2009年02月13日

BはOKだ!

最近比較的活発にコンテンツ摂取運動を続けておりますのは

「BはOKちゃうか」と思い直したんです、
A〜Eまでの5段階評価をするとして。

それまでは「Aでなくては意味がない」と
ストイックにね、こう思い詰めていたんですけど、
世の中にAってのはそんな無いので、
どんどん定番クラシック、幅が狭くなってしまう。
だもので基準を緩めて、
「誰がなんといおうとボクこれ好き」
「世間で定評」(定評=ある程度の期間続く評価)
といったあたりにも積極的に噛みついていこうと。
つまり「少なくともプラス」であれば
もうOK出してええんちゃうかと。

代わりに、というと変ですが、
マイナスには厳しく当たることにした。
Dでも自分にとって見所があったり、
世間様で人気だったりすれば
かなり意識を使ってたんですが、
やんぴ。
やっぱりそこには「なんとかして持ち上げよう」という
不自然な精神の働きがあるので、
コイツがね、邪魔なんです。
自然に、すっと入ってくるものでないと、
栄養にならん。
無理して青汁を顔しかめて呑んでもね、
たぶん効いてないですよ。
辛いなあ、やだなあ、と思って摂ったものは。

以上「楽しいもの」研究者のひとりごと。
幅広く、おいしいとこ取りで。
posted by 犀角 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26667933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック