2009年02月18日

ディスプレイ「BenQ 24インチ LCDワイドモニタ E2400HD」



新しい応接間共用マシンに繋げたのがこちら。


ちなみに前任はNANAO L465であり、
贅沢覚えるといけませんな。
次も贅沢したくなっちゃう。
NECの2490とか三菱の243とかそういう数字が
脳裏を舞ったのですが、
しかしおかあたまがiTunesでBackStreetBoysを聴くマシンに
そんな贅沢な画面が要るのかといえば疑問であると。
10万と3万の差は大きいと。
わざわざお店まで足運んで見てみました。
もうモノ見ずに買うのはS-PVAでコリゴリです。

と、悪くない。

僕今でも6年ぐらい前に買った
アイオーデータのLCD-A15CDってまあお安いモデルを
使ってるのですが、
(15インチXGAはいろいろ使い易いのです)
なんでもそうなんですが、
安いブツにもたまにこういう「手頃な」ブツがありまして、
主力としてゴリゴリ使うのはアレだけど
ちょっと用を足すには文句なし!という。
そのお店では推奨解像度ではなかったので
(これは最近増えてきた16:9なので、
 24インチですが1920x1080です)
文字とかボケてましたが、
長年ディスプレイマニアやってる私の目がOKを出した。
なので思い切ってポチッと。
その店で買ったげなさいよ。
いやだって24インチはさすがに電車で持って帰れない……
15年ぐらい前はPC好き達は
17インチブラウン管とか持って帰ったものですけどね。

29880円、
それは僕が今まで買った「ディスプレイ」の中で
最安値です。

来て笑ったのは箱が軽いの(笑)
24インチの巨体のくせにやたら軽く仕上がっており、
技術の進化というかなんというか。
足なんかただのプラ板をプラ爪のはめ込みで支えるという
非常にカジュアルな作りなのですが、
いやまあそれで全然OKって感じです。
端子配列がバカっぽくてたぶんユーザーレビューなんかにも
あると思いますがHDMIの差し込みと足のクリアランスが無く、
長めの端子だと挿さらないか挿すと不安だと思います。
調節はチルトだけで高さも首振りも無し。
スピーカは申し訳程度、USBハブもありません。
VESAマウントの穴もない。
(ケーブルはDVIとD-sub両方ついてます)
つまり徹底して必要最低限。
あと写真ほどカッコ良くないです(笑)
やっぱり値段なりにかなりプラスチッキーです。
枠のテカリもディスプレイとしてはどうなのと、
今でもオールドタイプの私は思っちゃうんですが、
まあ流行りですしね。
ただ、デザインそのものは悪くないので
しばらくすれば気にならなくなります。
わかった、あれテカらせるとさ、
少なくともビジネスライクな感じにならないんだよね。
だからケータイとかもテカテカ光らせるんだ。

肝心の画質ですがはい、及第点でございます。
A〜Eで甘めにつけてB、
3万やと思ったらAをあげたくなるぐらい。
TNらしく階調が若干苦手ですが、派手すぎず地味すぎず。
(輝度・コントラスト共に工場出荷時よりは落とした方がいいと思います)
視野角もTNにしては上下、左右とも頑張ってると思います。
少なくとも一人で使うには十分。
いわゆるグレアパネルですが映り込みもあまり気になりません。
「こしゃくなことをせずに素直に作ったブツ」
という感じで好感が持てます。
BENQいいメーカーですね。
くどいようですが「これが3万か!」と思うと
時代の進歩を感じずにはいられません。
私はT960にケーブル込み16万……

ディスプレイとは直接関係が無いですが、
そろそろ老眼な母が「字を大きくして!」というので
vistaのシステムフォント等のDPIを120dpiにしてみました。
いろんなところがちょっぴり破綻するのですが、
XP時代までに比べるとずっと使い物になります。
母大満足。
(しかし他のユーザーの環境も巻き込まれる設定なので
 一人で使うマシン以外にはオススメしにくい。
 親御さんがおられる方にTips)

ああ3万でこんなもん作られちゃ
「高級パネルで高級品」なんて作る気も起きんわこりゃ、
と痛感した一品でした。
とてもよい機材だと思います。

posted by 犀角 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26900983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック