2018年02月21日

2/21

●給湯器の風呂場リモコンが
「液晶表示の下半分が欠ける」という症状が出て、これ買い替えてすぐにも「表示点かない」ので交換したものだったのでぷりぷりしながら設置してくれた工務店さんに電話すると、調べてくださって結果リコール。これ↓

http://www.noritz.co.jp/info/33.html

 早速ノーリツに電話して状況を訴えると折り返し掛かってきて「あと20分で行けます」というマッハ対応にもほどがあり、サービスさん来て30分ほどで交換完了。

 水回りみたいな10年15年は無事で当然、みたいなところでリコールはいただけませんが、対応が迅速なので許そう(偉そう

●そういえばダイソンのDC35も
 母が「おかしい」というので触ってみると、トリガー(スイッチ)を引くと「ウィンウィンウィンウィン……」と断続的にモーターがONOFFを繰り返す。酷使7年目
http://rakken.sblo.jp/article/52208135.html
寄る年波かとも思ったのですが、モーター不調ならこんな動きはしないだろうし、バッテリ寿命ならなおのこと動かなかろう(バッテリは1度交換してます)、ということで分解清掃。
 ……するまでもなく、本体にアタッチメントを接続するところの口、サイクロンの入り口ですが、ここに逆流防止フラップが付いてて、スイッチONで吸引力が発生した時だけ内側(サイクロン側)に開く。ここの蝶番部分に大きめの猫砂が詰まっちゃってて、つまりこれでフラップがちゃんと動かない。
 この部分だけなら水でも丸洗いできるので、洗いながら指突っ込んだり竹串突っ込んだりして清掃。ついでにフィルタも水洗い。これもまたえらい汚れてたのでマジックリンなど使うとドバッと茶色い水出てギャー。

 主婦というのはなぜあんなにフィルタを掃除したがらないのか。
 心理学者に研究していただきたい。

 ともあれ乾燥後組み立てるとしっかり作動しました。よかった。
 もうしばらくがんばってね。
 買い替えはV8(現行機)の後継機種が出たあたりかなあ。

●クルマの暴走事故のニュース
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180218001394.html

 テレビで第一報観た時は実車無かったのですが、これ昨年秋にデビューしたレクサスLS、つまりトヨタの1000万する最高級車で、自動ブレーキ関連で取り残され気味だった大トヨタがまさに乾坤一擲の大逆転を狙って開発した最新最高の安全システムをありったけブチ込んだクルマです。

 これで無理だったら現状、国産・外車・クラス(値段・サイズ)問わず全部ダメだ。

「同乗者がトランクの荷降ろしをしてる最中に」と聞いたので、おそらく前方がクリアだったので、飛び出し防止みたいなのは作動せず、その時点でハンドル操作を誤り(進行方向と逆側向いてるので、おそらく対向車線を突っ切った)、しかし歩道のガードレールや電柱等は細すぎて認識できず(ブレーキも掛からず)、歩道ちょっと突っ走って(おそらくこの時に人をはねてて、それも認識or認識後の反応ができてない)店舗に斜めにズドン、これにも前方障害物ブレーキ間に合わず。突っ込む角度が浅すぎるので障害物と認識してくれなかったのかも。
 と、いちいちの段階を想像すると、ありえない事故ではない感じもするのですが、結果の激しさを観ると「こんな大きいのも止められないのか」とガッカリしますね。しかもゼロ発進からですからね。

 亡くなられた方に弔意を表しますとともに、まだぜんぜんこれ系デバイス頼りにならない、とキモに銘じて安全運転で。
 いやウチの子たちにはなにひとつ付いとらんのですけども。
posted by ながたさん at 17:31| 日記