2018年02月25日

Windows10 1709 失敗


 ちょっと聞いてくださる奥さん。
 またWindowsUpdateの奴。

 齢70前にして縱にパーソナル・コンピュータを使いこなすマイ・マザーがある夜
「ここから先に進まない」
と言って画面を見せるのですが、そこには
「TrendMicro Internet Security 2009をアンインストールしてください」
みたいなことが書いてある。
 そのPCは2016に買ったもので、もちろんトレンドマイクロのソフトウェアはインストールもしてないしプリインストールもされてない。念のためコンパネ開いて確認してももちろん出ない。
「あ、これあかんやつや」
 翌日夜独りでその問題に立ち向かったのですが、ググると出るわ出るわ。ご参考↓

・Microsoftのコミュニティ
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/windowupdate-1709-windows-10-fall-creators/64b7532d-6d3b-43d7-951a-8b4e6414886a
・トレンドマイクロのコミュニティ
https://ja.community.trendmicro.com/tm_jp/topics/windows-update-1709

 結論から言うと(おそらく)
「トレンドマイクロ社製の古いファイルがあると問答無用で弾かれるので、なにからなにまで削除する」
というのが対応方法でした。ウチの子も、歴代のマシンから持ち越してきた古いファイル・アーカイブの中に、なんとなくそれっぽい設定ファイルみたいなのが残っていたので(もちろんインストールなどはしていない)、それを消すと通った。

 Microsoftが互換性チェックを掛ける時に、なんの弾みか「トレンドマイクロのファイル全部」という粗っぽい設定をしてしまったような挙動です。だからたぶんMSが原因。
 なんですが、トレンドマイクロの方も旧製品のアンインストールに専用ツールを用意していない、など若干不親切。(ちなみにMcAfeeだとどんなヴァージョンでもゴリゴリ消してくれるツールがわかりやすく置いてある)
 どうやるかっていうと最新の製品のインストーラーを起動してシリアル入力前で止めると管理ツールみたいなのが解凍されてるので、それを使え、っていうんですけど、その前に今インストールしてあるセキュリティソフトをアンインストールしないとそこに辿り着かない。そのマシンにはカスペルスキーがインストールしてあったのでわざわざアンインストールして再起動かけて……キー。

 そこで萎えかけてこの「1709(Windows 10 Fall Creators Update (RS3) )をメディアに落として上書きインストールしちゃうと結構通る」という話を見かけたので、ここから↓

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

 ダウンロードしてDVDに焼いた、までは良かったのですが、そのマシンはメーカー製なもんだからBIOS画面への入り方がわからない(笑)
 webでマニュアル見てF12連打して入ったら今度はどこをいじるとブート順変えられるかよくわからない(笑)
 なんとかDVDドライブから起動してくれてインストール画面らしきものが立ち上がったと思ったら「ドライバが無い」と怒られて進められない(笑)
 頓挫。

 初心に戻って上のようなスレッドを観つつ、
Vbuster
TISPro
といった文字列で検索したりして(ウチにはその2つは無かったですが)とにかくフォルダの位置関係などからトレンドマイクロの関係者だと思われるファイルを一掃したところ、何が効いたのかよくわかりませんでしたがとにかく通りました。
 苦闘3時間半。

 わたしもMicrosoftとの付き合い長いですがビッグアップデートでこういう問題の放置はあまり記憶になく、なんというか、憤りとかの前に驚きました。
 もちろん「アップデートできない」はもう年がら年中起こってるわけですが、こういう大きな時はなんとかしてたような印象があるのですが……

 というようなことです。
 最近PCの愚痴を言う時のいつもの言葉で締めましょう。
「そら若い子PC使わんわ」
 悪いのは若い子じゃなくて「スマホより断然使い勝手がいい」ということを提示できないMSだと思う。
posted by ながたさん at 17:52| ガジェット