2018年02月22日

「生」食パン「乃が美」


http://nogaminopan.com/

 弟がバルミューダ・ザ・トースターを買ってまず最初に焼くパンとして選んだのがこちら。そのお裾分けで1斤いただいて。
 我々夫妻も「あべのハルカス」のスイーツ催事かなにかで見かけて「あれっ、パン屋さんだ。しかも売り切れてる」と記憶はしていたのですが、初めて食す。

 まー美味いですな。

「生」と強調されてるように「まず焼かずにそのまま食え」と迫るわけです。確かにそのまま食べられる。耳まで柔らかく食べられる。小麦・バター(マーガリン)・蜂蜜、どの味も尖らず一体となっており、牛乳や卵は使わないので強い旨味もその副産物のくどみも無く、僕もパン好きでよく食べますが食パンくくりでなくともトップクラスだと思います。
 しっとりとふんわりを両立しているのがすばらしい。
 これはお年寄りもお子様も喜ぶ。
 強い主張がないのでもちろん生でよし、トーストしてよし、バターをつけてジャムをつけてヨーグルトを載せてシチューをくぐらせてつまり何をしてもよし。

「予算無制限でおまかせいただければ、たいていの市販食パンには勝ってみせる」
と愛機SD-BMS101
http://rakken.sblo.jp/article/45756481.html
をポンと叩いて豪語するわたくしですが(はるゆたか100とカルピス発酵バターを使うのです)、これには負けました。すみません。
 1斤432円ですが、いい粉いい蜂蜜いい生クリーム使えば余裕でそれぐらいになると思う。ぜんぜんボッてないです。マーガリンもトランス脂肪酸をバター以下に抑えた専用品だとか。
 そういえば「いかにもパンです」的な華やかな香りは、それこそ街のベーカリーの品よりも無いのですが、むしろそうであるがゆえに優しい味、甘さが引き立つような気もする。非常に考えて作られた一品です。
 webに書いてあることいちいち納得するので、パン好き特にホームベーカラーは一読オススメ。

 なんかあんまりこういう決定版的なブツを出されると、「美味しい食パンを探す旅」が期せずして終わっちゃって人生の楽しみがちょっと減るような、気がします。
posted by ながたさん at 00:00|