰性(本当はインフルエンザだけどそうじゃないと結果に出てしまうこと)が結構あるそうなので、油断はできません。
 そもそもインフルのワクチンは
「発症を止めるのではない、重症化を防ぐのだ」
というものらしいです。
 ワクチン打った人こそ「おかしいな?」と思ったらお医者さんへ素早く行くか(ご存知のようにタミフルは早い段階(発症2日以内)で呑まないとあまり意味がないです)布団にくるまって養生なされい。

●手洗い、マスク、風下、あれ?と思ったらビタミンC
(最後のは我が家の民間療法です)

●クルマの話。アルヴェル。
「大ヒット新型アルファード/ヴェルファイア売れ方に異変アリ!!」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180123-00010000-bestcar-bus_all

 いままではヴェルファイア優勢だったんですが、アルファードがひっくり返す勢いです、と。(ただし知人のネッツのセールスによると、現行型が出た当初から先代よりは差が無かったそうです)
 で、写真観て小首を傾げるわたし。
 このマイルドヤンキー文化って「差」がぜんぜんわかんないので困惑するばかりです。聴きなれぬジャンルの音楽(たとえば僕ならヘビメタとか)を聴くと「どっちがいいか」はおろか、「どっちが好きか」も答えられないもんですが、そんなかんじ。

 NHK『美の壺』あたりで、どこが重視するポイントなのか解説してもらいたいもんス。
 ぱっと見て「メッキ」「グリルの大きさ」あたりがヒントなのかなあ、とは思います。トヨタは最近「でかい口」に凝ってて、カムリとかもそうなんですけど、大きな開口部が格子で覆われてると、日本人は大きな武家屋敷の入り口かなにかを想起して盛り上がっちゃうんですかね。
 プリウスの不調も口の小ささが原因とか?(ちなみに空気抵抗的には開口部はあんまり無い方がいいです)いやでもC-HRは別にデカ口じゃないしな……

 「でかいグリル」は家父長的な威厳のシンボルである、というのは万国共通らしく、ロールスもSクラスもキャディももちろん我らがクラウンも、みんなでかいです。
 まあそこかな。このタイプ乗るお客さんの年齢層がガッチリ10歳上がって、EXILEの映画ではなく高倉健さんの映画を観るようになったから、かもしれません。

 ここでヴェルファイア側が焦って開口部を大きくしたりすると旧来のファンも新しい層も逃げるのでそれはよくない。
 この手の大型箱は意外とユーザーロイヤリティが低くて(除くハイエース)、というよりもユーザーがそのクルマを必要とする時期を過ぎると替えちゃうので、あんまりバタバタせん方がええですね。オデッセイもエルグランドも昔はそりゃ人気車だったもんですよ。いまでもエエクルマやと思いますけどね。特にオデッセイは床低くて乗りこみやすいし、広々してるし、ハイブリッドの方ならアホみたいに速いし、アルヴェルよりぜんぜん安いしね。
 僕なら、どうしてもあのタイプ買わなきゃいけなくて予算に余裕あるなら、オデッセイHVじゃないかなと思います。「7人乗れりゃいい」ってだけならもっちろんCX-8。
posted by ながた at 22:52| 雑記