2017年02月03日

べか菜(白菜)・豚肉・春雨のオイスターソース蒸し



「べか菜って!」でも大丈夫、白菜とだいたい同じように使えます。ウチならこれ。

【材料】(2人分)
・豚バラ肉薄切り 100g
・べか菜 1袋(白菜 200gでも)
・春雨(乾燥) 40g
・生しいたけ 4枚(80g)(省略可)
・赤唐辛子 1/2本(1mm幅輪切り)

-にんにく(すりおろし) 1/2かけ
-しょうが(すりおろし) 少々
-オイスターソース 大1
-ごま油 大1
-醤油 小2
-塩胡椒 少々

【作り方】
・豚バラをお好きな大きさに切り、ボウルにAと赤唐辛子とともに入れ、よく揉み込む。
・べか菜は軸と葉に分け、一口大のざく切り。
・しいたけは軸を外し、薄切り。
・春雨は戻さずそのまま。長過ぎるようなら適宜切る。
・フライパンに、春雨、べか菜軸、べか菜葉、しいたけ、豚肉の順に敷く。
・水 100ccを回し入れ、フタをして中火で8分蒸す。
・蒸気を噴いて水分がほどよく無くなってきたら、フタを開けて春雨をほぐしながら全体をざっくり混ぜ、さらに水分を飛ばす。
・できあーがーりー。

肉と野菜の旨みを吸い込んだ春雨が絶品。ごはんがすすみます。
にんにく・しょうがはお好きな人はみじん切りでも。

【参考】
「きょうの料理ビギナーズ」から。
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:02| ごはん

2017年02月02日

カブとささみのバター醤油蒸し焼き



やや力づくですが、あっさりが身上の蕪&ササミがコッテリ仕上がります。ごはんのお供に。

【材料】(2人分)(写真は4人分です)
・蕪 中2個
・ささみ 2本
・バター 大1
・バター(仕上げ用) 小1
・酒 大1
・醤油 大1
・塩胡椒 少々

【作り方】
・ささみは食べやすい大きさに切り、塩・胡椒。
・蕪は皮を剥き、食べやすい大きさに。葉もあれば、長さ3cmに。
・フライパンにバターを温め、蕪と絡ませて、フタをして、弱火で蒸し焼き。一度裏返す。
・蕪が透き通ってきたら、ささみ、蕪の葉、酒を投入。
・葉がしんなり、ささみにも火が通ったら、塩胡椒、醤油。
・火を止めて、仕上げバターをからめる。

【参考】
秋川牧園さんの毎週配られる小レシピ集
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 06:02| ごはん

2017年02月01日

ケンミンの焼きビーフン



手軽な米麺といえば関西ではこれ。以前はTV観てるといやというほどシュールなCMが流れたものですな!

【材料】(2人分)
・ケンミンの焼きビーフン 2袋
・豚肉(バラ薄切りなど) 2枚(50gぐらい)
・野菜各種 適当に(例:キャベツ 2枚、にんじん 1/4本、ピーマン 1/2個、白ネギ 10cm程度)
・サラダ油 大1
・水 340cc

【作り方】(ほぼ袋指示どおり)
・フライパンで油を温めます。豚肉を平たく並べ、その上にビーフン、その上にビーフンを野菜をのせる。
・水340ccを注ぎ、ふたをして強火で3分。
・ふたをとり、ビーフンの色むらがなくなるように全体を軽くまぜ、残った水分をほどよくとばす。
・できあーがーりー。

味付けの必要がないと、まずくなりようがないです。麺ローテの変化球にいかが。(他地方の方は関西土産にでも)

【公式サイト】
http://www.kenmin.co.jp/item/15009.html
posted by 犀角 at 05:02| ごはん

2017年01月30日

焼肉



肉焼は原始の喜び。鶏、キャベツ、白ネギと共に。冷たい豆もやしと蕪の浅漬けがまたうまい。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月28日

ダイショー「博多水炊きスープ」でお鍋



シンプルな鶏スープでした。がぶがぶ飲めるのでどんどん無くなって、お湯を注ぐはめに。

具は白菜、菊菜、白ネギ、しめじ、豆腐、人参、鶏団子、豚バラ薄切り。
鶏団子は袋裏レシピで、鶏ミンチ200g、白ネギみじん切り20g、卵黄1、片栗粉 小1、酒 小1、しょうが汁少々、塩少々、を粘りが出るまでこねたもの。
最後はラーメン、マルタイのがあったのでそれで。
ごちそうさまです。

http://www.daisho.co.jp/item/detail/i/133362/
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月27日

羽二重くるみ



金花堂はや川 羽二重くるみ。



福井旅行のおみやげ。もっちり甘くて美味しいです。

http://habutaekurumi.com/

 
posted by 犀角 at 05:01| ごはん

白菜とてんぷらの炊いたん



関西で「てんぷら」というと魚のすり身を揚げたもの。昔は商店街に旨いてんぷら屋があって……見た目よりしっかり味がついてて、主菜でもイケます。

【材料】(2人分)
・白菜 150g
・すり身のてんぷら 1枚
・だし 200cc(お湯に粉末溶けばいいです)
・薄口醤油 少々(お好みで)

【作り方】
・フライパンで水200ccを沸かし、白菜を入れ(大きいままでも、3-4cm幅にざく切りにしても)、フタをして1分。白菜を返してフタをしてもう1分。蒸し焼きです。
・ざるに上げて、塩少々をふり、さます。粗熱が取れたら水気を絞る。
・鍋にだし、お好きなサイズに切った天ぷらをいれて、煮立てます。
・さっき絞った白菜投入。塩少々を振って味付け。味が馴染むように中火で少し煮ます。
・味見をして、お好みで薄口醤油を。
・できあーがーりー。
鍋を氷水などに突っ込んで冷ますと白菜の色がとてもキレイに出ますが、冬はあったかいままがいいですね。

白菜を下茹でして絞るので水っぽくなりません。ひと手間ですが効果大です。

【参考】
「土井善晴のレシピ100」土井善晴

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月26日

パッタイ



パッタイペーストさえあればいつでもタイの味(?)麺類ローテーションにアクセント。業務スーパーのペーストおいしいです。

【材料】(2人分)
・パッタイペースト 150g
・フォー、ビーフンなど米麺 200g(もう少し少ない方がいいですが、だいたい200g単位なので)
・鶏肉 100g(豚でも。海老なら4尾)
・厚揚げ 1/3個〜
・もやし 100g
・ニラ 1/3束
・水60g
・塩胡椒 少々
・油(ごま、サラダ、オリーブなんでも) 大1
・ライム(レモンでも) 1切れ
・(お好みで)シャンツァイ 少々

【作り方】
・まずフォーを固めに戻します。袋の指示に従って。
歯応えの好きな方は冷水で締めて。柔らかいのがお好きなら湯切り後放置。
・フライパンで油を熱し、まず海老と厚揚げを焼き付ける感じで炒めます。
・火が通ったら、フォー、水、パッタイペーストを投入。かき混ぜながら炒めていきます。塩胡椒を軽くしておくと味が整いますが、テーブルで各自でもよいです。
・水分が無くなってきたら、もやしとニラを入れて軽く火を通す。
・器に盛ったら(お好みで)シャンツァイを散らし、ライムを絞る。
・できあーがーりー。

【リンク】
業務スーパーのパッタイペーストは人気高いですね。
http://kaketayo.net/gyoumu-de-phud-thai/
http://kenich1014.exblog.jp/26241527
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月25日

水菜とじゃこのポン酢サラダ



「赤水菜とじゃこのポン酢サラダ」を普通の水菜で作るとこうなります。
もちろん美味しいです。
posted by 犀角 at 05:01| ごはん

2017年01月24日

きざみうどん



大阪でベーシックなうどんといえば、(たぶん)「けつね」ではなく「きざみ」になると思います。おだしをひくと、香りがごちそうです。

【材料】(2人分)
・うどん 2玉((関西風などの)やわらかいのがベターです)
・薄揚げ 1枚(半分に切って短冊状に細く切る。湯通しはお好みで)
・青ネギ お好きなだけ
(他、おぼろ昆布やかまぼこなども。薬味に七味唐辛子)
●おだし
・水 800cc
・薄口醤油 50cc
・みりん 25cc
・昆布 7〜8cm角
・削り節(そのまま食べる用) 小分け2パック
・削り節(だし用) 上のと合わせて20gになる量

【作り方】
・だしの材料を全て鍋に入れ、中火にかける。煮立ったらアクをとる。5〜6分煮出して、別鍋に茶こしで濾しておく。ぎゅーっと絞って一滴残らず気分で(ふきんで濾すとなおよし、ですが面倒なので)
・そこに油揚げを入れて温める。
・さっき使った鍋からだしがらを取り出し、お湯を沸かしてうどんを茹でる。(もちろん別鍋を事前に沸かしておければいいのですが、鍋だらけになってしまうので……)
・茹だったらざるかなにかで湯切りをして、(できればお湯で温めておいた)鉢に盛る。
・上からおだしを掛け、ネギを乗せる。
・できあーがーりー。
お好みで七味唐辛子をおかけになって。

【参考】
「土井善晴のレシピ100」土井善晴

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月23日

「ル・プルミエカフェ」の珈琲と「PAUL」のパン



昨日義父母とランチしまして、持ってきてくださったのが娘の好きな「PAUL」のパン。こちらも手土産にと道すがら「ル・プルミエカフェ」さんに立ち寄って豆を買いまして、自宅用もついでに。こんな贅沢な朝ごはん、のんびり食べてていいんですかねえ(もっしゃもっしゃ)



豆はまたケニア・キリニャガです。うまい。
posted by 犀角 at 06:01| ごはん

2017年01月22日

赤水菜とじゃこのポン酢サラダ



赤水菜、色鮮やかですね。残ったら翌日もよく味が染みて美味しいです。

【材料】(2人分)
・赤水菜(水菜でも) 1束
・紫たまねぎ(たまねぎでも) 1/2個
・ちりめんじゃこ 20g
・ポン酢 大1
・酢 大1
・ごま油 大1
・白いりごま 大1

・赤水菜は4cmの長さで切り、たまねぎはスライス。両方冷水にさらす。シャキッとしたらしっかり水切り(サラダスピナーやキッチンペーパー使用もあり)。
・小鉢でじゃこ、ポン酢、酢、ごま油、ごまを混ぜ混ぜ。
・器に持った水菜+たまねぎに、いま混ぜたタレを掛けてざっくり混ぜ合わせる。
・できあーがーりー。

【参考】
Cpicon 赤水菜とじゃこのポン酢サラダ by sachi825
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 16:22| ごはん

2017年01月21日

野菜をごまでアーリオオーリオ



野菜たっぷり、お昼にぴったり。見た目よりパンチの効いた味で食べ飽きません。

【材料】(2人分)
・パスタ 160g
・にんにく2かけ
・オリーブオイル 大4
・赤唐辛子 1/2本(種は抜く。さらに半分に)
・パスタの茹で汁 大4
・白ごま 大2(摺る)
●野菜各種適宜(以下は例)
・プチトマト 4個(半分に切る)
・ブロッコリー 1/4株(一口大に分ける・茎は割って小さめに)
・白ネギ 少々(斜め切り)
・水菜 少々
(アスパラガス、ヤングコーン、ベビーリーフ、ルッコラ、たまねぎ、小松菜、白菜などお好みで)

【作り方】
・ごまを摺ります。摺ってあるのでも可ですが、香りの立ち方が違うので、ここはなんとか。
・野菜を一口大に切ります。
・パスタの湯を沸かします。沸いたら塩を(2Lに対して大2)。
・にんにく唐辛子オイルを作ります。にんにくを4等分したら、オリーブオイルに浸してフライパンを傾け、強火。泡が出てきたらすぐ弱火。3〜4分かけてじっくり火を通します。きつね色になるまで。
・火を止めてにんにくを取り出します。唐辛子を入れます。20秒ぐらいで。(本当はちょっと冷めてからの方が焦げなくていいのですが、なんとかなります)取り出しておきます。(にんにくには塩を振って食卓に出すとおつまみに)
・そのオイルに、プチトマト、たまねぎなど火を入れたい野菜を投入。火はつけないか、つけてもとろ火。
・パスタと野菜を茹で始めます。
野菜それぞれの茹だる時間と、パスタの茹で時間を計算して、投入順を考えてください。たとえば4分でアルデンテなディチェコの1.4mmでしたら、ブロッコリー茎>しばらくしてパスタ(1分タイマーセット)>鳴ったらブロッコリー葉(3分タイマーセット)>鳴ったら全部ザルあげ。
・茹で汁をソースに加えます。大1入れたら、フライパンをぐるぐる回して(もちろん水平方向ですよ)混ぜます。よく混ざったな、と思ったらまた大1。これをオイルと同量ぐらい(大4ほど)まで。ドレッシング状になればOK。
・茹で上がりのパスタと野菜を投入。よく湯切りして。パスタをトングなどでぐるぐる回してオイルを絡めます。
・若干温度が下がりすぎてそうならとろ火にかけてください。白ネギはここで。
・そしてすりごま。これがオイルとパスタを馴染ませてくれます。
・最後に生でも食べられる水菜などを絡めます。このへんはあまり火を通すとヘニョヘニョになっちゃいますので、ザッと。
・できあーがーりー。
見るからに健康なビジュアル、ブロッコリーやアスパラガス多めなら意外なボリューム、そして胡麻の香ばしさ。イケますよ。

【参考】
「「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ」落合務

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月20日

若狭ガレイの一夜干し



母が越前海岸へカニを食べに行き、そのおみやげ。曰く、「若狭鰈、なかなか手に入らへんらしいで!」たしかに美味しくて、奥さんと二人黙々と身をむしりました。右上は水菜サラダ。またいずれ。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月19日

チキン南蛮



みんな大好きチキン南蛮。揚げて絡めてタルタルを載せると超ごちそうに。ちょっと手間ですけどね。

【材料】(2人分)
・鶏肉(もも/むね) 2枚(300g〜)
・小麦粉・揚げ油 適量
・溶き卵 1〜2個
●下味
-酒 大1.5
-しょうが(すりおろし) 少々
-塩・胡椒 少々
●甘酢だれ
-酢 大4
-しょうゆ 大3.5
-砂糖 大3
●タルタルソース
-ゆで卵 2個
-たまねぎ 1/4個
-マヨネーズ 大5
-牛乳 大1
-砂糖 小1/4
-塩・胡椒 少々

【作り方】
・ゆで卵を茹でます。ゆで方いろいろありますが、結局「かぶるお湯に入れてコトコト沸騰したまま12分」が手頃ですね……もちろんどんなやり方でも。
・たまねぎはみじん切り。水にさらす(できれば何度か水を替える)
・下味の材料をボウルで混ぜます。
・鶏肉はやや大きめの一口大に切ります。ボウルに入れ下味に絡めます。
・甘酢だれの材料を小鍋で混ぜ合わせ、ひと煮立ち。
・別のボウルでタルタルソース。たまねぎを絞って水気を切ったもの、ゆで卵のみじん切り、その他材料を合わせてよく混ぜます。
・鶏肉に小麦粉をまぶし、溶き卵を絡めます。
・フライパンに揚げ油を1cmほど入れて、鶏を入れて揚げ焼きます(180℃になってから入れるのがベターですが、冷たいところからやっても大丈夫です)
・いいかんじに縁がカリッとしてきたら(パン粉付いてないので色は薄いです)、取り出して油をちゃちゃっと切って、甘酢だれにささっと浸します。
・お皿に並べたら、タルタルソースをたっぷりかけます。お好みでパセリを散らす。
・できあーがーりー。
サニーレタスやキャベツをお肉の下に敷いておくと、彩りはもちろん、タルタルソースや甘酢だれのあまりが絡まって、おいしいですよ。サラダ要らず。

【参考】
栄養士先生の2の方。毎度食べやすいですね。

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月18日

豚とキャベツの味噌炒め



甘くて辛くてごはんが進みまくる。さあおなかいっぱいめしあがれ。

【材料】(2人分)
・豚肉 100g
・キャベツ 200g
・しょうが 5g
・にんにく 1かけ
・みそ 30g
・砂糖 大1.5
・豆板醤 小1
・塩、サラダ油

【作り方】
・豚肉はお好きなサイズに。キャベツは手で大きめにちぎる。しょうが・にんにくみじん切り(潰しでも可)
・フライパンでサラダ油(大1)を熱して、キャベツ投入。塩少々であまりいじらず中火で焼き炒める。ちょっとしんなりしたら、いったん取り出す。
・サラダ油(大0.5)を追加して、しょうが・にんにくを投入。すぐ火が通って香りが立つので、豚肉を広げて投入。
・片面に焼き色がついたら、砂糖、みそ、豆板醤を投入。炒りつける感じでまぜまぜする。
・キャベツを戻してさっと火を通す。
・できあーがーりー。

【参考】「土井善晴のレシピ100」土井善晴
土井先生得意の味噌炒りつけレシピです。

ありがとうございます。

 
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月17日

たまごとじうどん



とろみがあったまるおうどんです。カンタンで、おなかにも優しい。

【材料】(2人分)
・うどん 2玉(ゆででも冷凍でも)
・卵 2個
・油揚げ 1枚(40g)〜
・青ネギ 2本〜お好きなだけ
・水溶き片栗粉(片栗粉 大1.5+水 大3)

-だし 700cc(だしパックや粉末でももちろんOK)
-みりん 大2
-しょうゆ 大1
-塩 小1

【作り方】
・油揚げは熱湯を掛けて油抜き。粗熱が取れたら縦半分、1cm幅の細切り。
・ネギはお好みの切り方で。小口でもよしちょっと長めに斜め切りでもよし。
・土鍋(普通の鍋でも)にAを入れ、煮立たせる。
・うどん、油揚げを入れてうどんがやわらかく踊りだすまで煮る。中火ぐらい。
・水溶き片栗粉を回し入れ、よくかき混ぜる。
・とろみがついたら卵を溶いて、少しずつ回し入れて、軽く混ぜる。(固まらない前に混ぜすぎると、だしが濁ります)
・ネギを散らして、火を止める。
・できあーがーりー。
お好みでかまぼこを載せても。

【参考】
NHK「きょうの料理ビギナーズ」から。
http://www.nhk.or.jp/kurashi/ryouri-begi/
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月16日

ブロッコリーとアンチョビのショートパスタ



カンタンでうまみ抜群。ブロアン・ゴールデンコンビの力をみよ。

【材料】(2人分)
・ショートパスタ(フジッリなど) 160g
・ブロッコリー 1株
・にんにく 1かけ
・アンチョビ 4枚〜
・オリーブオイル 大3
・塩

【作り方】
・お湯を沸かします。沸騰したら塩を入れます。2Lに大1.5。
・ブロッコリーは小分けにします。房は一口大、茎は(茹だりにくいので)小さめに。にんにくをみじん切り。アンチョビもみじん切り。
・パスタ、ブロッコリーを鍋に投入。パスタの指示時間どおり茹でます。
・フライパンで、オリーブオイルを温め、にんにくを入れて香りを立たせる(弱火)。アンチョビを炒める(中火)。火を止めます。
・パスタ&ブロッコリーが茹で上がったら、ザルでお湯を切って、フライパンに投入。
・木べらなどで柔らかくなってるブロッコリーを潰しながらかき混ぜます。お好みの潰れ度合いまで。
・できあーがーりー。
塩けが足りなければ各自テーブルにて。

ご注意:ブロッコリーは、潰すために柔らかくなるまで茹でます。パスタが早ゆでタイプですと茹で時間が足りませんので、前もってブロッコリーから先に茹でてください。

【参考】
Cpicon ブロッコリーとアンチョビのショートパスタ by 123ママ
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月15日

にんじんのマリネ



人参嫌いを公言して止まない奥さんが皿抱えて貪る一品です。にんにくがお好きな方ならぜひ。にんにく抜きでもあっさり美味しいですよ。

【材料】(2人分)
・にんじん 1本
・ハム 2枚〜

-にんにく 1かけ(すりおろし)
-オリーブオイル 大1
-酢 大1
-塩 小1/2
-粗挽き黒胡椒 少々
-ドライパセリ 少々

【作り方】
・ハムを細切りにする。
・にんじんはピーラーで薄くひらべったいきしめん状に。千切りでも可。ハムと形揃ってるといいかんじ。
・熱湯に放り込んで茹でる。シャキシャキがお好みなら10秒、柔らかいのがお好きなら3分でも。
・湯から上げたら粗熱が取れるまで待ち、水気をしっかり絞る。
・ハムと混ぜ合わせる。
・Aを混ぜ合わせて、にんじんハムと混ぜる。
・できあーがーりー。

オムレツやサラダと合わせると彩り美し〜い。



【参考】
Cpicon 【農家のレシピ】やみつきにんじんマリネ by FarmersK
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 00:01| ごはん

2017年01月14日

「とり野菜みそ」(まつや)にて鍋



話題のものには一度食いついてみねば、ということで買ってみました「とり野菜みそ」。石川県人のソウルフードだそうで。近所のスーパーで売ってました。具は豚バラ・ちくわ・白菜・菊菜・にんじん・白ネギ・えのき・豆腐。

http://www.toriyasaimiso.jp/

とても美味しいのですが、関西人にはちょっと濃い。裏面に「一袋に水を450〜500cc加えて」とありますが、700ぐらいでも全然いけると思います。でもその濃さのおかげで、白ごはんいただきながら食べるとこれが最高。途中でうどんも煮たので、炭水化物まみれ。

なに煮ても美味そうなので、冬の献立に困ったらこれで鍋、という感じです。

翌昼は中華麺ともやし(湯通しして)を投入、すりごまを掛けて味噌ラーメン……これもまたグー。写真汚くてごめんなさい。

posted by 犀角 at 04:01| ごはん

2017年01月13日

キャベツと豚バラのモツ鍋風



お手軽! 豚バラ脂とにんにくの風味あっさり、キャベツとニラがたくさんいただけます。

【材料】(2人前)
・豚バラ 100g〜(一口大)
・キャベツ 250g〜(1/4個)(一口大)
・ニラ 1/3束〜(長さ6cm)
・にんにく 1かけ(薄切り)
・赤唐辛子 1本(小口切り)
・煮汁
鶏ガラスープの素 小1/2
酒 大3
塩 小2/3
水 300cc

【作り方】
・材料を切り揃える。
・煮汁の材料を混ぜて、中火で煮立たせる。煮立ったらとろ火に落とす。
・材料を入れる。キャベツを平らに敷いて>豚肉を重ならないように載せて>にんにくを散らして>赤唐辛子を散らす。フタをして、中火3分。
・豚肉の色が変わってたら頃合い。ニラをざばっと入れてさささっと混ぜる。
・できあーがーりー。
おつゆも美味しいので、ごはんと、ちょっと辛いお漬物でもあればこれだけで献立になります。イエス!

【参考】
「ゆる自炊BOOK」

お手軽料理がたくさん載ってていい本です。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月12日

ツナとベーコンのトマトクリームパスタ



やや力づくでトマトソースを濃厚に。ベーコン&ツナの旨み破壊力。

【材料】
パスタ 160g
ツナ缶 1缶
ベーコン 40g〜(2枚)
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大2
塩胡椒
粉チーズ・パセリ

-トマト缶(カット) 1缶(400g)
-粉チーズ 大2
-牛乳(生クリーム) 50cc
-砂糖 小2
-コンソメ粉末 小1
-しょうゆ 小1

【作り方】
・Aを混ぜる。下に行くほど省略化。もうトマトジュース300ccに粉チーズだけでもいいです。
・パスタ茹でのお湯を沸かす。(沸いたら2Lに大1.5の塩)
・オリーブオイルでにんにく(みじん切り)を温めて香りを立たせる(弱火)
・お好きなサイズに切ったベーコン(ブロックを拍子切りがいいかな)を投入、中火で炒める。
・焼き色がついたら、ツナを油ごと入れる。軽く炒める。パスタも茹で始める(表示より1分短めに)。
・Aを加えてよーく混ぜる。オリーブ・ベーコン・ツナオイルとトマト缶の水分がしっかり混ざり合うような感じで。ひと煮立ちしたら塩胡椒、弱火に落とす。焦げないよう注意。
・茹で上がったパスタをよく湯切りしてざばーっと投入。ぐりぐり絡めて赤いいい色になったら器に盛って、チーズとパセリはお好みで。
・できあーがーりー。

【参考】
栄養士先生のレシピです。一度作るとわかりますが若干若い衆向けのミーティ(肉肉しい)&オイリー(油っぽい)仕上がりなので、いい大人は適当に肉気油気を抜いてください。
Cpicon ☆ツナとベーコンのトマトクリームパスタ☆ by ☆栄養士のれしぴ☆
ありがとうございます。

本も好調。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月11日

芽キャベツのガーリックバター炒め



芽キャベツは蒸し焼いてガリバタで炒めるとバリウマ。副菜にはもったいない美味しさです。

【材料】
・芽キャベツ 1袋
・にんにく 1かけ(みじん切り)
・白ワイン 大1
・水 大1
・バター 大1
・塩

【作り方】
・芽キャベツは底の固いところを5mmほど落として、十文字に切り目を入れる(めんどうなら縦半分に割っちゃうのもよし)(取れちゃった葉も普通に使えます)
・温めたオリーブオイルに放り込んで少し放置、焼き色を付ける。
・白ワイン+水を入れてフタをし、5分蒸し焼き(中火)。竹串刺してみて柔らかければOK。
・いったん芽キャベツは取り出し、フライパンにバターを溶かし、にんにくみじん切りを炒める。
・香りが立ったら芽キャベツを入れ、ガリバタを絡ませる。
・最後はお塩を気持ち多めに振りかける。
・できあーがーりー。

【参考】
蒸し工程が入ることで旨味倍増!
Cpicon 簡単!芽キャベツ☆ガーリックバターグリル by cookpading
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 07:01| ごはん

2017年01月10日

カルボナーラ



「きょうの料理ビギナーズ」で紹介された落合シェフのカルボナーラです。火入れの難しいカルボですが、手順どおりにつくるとわりとちゃんとできます。

【材料】(2人分)
・パスタ 160g
・ベーコン 80g
・卵 全卵2個 卵黄2個
・粉チーズ 30g
・オリーブオイル 大2
・黒胡椒(粗挽き) 少々

【作り方】
・卵液用意。全卵2と卵黄2に、粉チーズを混ぜ、黒胡椒を振ります。ミルで挽きたてならなおよし。けっこう入れても大丈夫。しっかり混ぜます。
・フライパンでオリーブオイルを温め、お好きな大きさに切ったベーコンを炒めます。中火以下。ベーコンのお味がオイルに移るようゆっくりめに。
・好みの炒め加減でベーコンを取り出します。火は止めます。
・パスタ茹で開始。
・パスタの茹で汁を大さじ1とってフライパンの油に注ぎ、フライパンをくるくる回してなじませます。(火は止めたまま)これを2回。ドレッシング的な乳化状態になったらOK。
・パスタが茹で上がったらザルに上げてしっかり湯切りして、フライパンにイン。オイルをしっかりパスタになじませます。
・麺がいいかんじにテラテラしてきたら、卵液だばー。ここで中火。下の方から固まってきますので、そこをこそげる感じで混ぜる・混ぜる・混ぜる。混ぜが追いつかないなら火から外して混ぜる。
・また火にかける……を繰り返して、好みの固さに。(予熱でも火が通るので、ちょっとゆるいほうが食べる時ジャストかも)お皿に盛ったら、ベーコンを忘れずに。
・できあーがーりー。

