2013年10月27日

本「タマサイ(魂彩)」星川淳


著者公式サイト
http://hoshikawajun.jp/
「あとがき」
http://blog.hoshikawajun.jp/?eid=2
(11/1南方新社より出版予定。見本誌をお借りして拝読しました)

 これは曼荼羅です。

 戦国期、恋しい少女を追い種子島を旅立つ少年りゅうた。現代、不思議な縁に導かれ魂の旅路をゆくのは前作でもお馴染みユキ。この二人を中心に数多くの人々が幾重にも織り重ねる、愛と冒険、伝承と探求の旅路。
 前作『ベーリンジアの記憶』から構想・制作都合18年、作者・星川先生の知識と経験がミッチリと詰め込みに押し込まれ、極彩色のタペストリーになってる様、そして要素要素が時には相同、時には入れ子、つまりフラクタル構造でお互いに影響を与えあっている様は、まさに「曼荼羅」としか言いようがありません。

 どの要素一点を切り出してご紹介してもいわゆるネタバレになり、この労作を愉しむ喜びをスポイルしそうで、非常に感想文が書きにくいです。そのぐらい、各要素が見事なまでに玄妙に絡み合っています。しかしこの作品、上記「あとがき」にありますように構成を固めずに書き始められたとのことで、やっぱり本当に神秘的なものは、人知や意識を超えたところからしか生まれないようです。

 今回の主な「旅」は大海原を渡る、それも円環的なもの。刳り舟での孤独な漂流から海の隊商、新天地を求めた決死の冒険から黄金を目指すイスパニアの外洋航路船まで、思う存分潮の匂いを嗅ぐことができます。
 陸路もバラエティ豊か、アメリカ南西部・砂漠の隠れ谷から屋久島、クイーン・シャーロット諸島、ハワイ、広島、ロスアラモス。
 ほら興味が湧いてきた(笑)
 旅の道連れもキャラの立った個性派揃い、群像劇として俯瞰で眺めるもよし、誰かになりきって旅を共にするもよし。
 僕は個人的には不思議な老人・デネに心惹かれました。彼の旅路はわずかな間、一行と重なりあったわけですが、本来はどんな旅だったんだろう……と想像するだけでも、一冊の本になりそうです。

 さらに加えて、不思議な「もの」たちも彼らを導きます。そのひとつが、タイトルにもなっている「タマサイ」。
 このタマサイという言葉一つにも、「魂彩」という当てられた漢字でおわかりのように、さまざまな物語と想いが籠められています。

 全編、こんな感じ。そりゃ20年近くかかろうというものです。

 最新の量子論には「すべての状態が重ね合わされている」というイメージがあって、SF系の作家さん達が現在過去未来あるいは平行世界を行き来するような物語を綴っていますが、「タマサイ」に触れるエレンやレタの姿勢や言葉を聞いていますと、ようやく現代人はそのイメージを思い出したのか、とさえ思います。
 昔の人は、みんなそんなこと知っていた。その石ひとつが、その樹一本が、そしてもちろんその人ひとりが、どこから来てどこへ行くのか。どんな物語を紡いできて、紡いでゆくのか。
 そういうイメージに導かれて、降りかかる不思議や不条理、つまり運命を呑み込んで力強く生きる登場人物たちの姿に、少し、目の前の霞が晴れるようです。

 もちろん冒険譚と恋愛譚が中心なのですが、前作にもまして幅広い読み方ができます。各章の枕にイメージを助走させるための簡単なレクチャーがあるのですが、これだけ拾い読みしてもそのスケールとバラエティに満腹になるほど。まあとにかく繰り返しますが密度と濃度の濃い作品で、しかもそれが借り物切り貼りの知識ではなく身体性で裏打ちされてるから手に負えない。ただただ脱帽です。
 芸術なんてものは創った当人が悦んでいればいいものだと思うのですが、もしあえて客観的評価などという野暮なものを持ち出すとするなら、
「ひとの想像力を高く羽ばたかせる」
ものが「良いもの」でしょう。
 まちがいなく良いものです。

 僕は深尾葉子先生に「ながたさんこの本を読みなされ!」と見本誌を手渡されたのですが、読み終えた今、つまりこの本自身が「タマサイ」なんだなあ、と思います。



posted by 犀角 at 22:23|