2009年01月26日

限界の識り方

「すべてコントロールできていると思えるならば、
 スピードが足りない」

 ──マリオ・アンドレッティ(名レーサー)

posted by 犀角 at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | お言葉
この記事へのコメント
M男のオッチャンそんなこと言ってましたか?
オイラも同意見!
スピードとは何ぞや?と考えると、処理すべき情報量であると思います。速く走れば走るほど先先を読まなければならない。ドライビングの楽しさは、感じる質×量/時間で決まるのではないかと思います。
Posted by M澤 at 2009年01月26日 22:14
逆に言うと、安全運転するなら常に
「コントロールできてる感じ」
の中にスピードを収めろ、ってことだよね。
実際にはできないのかもしれないけど。
その点最近のクルマは超安楽になってて、
コントロール可能かどうかの
インフォメーションも希薄な気がします。

Posted by ながたさん at 2009年01月27日 12:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25953100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック