2018年01月28日

1/28

●最近若手の芸人さんが
身もふたもないことを言い出して大変頼もしい。
 売り出し中のゆにばーす、ハラ(ボケ・女子)さんの個性に目を奪われますが川瀬名人(ツッコミ・男子)もキレキレ。
「漫才がやりたいんですよ、バラエティなんか出たくない」(意訳)
 ちょっとおもしろい若手が人気が出た途端、バラエティばっかり出まくって漫才やコントをやらなくなってしまう、のはここ……何十年だ(笑)の風潮ですが、84年生まれの川瀬さんにとっては(むしろ昔、漫才師が漫才しかしてなかった頃を知らんかもしれん)素直に
「……おかしいんちゃうかこれ」
と思えることかもしれません。
 もちろん、バラエティ出演はネタは繰り返すと飽きられるのでネタはTVではなく劇場・ライブなどで、という自己防衛手段でもあるんでしょうけども。

●以前も言いましたが
トレンディエンジェルのたかし(’86生まれ)さんが殺人的スケジュールの最中に斎藤さんに
「たかし、走らないと間に合わないぞ!」
と言われて言い放った
「こんなスケジュール入れる方が悪いんですよ!」

 これ正論という他なく、頼もしいなあ、と思います。

 物怖じしないというくくりなら、メイプル超合金のカズレーザーさん(84年)も同世代。

●実はうちの奥様が同じ世代(’84生まれ)
で、「わかる」と。
 世代論になるとフィーチャーされるのが「ゆとり教育」ですが、ゆとりのゆの字もなかったセンター試験一期生の私がこういう話聞くと、やっぱりゆとり教育良かったんじゃないか、と無責任に思います。

 ただ1年のいわゆる「フルゆとり」つまり最強世代が1995生まれ現在23歳ぐらいですから、上記の世代よりさらに一回り下、ここが出てきた時に日本の社会はだいぶ変わるんじゃないかなあ、と思います。
 もちろん、ええ方に。

●きょうは田中支店長(仮名)が別の大陸から新幹線で飛んできて大阪ハーフマラソン(女子マラソンの対面通行でやる市民マラソンです)に出るってもんで「応援しに来い」というお達しを受け、寒い中長居公園で
「がんばれ支店長」
と染め抜いた横断幕を掲げていました。と、奥様お嬢様とバッタリ遭遇し(このへんどのような段取りなのか事前に通達しないのが彼の奥ゆかしさ)、一緒にスタジアムまで行って女子マラソンのゴールを見て
 毎回思いますがマラソンのトップランナーってバケモンですよね。
 あれ一瞬じゃなくて2時間、42キロあのスピードですよ。
 頭も身体も精神もぜんぶおかしい。
着替えた彼と合流して長居駅前「Bliss」さんでパンケーキやカレーをいただいて、支店長夕方の新幹線乗って単身赴任先へ帰るっつーんですよ。
 ハーフマラソン2時間走ったあとですよ?

 行動のみならずこないだ年末呑んだ時に地ビールを煽りながら
「もっと働かせろ」
と絶叫しており、はよ我々団塊ジュニアは引退せなあかん、と思いました(笑)
 労働力のダンピングだ。
posted by ながた at 00:00| 雑記