2018年02月01日

2/1


●足の踵がひびわれました。
 生まれて初めて。もう脂が回らない歳になりましたわ……

 オロナインよりリップクリームの方が効果ありました。薬局行くとひびわれ専用薬品が売ってますが高かったので。

●「LIFEBOOK UH」(富士通)シリーズを見てきました。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1086027.html

 なぜ普段使ってないWindowsノートPCを見てきたかというと以下の記事↓

・「史上最低のキーボード」の汚名返上に向け、富士通の"Mr.キーボード"が0.05mmにかけた執念
(前編)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1096900.html
(後編)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1096430.html

 何を隠そう拙者この現・富士通コンポーネント、旧・富士通高見沢産キーボード「リベルタッチ」の愛用者。初期型だったのでリコール掛かった時に交換してもらった折、「テンキーレスください」と書いて送ったところ「考えます」と直筆のお返事を貰ったぐらいです。
 まだ追加されてないのですが……(US配列は追加されました)

 話は逸れますが「ちょっといいキーボード」をお探しの方にリベルタッチは、生涯何十枚キーボードを買ったかわからないワタクシのイチオシです。
 ごく一般的なメンブレンラバードームにコイルばねを仕込む、という一工夫で、馴染みの感触のまま軽さと手応えが追加された打ち心地。高級キーボードとなるとまず名前が上がるのが東プレのリアルフォースですが(私も2枚買いました)、そのリアフォより癖がない。まして昨今増殖中の「チェリーのスイッチ使っときゃいいんだろ」的な、やかましい上に精度感の無い安物メカ・キーボードなど歯牙にも掛けません。
 もっと人気あってもいいと思うのですが、まあ逆に「本当に美味い小料理屋は常連が人に話さない」の法則で、たとえば通が集った時に(いつだ)
「最近はなにをお使いですか?」
「いや、相変わらずリベルですね」
「ですよねー」
と相手のこだわり度合いが一呼吸でわかろうというもの。生産中止にならない程度に細く長く作っていただければありがたし。
 欲を言えばそろそろテンキーレス版を……

●富士通コンポーネントはその名の通り自社・他社向けにOEM供給するのがメインの会社、上記東プレも、街で保冷車に「Topre」のロゴ貼ってあるのをお見かけしたりもするかと思いますが、のように元々は自動車用プレス部品メーカー、ともに本来消費者向けに一枚一枚キーボードを売るようなメーカーではありません。
 PCメーカーでもなくPCサプライ品メーカーでもなくゲーミングデバイスブランドでもなく、そういうメーカーのが、キーボードという今も最も重要なマン・マシン・インターフェイスにおいて、おすすめで一・二を争う、というこの寒い時代。
 そら若い子PC使わんようになるわ。

●とまあ、そんな具合で要するに
「リベルタッチみたいなキーボードのノートPCかもしん」
ということでわざわざヨドバシ梅田に触りに行ったんです。

 なかなかよかったです。

 ノートPCのキーボードとしては「最近の」という枕詞を付けなくともかなり深めのストローク(1.5mm)が効いてて、ふわりとしててそれでいて頼りなさは無く、指が踊るように打ちやすい。
 特にわたし個人的にこの2年半はMacBookの短ストローク・キーボードをいささか辟易しながら使っているので(いまの新世代版は多少マシです)「ああこれいいなあ……」とため息つきました。

 人間の身体って分解能が大雑把なようで繊細、繊細なようで大雑把で、「指の上下ストローク」というのは最小分解能が1mmぐらいあるんじゃないでしょうか。だからあまり短いストロークだと制御しきれなくて、底打ってるのにまだ押し込んだり、あるいはストロークを補填するために上空から叩きつけるように打ったりして、疲れるんじゃないですかね。知らんけど(大阪人

 しかしモバイラーとしてはUHシリーズで買うなら真ん中75、最軽量ヴァージョン一択、と思うのですが、この75はメモリが4GBしか無く、もちろん昨今のマシンなので追加も不可。
 買わずに済む理由を見つけてホッとする和久であった。

 えっ?
 メーカーのwebでカスタムすれば好みの仕様に?
posted by ながたさん at 00:00| 雑記