2009年04月30日

ネットブック「Lenovo s9e」



http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0306/lenovo.htm
弟さんが買ってました。
これは、ビニール傘!

Amazonでは今日現在42000円ですが、
価格com最安値は34000円で2ndACアダプタプレゼントであり、
その価格を考えるとこのワタクシでさえフラリと行っちゃいそうな
コスト・パフォーマンスです。

ながた15の歳からモバイル歴22年、
始めて持ったモバイルデジタルガジェットが
プリンタ分離型ワープロという生粋のサブノートオタク
(現主戦はMacBookAirですヨ)です。
この20年、そのような人柱達が、
様々なシチュエーションで
様々なサイズ・ウェイト・性能のマシンを使いこなした結果、
だいたい今現状モバイルPCのスイートスポットというのは
決まってまして、
10〜12インチ強、横1024以上(Excelなど)
縦768以上(web)の液晶を載せたB5+サイズ、
(底面積は十分打てるキーボードのサイズ
 ピッチにして17.5mm以上ぐらい、
 で、自動的に決定される)
1.3kg以内(軽ければ軽い方がいい)、
パワーはそうね、その時のバリューPC程度。
メインストリームの7掛けぐらい。
最新のOSがなんとか不足無く動くぐらい。
バッテリ駆動は3時間「保証」(カタログ5時間)以上。
で、
ここから何か落ちると、
「仕事で使えない」ブツになってしまいますそれはすなわち、
オモチャ。
もちろんオモチャがダメというわけではありませんで、
それはそれで楽しいからいいのですが、
僕が欲しいのは「仕事の道具」ですので、
ネットブック興味ありませんでした。
デジタルオモチャは5万を切ると流行るんです。
「CLIE」流行りましたなぁ。

しかし3万ちょいと言われるとさすがにグラッと来る。
20数万円のAirを持ち運んで
喫茶店やファミレスで仕事のフリしたりするのが趣味なのですが、
そりゃやっぱり気も使いますよ。
これがあーた、3万ならコーヒーこぼしても
「……あー、やっちまったー……」
で済みますからねぇ。

ちょろっと触っただけですが、
やっぱ遅いのは遅い。
XP機ですが、P3時代のような、懐かしの軽量化作戦を
多少した方がよいやも。
(アニメを切るとか、ああいうやつです)
液晶も明るさはそこそこですが多少紫がかっており、
「まぁ、ねぇ」といったレベルです。
鑑賞とか口が裂けても言えません。
キーボードはまぁ、長時間使わなければ。
ポインティングデバイスも、見てくれよりは、実用になる。
重量は軽くはないけど、まあ2kgあるわけじゃないので、
普通のノートPC持ち歩くこと考えれば。
巧みなデザインでごまかしてますがかなり分厚いので、
鞄の内での収まりもまぁ、いいような悪いような……
でも3万(笑)
Price is Kingとよく言われますが、
まさにそれをまざまざと見せつけられる商品です。
そう、ビニール傘みたいな感じ。
「雨しのげるしこれでええかあ!!」
持つ喜びゼロ、でもだからこそ駅で捨てられる。
役に立つガラクタ。
それはガラクタではない!

いや、バカにはできんかもしれん。
仕事の道具にもならず、ケータイほど手軽でもなく、
フィットする隙間が狭い気がしてましたが、
電動アシスト自転車だってあれ、
「自転車でええやん」と「原付乗ったら?」の
間にスポッとハマってますしね。
このままある程度のボリュームを占め続けるのかもしれません。
ちょっと凝ったことをしようとすると
とたんにしんどいのですが、
ケータイでweb見るよりゃ10倍マシ。
(というのはオッサンオバハン世代かもしれませんが)

確かにどんなブツでも上から下まで
価格によってズラッと並ぶものでして、
ノートPCと言った瞬間10万を超えてくるのは、
最安値のデスクトップが5万円を切る切らないになって
久しいこのご時世では不自然かも。
まあ人間はそして商売はホント、
理念とか理屈ではなく、
「それはナンボなん?」
という現実で動くもんだ、と思いました。

Airより重くて厚くて熱くてうるさくて遅くて
見づらくて使いづらくてカッコ悪い。
けど3万。
くそっ(笑)
posted by 犀角 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28775791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック