2009年02月03日

情報整理と情報作成の割合

今日は弱音から入っていいですか。


いやー「ぜんぶいり」リスト作ってやりだしたら、
やることありすぎてどうにもなりませんよ!
なにサボり倒してたんだここ数年……いや十数年……
のオレ!という感じで。
blogでさえ書ききれない!(笑)
さらに、
リストの弊害もあって、
わりと急いだ方がいいものがあっても、
パッと目につくすぐ終わりそうなのにフラフラと……
「試験勉強中に部屋の片付けをしたくなる法則」
です。

それでもまあ一度トコトンやってみるかと、
ここに観たものメモみたいなの書きだしたのですが、
それは
「手元メモなんか書いたって見直さねー!」
という経験則からです。
もちろん手を動かして書いてることにも、
意味があるんですけど、
(無意識で栄養になる)
どうせならポイと情報の海に投げ出した方が、
誰かの何かに引っかかることもあるかもないかもと……
あとで自分で調べる時も楽だし。
その数分の手間も惜しむようなものなら、
メモを取る価値も無いし、
取ったとしても残す価値も無い。

……と、割り切れないのが人の情ってもので、
そんな「捨てようか捨てまいか」って悩むのって
一番時間の無駄なんですけど、
それをこそやっちゃいますね、人間はね。
悩まないようにするには、
「ぜんぶやる」か
「ぜんぶやらない」か、
どっちかなんですが、
後者よりは前者の方が、
何事かが起きる、ような気がします。

情報って、手元に保存するだけじゃダメです。
使わなきゃ。
じゃなきゃただのチリアクタ。

でも「使えるようにする」には
これエネルギーが必要でして、
その情報活動と、
「普通の活動」との割合、
これが難しいですね。
ライブラリの整理ばかりしていては、
ライブラリは増えませんから。

まあそこは普通に時間で区切るのが
いいのかもしれません。
「陽が落ちるまでは仕事」とか。
……しかしそうすると夕方起き出して朝寝る生活になってしまうのは、
人のサガ?

posted by 犀角 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26244526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック