2009年02月08日

機会費用の最小化を意識せよ!

「弥生」の会計ソフトを買いましたら、
FAXでお知らせを送ってくれるんです。

ありがたすぎるので一度そのFAXを
「要りませんからヤメテ」
と書き添えて直返ししたんですけど、
また来ましてね。
涙が出ました。ありがたすぎて。

でももう、そのFAX破って捨てるだけにしました。
また同じように時間とエネルギー掛けて、
またどうせ来るもの、間違いなく。
じゃ、無駄じゃん、その時間とエネルギー全部。
そこで使うエネルギー全てと、
たまに来るFAX破り捨てるエネルギー全部を
天秤に掛けると、
たぶん捨てるエネルギーの方が小さい。

こういうのを機会費用の最小化っていうのかなぁ、
と聞きかじった用語を使ってみました。
めざせミスター合理性。
雅号は「合理」にしようかしら。

posted by 犀角 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26455955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック