2017年06月02日

もやし&ミンチスープ



超簡単でしみじみうまい!
ボリュームもあって満足度高し。

【材料】(2人分)
鶏挽き肉 100g
もやし 1袋(200g)
青ネギ 3本

チキンスープ(中華)の素 小1
ごま油 小2
水 500cc
塩・胡椒少々
(お好みで)ラー油、酢

【作り方】
・もやしは水洗いしてザルに上げて水気を切る(どうせ煮るからテキトーで)
・青ネギは4cmの斜め切り(小口でもなんでもいいです。白ネギでも可)
・小さめの鍋にごま油を熱し、挽肉を入れて炒める(中火)
・適当に色が変わってそぼろ状になったら、水、チキンスープの素を加え中火で煮立たせる
・煮立ったら、もやしを加えて1分
・塩胡椒、ネギを加えてできあーがーりー
・お好みでラー油、お酢で味に変化を

【参考】『きょうの料理ビギナーズ』NHK
http://www4.nhk.or.jp/ryouri-begi/
posted by ながた at 16:22| ごはん

2017年06月01日

オオサカオクトーバーフェスト 2017@長居公園

http://www.gnavi.co.jp/prt/osaka/oktoberfest/

去年の9月にも行きましたがもちろん今回も。
今年は3回も行っちゃった(6/1現在)



(写真は15時スタート直後です。これが瞬く間に埋まる。土日はwash children of potate)

これ遠方から楽しみに来られる方にはもちろんですが、近隣住民に非常に楽しいイベントでして、僕ら夫婦は散歩道がてらにありますからついつい覗いちゃう。母も従姉妹親子とソーセージを食べに行く。僕らも鍼の先生とそのお弟子さんと4人でも出かける。
平日昼間っから青空のもとうまいビールを傾けるこの歓びよ。



(呑んだら踊る)

コツとしてはビールは各ブースのエース(だいたいヴァイツェン)を順繰りに飲んで、食べ物は本場モノであることを確認したソーセージで。ビアカクテルも元ビールがうまいからか、かなりイケます。
ま好きに愉しんでください。

人生はビールとソーセージがあればだいたいOK。
「天国にビールはないよ」

【追記】
このあと4回目も行きました。
posted by ながた at 05:06| ごはん

2017年05月28日

MINI中部・関西地区ディーラー合同 サーキットイベント

ロックバンド『和'n』の相方、TERU(担当はヴォーカリスト)に誘われてMINIのオーナーズ・イベントに行ってきました。(あ、僕のロックネームはQです。担当はメーリングリスト)

「しかしマルセイユ生まれ東住吉区育ち、生粋のおフロンス人のミーにとっては、ドイツ人の造る英国車など敵×敵ではないですか」
「いま広島のクルマに乗ってるでしょう」
「はい。」

場所は鈴鹿ツインサーキット。F1やるあれからはちょっと離れたところにあります。近鉄白子駅で拾ってもらいました。ちなみに乗りつける参加車両はボルカニック・オレンジ(無償色)の現行型つまり3代目MINI ONE。希望ナンバープレートは愛する妻と息子にちなんだ数字。

「ワシは? ねえワシは?」
「okbちゃんなんか初めて買った自分のクルマのナンバー、お父さんの誕生日にされたんやぞ」



中部・関西地区のディーラー合同イベント(ご参考↓)
https://www.g-shinwa.co.jp/news_shinwa/mini/2017/04/mini-21.php
なので、集まったMINI(約200台ぐらい?)はどれもいささかお上品、痛車の1台も無い。なによりディーラー網がオリジナルと現在の(BMWの)MINIでは隔絶してるので、オリジナルがほぼ来てない。3台ぐらいかな?
(ちなみにTERUはオリジナルも所有。そいつで昔、二人でしまなみ海道を逃避行したもんさ)
とはいえ痩せても枯れてもMINIですから、本当に掛け値なし同じクルマは1台として無い。オーナーの注ぐ愛情が伝わります。犬、パグとかブルドッグとか、ああいう感じなんですよね。

TERUは「32(MINI)秒以内に車庫入れ4回」というアトラクションに挑戦して見事成功したり(さすが暗峠をオリジナル・ミニで駆け抜けた男。ちなみに成功賞品はうまい棒1本)

MINIのMINIカーをカスタムして遊んだり(東海圏への愛が溢れるペイントでしょう。ちなみにゼッケンは右が海老、左が味噌)



そしてサーキットを爆走したり(残念ながら自車ではなく用意されたクルマ、車種/グレードいろいろありましたがどれが当たるかは運次第)。
動画撮ったんですがアホな会話しかしてないのでとてもお見せできません。
サーキット走りながら動画撮ってるとたった2周でゲロ吐きそう。ラリーのコドラってほんっと凄いですよね。

などとやってると3hぐらいあっという間に過ぎて、そのまま四日市へ向かいます。

四日市あすなろう鉄道(狭軌762mm!遊園地の乗り物かと思うほど)がトコトコ走っているのを観たり。
http://yar.co.jp/

ブラタモリよろしく現R1沿いの生活道路、それが旧東海道、を走ったり。

辿り着いたは人気店『まつもとの來來憲』
http://matumoto-rairaiken.com/
「大とんてき定食」を二人で踊り食い。
250g肩ロース一枚肉うまし。タレの掛かったキャベツさえ、いや、こそがご馳走。



その後道中見かけたおされキャッフェ『レコンフォール』で美味しい珈琲をいただいて
https://www.facebook.com/cafereconfort/
星野源あたりになった気分で
「源といえばワシやー!」
「取られちゃったね」



僕は近鉄・四日市駅に送って貰ってそこで解散、と相成りました。
鈴鹿・四日市のおみやげはなんば駅で買った『551』の豚まん。

楽しかったー。
サーキットは空が広くて疾走するクルマがかっこよくて、何年かに一回行くとよいですよ。

わ、わたしもそろそろなにかこういうエベントに参加できるようなクルマを一台ほど……

posted by ながた at 16:22| ごはん

2017年03月10日

焼きうどん



ソース香る焼きそばに対抗して、醤油香る焼きうどんだ!

【材料】(2人分)
・茹でうどん 2玉
・豚肉 100g〜(コマまたはバラ薄切り)
・キャベツ 適宜
・たまねぎ 1/2個
・にんじん 少々
・お好きな油 大1
・かつお節 適量
・塩胡椒 少々

-醤油・酒・水 各大1
-和風だしの素 小2

【作り方】
・Aを混ぜておく。豚肉と野菜は食べやすいサイズに切る。
・フライパンで油を熱し、中火で豚肉を炒める。片面が色づいたら塩胡椒をして、いったん取り出す。
・残った油で野菜を炒める。最初にざっくり油を絡めたら、あとはあまりいじらず焼き色をつけるとよいです。
・しんなりしてきたら、うどんを投入。お水を大2ほど掛けるとほぐれやすくなります。
・だいたいほぐれたらAを投入。お野菜と混ぜ合わせつつ炒めます。
・水分が飛んだらかつお節(ひとつかみぐらい)と塩胡椒で調味。
・器に盛ってさらにかつお節をのせたら、
・できあーがーりー。

カクテル調味液でまんべんなく味付けると、うどんにしっかり味がついて失敗しません。もしパンチが足りないな、と思ったら仕上げに若干お醤油をかけ回して焦がしてもいいかも。
posted by ながた at 04:03| ごはん

麻婆豆腐(李錦記版)



麻婆豆腐のタレをいろいろ試してみて、自己流につなげていこうチャレンジ。
李錦記シリーズ(S&B)です。
美味しいですね。もうこれでいいんじゃないかな。

http://www.sbfoods.co.jp/products/catalog/products_detail.php?GDSCODE=14489

【材料】(2〜3人分)
・絹ごし豆腐 300g(約1丁)
・合挽き肉 120g
・白ネギ 1/2本
・ごま油 大1
・この商品 1袋

【作り方】
・豆腐は賽の目切りして水切り(お湯で2分茹でてしっかり水気を切る)。長ネギは粗みじん。
・フライパンに油をひき、合挽き肉を炒めます(弱火)よくほぐす。
・火が通ったら一旦火を止めて、ソースを入れて絡ませる。
・お豆腐を入れてフタをして弱火で3分〜煮る。
・長ネギを加えて、強火で30秒。

袋裏説明よりもお肉ネギ増量です。火加減や時間は「おいしそう」で判断してください。
posted by ながた at 04:03| ごはん

2017年03月09日

スープカルボナーラ



「カルボ、好きだけど濃いなあ…」という日にはスープタイプ!(そこまでして食べんでも)

【材料】(2人分)
・パスタ 180g
・ベーコン 50g〜
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 大1

-コンソメの素 1個
-水 250cc

-卵黄 2個
-生クリーム 60cc(無ければ牛乳60ccで。下とあわせて200cc)
-牛乳 140cc
-パルメザンチーズ 30g(またはスライスチーズ3枚)
塩胡椒 少々
粗挽き胡椒 お好みで

【作り方】
・ベーコンは細切り、にんにくは薄切り。
・フライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、ベーコンとにんにくを炒める。香りが立ったらAを加えて中火にし、ひと煮立ちしたら火を止める。(牛乳や生クリームに熱が入りすぎないように温度を下げます)
・パスタを茹で始める(表示時間より1分短く)
・Bを別ボウルなどで混ぜ合わせ、フライパンに投入。弱火にかけ、塩胡椒で味を調える。
・茹で上がったパスタを加え、温めて器に盛る。最後にお好みで粗挽き黒胡椒。このカルボはクリーミィなので無くてもいいです。
・できあーがーりー。

こっち↓が濃すぎる方には。食べやすいですよ。
http://sainotsuno.net/post-335/

【参考】栄養士先生の2冊(これは2の方)

ありがとうございます。
posted by ながた at 16:22| ごはん

辣白菜(ラーパーツァイ)



白菜の甘酢漬けですが、熱したごま油の風味がポイント。

【材料】(作りやすい量)
・白菜 500g
・しょうが 1かけ
・酢 大4
・砂糖 大4
・赤唐辛子 1/2本
・塩 大1
・水 100cc
・ごま油 大1.5
・花椒 少々(あれば)

【作り方】
・白菜を洗って切ります。葉はざく切り、茎は4cmぐらいの長さに切ってから、拍子切り(縦に繊維に沿って細切り)。しょうがはほそーく千切り。赤唐辛子は種を除いて小口切り。
・ポリ袋に入れ、塩を振り水を入れて、振ったり揉んだりして馴染ませたあと、空気を抜いて重しを載せてしばらく(10分〜)放置。
・甘酢作り。ボウルに酢、砂糖、しょうが、赤唐辛子、花椒を混ぜます。
・白菜の水が上がったら、取り出してしっかり絞って水気を切る。それを甘酢に入れて混ぜる。
・小フライパンでごま油をキンキンに熱して、白菜に回しかけます。
・できあーがーりー。すぐでもいいですが、冷蔵庫に入れて30分ぐらい馴染ませるとさらによし。

ごま油にしょうがや唐辛子を入れて風味を乗せるやり方もあるようです。どのタイミングでなにを入れるかお好みを探してください。ちょっとにんじんの千切りを混ぜるのも彩りが良さそうです。

500でもこのぐらいに縮まります↓

posted by ながた at 03:03| ごはん

じゃこおろし



すって載せるだけ!でもおいしい!タカヂアスターゼで消化にもいいよ!

【材料】(適量)
・大根 適量
・ちりめんじゃこ 適量

【作り方】
・大根をすります。最近はいいおろし器がいろいろあるので試してみてください。ふんわり仕上がったり、逆に粗めに素材感を残したり。お好みで。
・ちりめんじゃこを好きなだけ載せます。堅いので柔らかいのでもお好みで。
・さらにお好みでお醤油、ポン酢をおかけになるとよろしかろう。
・できあーがーりー。

調理中スキマ時間で立派なサイドディッシュになります。濃い味付けの和風メインと特に相性いいですね。
posted by ながた at 02:03| ごはん

ほうれん草のクリームパスタ



ほうれん草(+ベーコン)は炒めタイプも美味しいですが、クリームでもナイス。

【材料】(2人分)
・パスタ 160g
・ほうれん草 1袋
・ハム 4枚〜(ベーコン 40g〜)
・バター 大1
・小麦粉 大2
・牛乳 300cc
・パスタの茹で汁 おたま2杯分
・コンソメ 1個(大1)
・粗挽き黒胡椒 少々

【作り方】
・ほうれん草はよく洗って4cmぐらい幅に。ハムは半分に切って1cm幅に。
・フライパンにバターを入れて温め、ほうれん草とハムを炒める。
・パスタを茹で始める(1分短め)
・フライパンを弱火にして、小麦粉をまんべんなく振り、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
・牛乳をすこしずつ入れてダマにならないよう混ぜる。
・おたま2杯の茹で汁、コンソメを入れてとろみが出るまでよく混ぜる。
・茹で上がったパスタを投入、よく混ぜる。味を見て薄味なら塩。
・器に盛ってお好みで胡椒を。
・できあーがーりー。

まあ多少ダマになっててもそれもまた家庭料理の味わいです!

【参考】
ありがとうございます。
Cpicon ほうれん草のクリームパスタ by sucoco
posted by ながた at 02:03| ごはん

葉にんにくの豚オイスター炒め



どんな野菜でも豚肉とオイスターソースで炒めれば旨いのではないかという疑問はさておき。葉にんにくは甘みと香りが特にあいます。

【材料】(2人分)
・葉にんにく 1袋(4〜5本)
・豚バラ 100g〜
・えのき 1/2袋(100g、無くても可)
・塩胡椒 少々
・酒 大1.5
・オイスターソース 大1.5
・ごま油 大1

【作り方】
・葉にんにくを洗って切る。茎は斜め切り、葉は4cmぐらいのざく切り。豚肉は食べやすい大きさに。えのきはバラしておく。
・フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒め(中火)、色づいたら塩胡椒。
・葉にんにくとえのきを加えさらに炒め合わせ。あまり強火だと豚が縮まっちゃいますので中火以下がおすすめ。葉にんにくは(ニラと違って)長めに火を通してクタッとなるぐらいのほうが甘みが増します。
・いいかんじになったら、酒&オイスターソースと入れ、ちょっと火を強めてアルコール飛ばす感じでちゃかちゃかっと炒めます。
・できあーがーりー。

白ごはんがどんどん消費されます。
えのき入りの方がソースが絡むのですが、無いのもシンプルで美味しいですよ。
写真は薄切りの代わりにミンチです。なんでもいけると思います。

【参考】
ありがとうございます。
Cpicon 葉にんにくと豚バラのオイスターソース炒め by 猫柳商店
posted by ながた at 02:03| ごはん

八丁味噌(カクキュー)



ライフで味噌フェアをやってまして、「1645年から!」と絶叫しておりそういうのに弱いので購入しました。
友人が名古屋に居るのでたまに東海圏に行くのですが、封を空けた瞬間、あそこで事あるごとに香ってくる「あの香り」が立ち上ってニッコリ。
色はとても濃いですがそこまで辛くなく味噌臭くもなく、甘みがあって食べやすいです。そのままお味噌汁ももちろんいいのですが、かの地方のように塗ったり煮込んだり、でなお輝く。
ただし個性が強いので、他味噌と混ぜて使うと少量でも自己主張してきます。
でもうまい。

http://www.kakukyu.jp/
posted by ながた at 02:03| ごはん

2017年03月08日

牛肉とセロリの炒め煮



爽やかなセロリが牛肉の濃さといいマッチング!セロリ好きにもセロリ嫌いにも。

【材料】(2人分)
・セロリ 2本〜
・牛肉 100g(安価なコマ・切り落としで十二分)
・オリーブオイル 大1弱(サラダ油でも)

-しょうゆ 大1
-みりん 大1
-酒 大1/2
-砂糖 大1/2
-だし 50cc(粉末を溶いたので)

【作り方】
・セロリは茎を1cm幅の斜め切り。葉は適当なサイズに。牛肉も食べやすい大きさに。
・フライパンで油を熱し、牛肉を炒めます。中火ぐらい。
・色がだいたい変わったら、セロリを入れて1分ほど炒めます。
・Aを入れて、煮汁が半分ぐらいになるまで煮ます。
・できあーがーりー。

【参考】
秋川牧園さんのおまけレシピ。
posted by ながた at 16:22| ごはん

2017年02月11日

碁石茶



高知県は大豊町の名産・碁石茶です。乳酸発酵させて碁石のように切り出してあるのでその名がついたとか。作り手の後継者不足により、品薄で高価です。独特の甘みと酸味がいかにも「健康によさそう!」。でも普通においしいですよ。



こんな感じでパイ生地のように層になってます。








 



 
posted by ながた at 00:02| ごはん

2017年02月09日

白菜漬け



もう冬の副菜はこれだけでいいんじゃないかな……

【材料】
・白菜 300g
・塩 小1/2
・(梅)昆布茶 小2/3〜1
・酢 小1
・赤唐辛子 1/2本

【作り方】
・白菜をお好きな大きさ・形に切る。
・ビニール袋に入れて、塩、昆布茶、酢、赤唐辛子(種は取り、適当にちぎる)を入れる。空気をたっぷり入れて口をしっかりねじって握って、
・シェイク・シェイク・ブギーな胸騒ぎ
・なんとなくしなっとしたら、逆に空気を押し出して、ぴっちり口を結び閉じる。
・冷蔵庫で1時間ぐらいでできあーがーりー。浅漬けですけどポリポリおいしい。翌日もまたいいですよ。

蕪の薄切り、大根の細切り、でもできます。
お昆布と塩(漬け対象重量の3%)だけでやると上品なお味になりますが、1日掛かります。昆布茶にちょこちょこ混ぜてあるアミノ酸やお砂糖が味を整えてくれるみたいですね。
posted by ながた at 16:22| ごはん

2017年02月08日

白麻婆豆腐



「それもう麻婆豆腐じゃねぇだろ!」とお怒りの声はごもっとも。しかし辛いもの苦手な方には福音!あと「なんとか醤」が無くてもできるのも。

【材料】(2〜3人分)
・豆腐 1丁(これは絹ごしの方がよいです)
・豚挽肉 150g
・白ネギ 1/2本
・にんにく・しょうが(すりおろし/みじん切り) 少々
・油 大1

-水 200cc
-酒 大1
-鶏ガラスープの素 大1
-ごま油 大1/2
・水溶き片栗粉 片栗粉大1 水大2
・青ネギ お好みで

【作り方】
・お豆腐をお好きなサイズに楽しく切る。白ネギはみじん切り
・フライパンに油を熱し、にんにく、しょうが、白ネギを温める。
・香りが立ったら中火にして、挽肉を炒める。
・挽肉の色が変わったらAを加えてひと煮立ち、豆腐も加えて少し煮る。
・水溶き片栗粉を少しずつ入れてとろみをつける。
・器に盛って、お好みで青ネギを散らす。
・できあーがーりー。

お豆腐を事前に別鍋にてお湯で3〜5分ほど温めると、より水っぽくならないです。

【参考】栄養士先生の2冊(これは2の方)

ありがとうございます。
posted by ながた at 03:02| ごはん

2017年02月07日

親子丼



母がよく作ってくれた(る)のですが、自分で作ってみて理由がわかりました。
簡単ですねこれ。

【材料】(2人分)
・鶏肉 100g(ももでも胸でもお好きな方で)
・卵 4個
・たまねぎ 1/2個
・ごはん お好きなだけ
(・みつば お好みで)

-水 160cc
-しょうゆ 大2
-みりん 大2
-酒 大1
-砂糖 大1/2
-顆粒和風だし 大1

【作り方】
・鶏肉は一口大に。小さめの方が火の通りが安心。卵は軽くとく。たまねぎは薄切り。
・鍋にAとたまねぎを入れ、強め中火で2分。
・鶏肉を入れて、中火で2分。
・鶏の火の通りが大丈夫そうなら、溶き卵の2/3を入れる。フタをして弱火で2分。
・フタをとって残りの卵を入れ、またフタをして、強め中火で10秒。
・丼にごはんを盛って、その上から掛ける。よかったらみつばも。
・できあーがーりー。

卵2段投入による「ふわ」「トロ」の両立がトレンドですが、けっきょく火加減は練習ですね(笑)

【参考】栄養士先生の2冊(これは1の方)

ありがとうございます。
posted by ながた at 04:02| ごはん

2017年02月06日

葉にんにくとベーコンのペペロンチーノ



「葉ニンニク」が手に入ったのですが、使い方がわからない……こんな時はクックパッドだ。

【材料】(2人分)
・葉にんにく 1束(100g)
・パスタ 180g
・ベーコン 2枚〜(50g程度)
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 大2
・赤唐辛子 1/2本
・塩胡椒 少々

【作り方】
・お湯を沸かします。2Lほど。沸いたらお塩、大1.5ぐらい。
・ベーコン、葉にんにくをお好みのサイズに切り、炒めます。オリーブオイル少しで。いいかんじになったらいったん取り出します。
・パスタ茹で開始。(短くて済むパスタならもうちょい遅いタイミングでも)
・オリーブオイル大2を投入、4つ切りにしたにんにくを弱火で揚げます。フライパンを傾けて。きつね色になったら取り出します。火を止めます。
・赤唐辛子を二つ割りぐらいにして、ぽいぽいっと。20秒で取り出す。
・パスタの茹で汁を大1ずつ2回、入れてはフライパンをぐるぐる回し、入れては回し。
・茹で上がったパスタをザルにあげ、湯を切って、フライパンに投入。ぐるぐる回してオイルを吸わせる。
・ベーコンと葉にんにくも入れてまぜまぜ、あっためる感じで弱火オン。消えたままでもよし。
・できあーがーりー。

葉にんにくの甘みが、ベーコンの塩気とマッチ。きょうは揚げ終わり粒にんにくの方も混ぜちゃってもいいかも。

【参考】
Cpicon 有機葉にんにくぺペロンチーノ by アースエイド
ありがとうございます。
posted by ながた at 06:02| ごはん

2017年02月05日

鍋キューブ(濃厚白湯)にて鍋



鍋キューブ便利ですよね。具は、豚バラスライス、白菜、菊菜、白ネギ、ニラ、人参、大根、えのき。タイトル通り味も濃いのでご飯がすすみます。



そして翌昼は旨みが出尽くしたスープを水増しして、マルタイ棒ラーメンを2人前。青ネギを散らしていただきます。
美味しい。
posted by ながた at 05:02| ごはん

2017年02月04日

恵方巻き



丸かーぶーりー。今年は北北西。
母が「何本巻くのも手間は同じ」という勢いで巻きまくってくれたので、いただきました。



多かったので晩御飯にも……
posted by ながた at 08:02| ごはん

2017年02月03日

べか菜(白菜)・豚肉・春雨のオイスターソース蒸し



「べか菜って!」でも大丈夫、白菜とだいたい同じように使えます。ウチならこれ。

【材料】(2人分)
・豚バラ肉薄切り 100g
・べか菜 1袋(白菜 200gでも)
・春雨(乾燥) 40g
・生しいたけ 4枚(80g)(省略可)
・赤唐辛子 1/2本(1mm幅輪切り)

-にんにく(すりおろし) 1/2かけ
-しょうが(すりおろし) 少々
-オイスターソース 大1
-ごま油 大1
-醤油 小2
-塩胡椒 少々

【作り方】
・豚バラをお好きな大きさに切り、ボウルにAと赤唐辛子とともに入れ、よく揉み込む。
・べか菜は軸と葉に分け、一口大のざく切り。
・しいたけは軸を外し、薄切り。
・春雨は戻さずそのまま。長過ぎるようなら適宜切る。
・フライパンに、春雨、べか菜軸、べか菜葉、しいたけ、豚肉の順に敷く。
・水 100ccを回し入れ、フタをして中火で8分蒸す。
・蒸気を噴いて水分がほどよく無くなってきたら、フタを開けて春雨をほぐしながら全体をざっくり混ぜ、さらに水分を飛ばす。
・できあーがーりー。

肉と野菜の旨みを吸い込んだ春雨が絶品。ごはんがすすみます。
にんにく・しょうがはお好きな人はみじん切りでも。

【参考】
「きょうの料理ビギナーズ」から。
ありがとうございます。
posted by ながた at 02:02| ごはん

2017年02月02日

カブとささみのバター醤油蒸し焼き



やや力づくですが、あっさりが身上の蕪&ササミがコッテリ仕上がります。ごはんのお供に。

【材料】(2人分)(写真は4人分です)
・蕪 中2個
・ささみ 2本
・バター 大1
・バター(仕上げ用) 小1
・酒 大1
・醤油 大1
・塩胡椒 少々

【作り方】
・ささみは食べやすい大きさに切り、塩・胡椒。
・蕪は皮を剥き、食べやすい大きさに。葉もあれば、長さ3cmに。
・フライパンにバターを温め、蕪と絡ませて、フタをして、弱火で蒸し焼き。一度裏返す。
・蕪が透き通ってきたら、ささみ、蕪の葉、酒を投入。
・葉がしんなり、ささみにも火が通ったら、塩胡椒、醤油。
・火を止めて、仕上げバターをからめる。

【参考】
秋川牧園さんの毎週配られる小レシピ集
ありがとうございます。
posted by ながた at 06:02| ごはん

2017年02月01日

ケンミンの焼きビーフン



手軽な米麺といえば関西ではこれ。以前はTV観てるといやというほどシュールなCMが流れたものですな!

【材料】(2人分)
・ケンミンの焼きビーフン 2袋
・豚肉(バラ薄切りなど) 2枚(50gぐらい)
・野菜各種 適当に(例:キャベツ 2枚、にんじん 1/4本、ピーマン 1/2個、白ネギ 10cm程度)
・サラダ油 大1
・水 340cc

【作り方】(ほぼ袋指示どおり)
・フライパンで油を温めます。豚肉を平たく並べ、その上にビーフン、その上にビーフンを野菜をのせる。
・水340ccを注ぎ、ふたをして強火で3分。
・ふたをとり、ビーフンの色むらがなくなるように全体を軽くまぜ、残った水分をほどよくとばす。
・できあーがーりー。

味付けの必要がないと、まずくなりようがないです。麺ローテの変化球にいかが。(他地方の方は関西土産にでも)

【公式サイト】
http://www.kenmin.co.jp/item/15009.html
posted by ながた at 05:02| ごはん

2017年01月30日

焼肉



肉焼は原始の喜び。鶏、キャベツ、白ネギと共に。冷たい豆もやしと蕪の浅漬けがまたうまい。
posted by ながた at 02:01| ごはん

2017年01月28日

ダイショー「博多水炊きスープ」でお鍋



シンプルな鶏スープでした。がぶがぶ飲めるのでどんどん無くなって、お湯を注ぐはめに。

具は白菜、菊菜、白ネギ、しめじ、豆腐、人参、鶏団子、豚バラ薄切り。
鶏団子は袋裏レシピで、鶏ミンチ200g、白ネギみじん切り20g、卵黄1、片栗粉 小1、酒 小1、しょうが汁少々、塩少々、を粘りが出るまでこねたもの。
最後はラーメン、マルタイのがあったのでそれで。
ごちそうさまです。

http://www.daisho.co.jp/item/detail/i/133362/
posted by ながた at 03:01| ごはん

2017年01月27日

羽二重くるみ



金花堂はや川 羽二重くるみ。



福井旅行のおみやげ。もっちり甘くて美味しいです。

http://habutaekurumi.com/

 
posted by ながた at 05:01| ごはん

白菜とてんぷらの炊いたん



関西で「てんぷら」というと魚のすり身を揚げたもの。昔は商店街に旨いてんぷら屋があって……見た目よりしっかり味がついてて、主菜でもイケます。

【材料】(2人分)
・白菜 150g
・すり身のてんぷら 1枚
・だし 200cc(お湯に粉末溶けばいいです)
・薄口醤油 少々(お好みで)

【作り方】
・フライパンで水200ccを沸かし、白菜を入れ(大きいままでも、3-4cm幅にざく切りにしても)、フタをして1分。白菜を返してフタをしてもう1分。蒸し焼きです。
・ざるに上げて、塩少々をふり、さます。粗熱が取れたら水気を絞る。
・鍋にだし、お好きなサイズに切った天ぷらをいれて、煮立てます。
・さっき絞った白菜投入。塩少々を振って味付け。味が馴染むように中火で少し煮ます。
・味見をして、お好みで薄口醤油を。
・できあーがーりー。
鍋を氷水などに突っ込んで冷ますと白菜の色がとてもキレイに出ますが、冬はあったかいままがいいですね。

白菜を下茹でして絞るので水っぽくなりません。ひと手間ですが効果大です。

【参考】
「土井善晴のレシピ100」土井善晴

ありがとうございます。
posted by ながた at 02:01| ごはん

2017年01月26日

パッタイ



パッタイペーストさえあればいつでもタイの味(?)麺類ローテーションにアクセント。業務スーパーのペーストおいしいです。

【材料】(2人分)
・パッタイペースト 150g
・フォー、ビーフンなど米麺 200g(もう少し少ない方がいいですが、だいたい200g単位なので)
・鶏肉 100g(豚でも。海老なら4尾)
・厚揚げ 1/3個〜
・もやし 100g
・ニラ 1/3束
・水60g
・塩胡椒 少々
・油(ごま、サラダ、オリーブなんでも) 大1
・ライム(レモンでも) 1切れ
・(お好みで)シャンツァイ 少々

【作り方】
・まずフォーを固めに戻します。袋の指示に従って。
歯応えの好きな方は冷水で締めて。柔らかいのがお好きなら湯切り後放置。
・フライパンで油を熱し、まず海老と厚揚げを焼き付ける感じで炒めます。
・火が通ったら、フォー、水、パッタイペーストを投入。かき混ぜながら炒めていきます。塩胡椒を軽くしておくと味が整いますが、テーブルで各自でもよいです。
・水分が無くなってきたら、もやしとニラを入れて軽く火を通す。
・器に盛ったら(お好みで)シャンツァイを散らし、ライムを絞る。
・できあーがーりー。

【リンク】
業務スーパーのパッタイペーストは人気高いですね。
http://kaketayo.net/gyoumu-de-phud-thai/
http://kenich1014.exblog.jp/26241527
posted by ながた at 03:01| ごはん

2017年01月25日

水菜とじゃこのポン酢サラダ



「赤水菜とじゃこのポン酢サラダ」を普通の水菜で作るとこうなります。
もちろん美味しいです。
posted by ながた at 05:01| ごはん

2017年01月24日

きざみうどん



大阪でベーシックなうどんといえば、(たぶん)「けつね」ではなく「きざみ」になると思います。おだしをひくと、香りがごちそうです。

【材料】(2人分)
・うどん 2玉((関西風などの)やわらかいのがベターです)
・薄揚げ 1枚(半分に切って短冊状に細く切る。湯通しはお好みで)
・青ネギ お好きなだけ
(他、おぼろ昆布やかまぼこなども。薬味に七味唐辛子)
●おだし
・水 800cc
・薄口醤油 50cc
・みりん 25cc
・昆布 7〜8cm角
・削り節(そのまま食べる用) 小分け2パック
・削り節(だし用) 上のと合わせて20gになる量

【作り方】
・だしの材料を全て鍋に入れ、中火にかける。煮立ったらアクをとる。5〜6分煮出して、別鍋に茶こしで濾しておく。ぎゅーっと絞って一滴残らず気分で(ふきんで濾すとなおよし、ですが面倒なので)
・そこに油揚げを入れて温める。
・さっき使った鍋からだしがらを取り出し、お湯を沸かしてうどんを茹でる。(もちろん別鍋を事前に沸かしておければいいのですが、鍋だらけになってしまうので……)
・茹だったらざるかなにかで湯切りをして、(できればお湯で温めておいた)鉢に盛る。
・上からおだしを掛け、ネギを乗せる。
・できあーがーりー。
お好みで七味唐辛子をおかけになって。

【参考】
「土井善晴のレシピ100」土井善晴

ありがとうございます。
posted by ながた at 03:01| ごはん

2017年01月23日

「ル・プルミエカフェ」の珈琲と「PAUL」のパン



昨日義父母とランチしまして、持ってきてくださったのが娘の好きな「PAUL」のパン。こちらも手土産にと道すがら「ル・プルミエカフェ」さんに立ち寄って豆を買いまして、自宅用もついでに。こんな贅沢な朝ごはん、のんびり食べてていいんですかねえ(もっしゃもっしゃ)



豆はまたケニア・キリニャガです。うまい。
posted by ながた at 06:01| ごはん