2009年02月05日

「Dropbox」を試してみます

TimeMachine(MacOS Xの自動バックアップ機能)
のことを調べてましたら、ふと
「でもバックアップ必要なのはごく一部のファイルじゃない?」
と気付きまして、


それだったら昨今流行りの
「ファイル同期サービス」
でもいいんじゃないかと思い始め、
「Dropbox」を試してみることにしました。

・解説記事
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/11/13/4371
・ご本尊
https://www.getdropbox.com/
・キャッシュが大きくなるそうなのでキャッシュクリーナー(MacOS用ウィジェット)
http://www.rudis.net/content/2009/01/07/dropbox-cache-cleaner-widget-update-12-and-new-dbcc-desktop-version

2台のMac(手元のAir、サブ機のMacBook)に
クライアントをインストールし、
Dropboxフォルダに同期してもらいたいフォルダを
放り込みますと、その瞬間わしわしと同期がはじまり、
サブ機の方にどんどんファイルが転送されていきます。
(ネット上にもアーカイブされており、
 クライアントソフトがインストールされてなくても
 webベースで見に行ったりできます)

あ、こりゃ〜便利。
なん〜の設定もアクションも必要ないです。
この「アクション要らない」というのが、
同期やバックアップにとってはなにより大切ですな。

あと心配は負荷かなぁ。
ファイル弄るとその瞬間アップロードしだすので
(もちろん差分ですが)
Airみたいな非力めのマシンですとそこが不安かも?杞憂かも?

また追ってレポートします。
posted by 犀角 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26328653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック