2018年09月12日

チリメン山椒「はれま」


http://www.harema.co.jp/

 お義母さんにいただいて、奥さんが
「これでないといかん」
と言うので。

 なにより甘くないのがいい。
 こういう煮物といいますとやはり甘い味付けが好まれるようで、素材の味が消えぎみな商品も多いもの。でもこちらはしっかりおじゃこ感が残ります。
 この、「サラッとやりすぎない」のが京都人のカッコよさ。
 大阪人は基本「やりすぎ」が好きなので、たとえば「神宗」さんのように
https://kansou.co.jp/products/b_7/
コッテリ煮る。「あーなんかわからんけどいっぱいやってもらったー」という文化です。
 人の構えが味に出ますな(米朝師匠風に

 たっぷり入った実山椒がまた文字通り痺れます。
 奥さんは「山椒が多すぎる」と除けるので、僕はそれをせっせと白ご飯の上にまぶして即席山椒ご飯にしていただきます。
 それで普通に美味い。
 まるで懐石コースの最後のお食事をいただいてる、かのような気分に。

 野菜昆布の方も旨いですよ。
 こちらは強い味付けで、ご飯これもまた進みます。

【ご注意】
 Amazonなどでも買えますがこれ転売だそうで、はれまさん的には(賞味期限などが保証できないし)そちらからは買わないでくれ、とのことです。もちろんすこし割高にもなってます。
 人気店はつらいね。

posted by ながたさん at 16:52|