2009年01月29日

UX-D58CW(FAX電話機)



我が家で頑張ってくれてたFAX電話機なのですが、
2台目の子機が壊れ子機1台態勢になり、

子機注文しようとしたら2万近く掛かると。
親切なJoshinの店員さんが
「それなら新品にされた方が……
 子機2台付きでも2万しないモデルもありますし」
その甘言にノせられて店頭行ったら
ちょっといいの買っちゃうって寸法さ!!

新しくなって便利なったなー、と思ったのが
基本的に、今どこのメーカーのでもそうですが、
FAXを一旦メモリに取りこんで、
必要なものだけ印刷する。
ので、あのぶちゃいくな「突っ立つ普通紙」が無いんです。
あれ無いだけでえらいスッキリですよ。
あれ埃とか被るし紙が巻いちゃうし、
ロクなもんじゃなかったですね。
まだ感熱紙時代の方がよかったです。
あと、親機の電話帳を子機に飛ばしてくれるので
親機にだけ登録してしまえばよい、
のも楽です。

んでも正直、
固定電話という商品自体が
メインストリームから落ちちゃってる感じで、
たとえば子機のボタンが色分けされてないとか
(受話・終話ボタンは緑と赤にしてくれ〜〜〜!!
 ウチには目の悪いおばあちゃんも居るんだ〜〜〜!!)
微妙に通話がノイジーだとか
(デジタルデジタル言いますけど
 まるで何一つ進歩しないですよねあれは……)
まあ、言葉悪いんですが、
「こんなもんですかいね」という感じです。
お客もメーカーも。
あ、あとね、
省エネのご時世はわかるんですけど、
こいつ操作してない時この大きな液晶が
全くなにも映さないんです。
死んでるんじゃないかと思って正直不安になります。
バックライト要らんから表示だけでも
させておくべきじゃなかなぁ……
(子機は「子機1」ってずっと出てる)
ま「黒電話だってそうだろ」と強弁されれば
そのとおりなんですが……

ワガママな我がまま上に
「もう一台子機を買うがよい」
と下達され
(家中の部屋に子機を置く計画のようです)
・増設子機 JD-KS25(19950円)
 Amazon最安値約14000円ぐらい。
・専用インクリボン UX-NR8G(W)
 1300/2000円ぐらい。
 エエ商売ですなこれも。
 やっぱり感熱紙時代が一番よかったんじゃねえのか!?

んで結局5万ぐらい使ったさ。
まだまだ、固定電話の必要な家や環境もあるので、
ユニバーサルなデザインでひとつよろしくお願いします。
>メーカー各位

posted by 犀角 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26073931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック