2018年08月23日

「FireTV (4K・HDR 対応)」Amazon




 Amazon Prime Dayってのは恐ろしくて(2回目

 通常価格の8980円でも十分安いと思うのですが、それがさらに1000円ぐらい安くて。春に「FireTV貰って使い始めた」と書きましたが、
http://rakken.sblo.jp/article/182979875.html
 もう触らない日はない、ぐらいの勢いです。
 新しくしてレスポンスが改善されるだけでも十二分に意義があろう、ということで買い替えました。
 結論から言いますと大正解、サックサク。
 初代持ってる人は今すぐ上の画像をクリックして購入だ(いやアフィリエイト要求じゃないですよ(目を泳がせながら

 あと、リモコンの音声認識もなかなかの精度です。これ系のサーバと通信してるタイプで、しかも検索ワードのターゲットがある程度絞れる用途だと、音声認識も相当イケますね。
「グランドツアー、字幕」
とか、もしスマホ式の文字入力メソッドがあったとしても、より速いのではないかと。

 10日と11日と14日に都合10人ほど古馴染みに会ったわけですが、その場で
「時代はFireTVで配信! プライム、Netflix、DAZNなどなど」
などと叫んでみますとだいたい1/3ぐらいが
「そうそう!」
で、あとが
「えっ、なにそれ」
という感じでした。
 これはガジェットに対する感度というより、ターゲットコンテンツの有り無しが効いてるみたい。具体的には
「とにかくアニメが観たい」
毎期全部チェックするような方ね。あるいは
「当直が暇すぎる」
からスマホで映画。当直とはいえTV観てゲラゲラ笑うわけにはいかないジョブ例えば医師、が世の中にはありますからね。

 一度配信に慣れてしまうと、BDレコーダの予約行為とか死ぬほど人生の時間の無駄に感じられ、いけませんな。
 DVD/HDDレコーダがビデオデッキを駆逐したあの日のように、こうして主役は変わっていくわけです。
posted by 犀角 at 17:13| 雑記