2009年01月30日

「メモ」について考える

いまメモまみれになってます。
メモを分類すると

 ・やるべきこと……ToDoに書いて終わったら消す。
 ・アイデア・ネタ
  ・オープンにできるもの……これです。
  ・オープンできないもの……まだまだ種の段階の。ノートに書き残します。
 ・日記……一応その日あったことで・印象的なことで・オープンにはできないもの。

こんなもんでしょうか?
つまりメモが発生したら、3(4)カ所に転記すると。
んー。
あんまりスマートじゃないですねぇ。
転記ってのはねぇ。
でもメモ発生時から「どれに書くか」判断させると
そこでオーバーヘッドが生じるので、
(いつも言いますように「判断」っていうタスクは
 強烈に重い)
発生時は単一のメモ帳にばーっと書く方がよいと思います。
で、現状最初の「入力」に関しては、
紙のメモ帳に敵うものはないので、
しょうがないか。
で、
それはいいのですが、
「日記」ってのが特に転記のモチベーションが湧かない。
「ToDo」や「アイデア」はデジタル化すると
管理しやすいのを身をもってわかってるので、
まだやる気起きるのですが。
さりとてハサミと糊とか使い出すとさらに面倒だ。
また書いてあることがつまんないんだ。
だいじな「ToDo」や「アイデア」ではないので。
「このCD聴いたけどイマイチ」とか。
捨てる?
んー、それも男らしいかもしれません。
前しか見ない。
しかし「失敗も財産」というのは
僕のよく唱えるお題目でして……
「あいつムカつく」とか、
そういうところこそ人情の綾、という気もしますし。
まぁ、あんまり見直したりしないんですけどね。
書いて吐き出す、というのが大事だったりします。
まあ、それはガマンしますかね。

ということで今僕の手元には、
・入力用のメモ帳(紙)
・blog用のエディタ(PC)
・メモ用のエディタ(PC)
・メモ用のノート(紙)
・日記用のノート(紙)
・ToDoリスト(紙)
が拡がっています……

スマートじゃねーーーーー!!(泣)

もうちょっと考えます……
途中経過でした。
posted by 犀角 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26077245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック