2013年11月28日

タブレット「iPad mini Retina」Apple


http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131113_623329.html

 まだ書いてなかった……もちろん発売開始すぐに注文入れて3日後ぐらいに着きました。
 今回も16GBの黒(スペースシルバー)、Wi-Fiモデルです。

 初代iPadデビューの頃と比べればタブレットをお持ちの方もお使いになった経験がある方もぐーんと増えてるでしょうから最早タブレットの素晴らしさを説明する必要はありますまい。
「なにかをブラウズ」
という目的では姿勢自由度でPCより、画面サイズでスマホより圧倒的に便利です。
 写真、電子書籍、動画、ゲーム……最近は通勤通学途上でタブレットを振りかざしてさまざまなコンテンツをお楽しみの方も多いですな。

 標準モデルからRetinaモデルになったのは個人的には
・iPhone3GS→4S
・iPad初代→iPad 3rd
に引き続き3回め。何度やっても同じ、換えた瞬間は
「……あんまり感動がないなあ」
なんて微苦笑してるんですけど(特にApple製品はiCloudなどを活用すると「さっきまでとまったく同じ環境」がいきなり新品の方にできあがることもあって)、数時間も使って旧製品に戻ると
「うわっ!ボヤッ!」
と、もう戻れない。
 恐ろしいメーカーですぜあそこは。
 今回も厚みがわずかに、重さも若干増えてるのですが、まあ誤差範囲。カバーは大部分がそのまま使えますしね。

 旧製品(非Retina mini)はPCディスプレイの横に立てかけて置いて、レコーダ内の動画をDIXIMで観る画面になってくれてます。
 タブレットの地味にいい点は古いのの活用方法がいろいろある点で、このような単機能専用機化もよし、人にあげる(廉価に売る)もよし、最悪壊れてもいいような酷使もよし。
 ウチの母もレシピ放り込んで台所に置いてますよ。
 まだお持ちで無いようでしたら、身近にデジガジェ好きが居たら
「余ってるの一枚安く売って〜ん」
とおねだりしてみるのはどうでしょうか。
 1万円ぐらいで。
 これって、使いながら用途見つけていく的なところがあるんです。僕が初代を売った友人も旅のお供に、飛行機で動画観たり現地で地図を観たり、写真を見せてくれたり、なにくれとなく活用法を見つけています。

 で、新品買うなら世にあまたさぶろうタブレットの中でながたのイチオシはこれ、iPad mini Retina。
 色はお好みで、容量は32以上がいいと思います、僕は64あるiPhoneもあるので音楽とかそっちに全部あるので16でもいけますけど。地図アプリとかダウンロードさせる系だと1つで2GB食うとかそういうのもあるんですよ。だもんで。最近はデジカメも画素多くなって写真詰め込むとなんぼあってもたりませんしねー。
 でもAppleの値付けはストレージで凄いボッてるので、あまり上を買うのもコスパ落ちていきます。

 これ毎回言ってますが元家電メーカーの企画屋にして15の歳からモバイラーの私が出した「電化製品を買うタイミング」の結論は、
「行った人が戻ってこないものはすぐ買え」
です。
 タブレットはもちろんのことながら買った人が2枚目3枚目を嬉々として買ってるものなので、興味湧いたらすぐ買っていいと思いますよ。
 
posted by 犀角 at 04:11| ガジェット