材料表ご覧の通り、ちょっと濃いめですが、カルボ感満載でカルボ好きにはたまりません。葉っぱ山盛りサラダなどを添えて。こんな感じ↓(生ハムは残ってたのでつい……)



【参考】


この本さえあればお店で出てきてもおかしくないパスタがつくれます。おすすめ。
posted by 犀角 at 05:01| ごはん

2017年01月09日

七草粥



8日にいただくのもまた乙なもの。

【材料】
・ごはん 1杯〜
・七草セット 1袋
・鶏ガラスープ 小2
・塩 小1/2
・水 600cc〜

【作り方】
・鍋にお水を張ってごはんを入れて中火でぐつぐつ煮る(できあがりのゆるさのお好みによってお水の量は調整。かなり多めでも吸います)
・七草セットは、カブと大根の根のところを切り分ける。根はできればピーラーかなにかで皮を剥いて、1cm角ぐらいに切る。
・別鍋で、葉の部分をサッと湯がく。草臭さが取れます。
・その後、根の部分を煮る。(米と同鍋で煮るとちょっと時間が掛かるように思います)
・米鍋がいい感じにぶくぶくしてきたら、鶏ガラスープの素、塩、根、葉を入れてひと煮立ち。味見をして、単独では薄いぐらいがおかゆはちょうどよし。
・できあーがーりー。梅干し、塩昆布、ごまめや棒鱈の残りなど味の濃いものと一緒にめしあがれ。

米から炊くほうがふんわりできあがりますが、古ごはんでつくるおかゆも普通においしいですよね。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月08日

ポトフ



野菜はだしで煮ればなんでもうまい。野菜+肉+スープで、あとごはんさえあればOKなのもありがたい。

【材料】
・ベーコン 100g
・ウィンナー 1袋(5本〜)
・野菜いろいろ適宜
大根・タマネギ・にんじん・じゃがいも・キャベツ(に今日は大根葉と芽キャベツから剥がれた葉。カブ、ブロッコリー、アスパラなどなんでも)
・オリーブオイル 大2
・コンソメ 大2(orキューブ2個)
・塩胡椒
・水

【作り方】
・鍋にオリーブオイルを温め、お好きな大きさに切ったベーコンを炒める(中火)
・そこへお好きな大きさ・切り方の野菜をだばだば入れて炒めます。全体に油が回って、ちょっといいかんじになるまでゆっくりめに。
・水をひたひたまで注ぎます。コンソメ投入。
・中火から弱火で20分ぐらい。火の通りが遅いものから時間差で入れてるレシピが多いですが、こだわらなければ(あと掻き回さなければ)最初からでだいじょうぶです。
・たぶんじゃがいもが一番遅いので、竹串刺してすーっと入ったら、ウィンナー投入。(これは早く入れすぎるとだしがらになっちゃいます)そして5分ぐらい。
・できあーがーりー。

【参考】
数あるポトフ・レシピの中でもカンタンさでつくれぽ数ぶっちぎり。ダブル肉がトレンド。
Cpicon 野菜がとろける!!簡単ポトフ by hisayok527
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 05:01| ごはん

2017年01月07日

ブロッコリーのアンチョビ炒め



アンチョビで、いつものベーコン炒めやバター炒めとは雰囲気を変えて。

【作り方】
・ブロッコリーを 小房に分けて ラップレンチン1分半(もちろん普通に茹でてもOK)
・アンチョビ にんにく みじん切り
・フライパン オリーブオイルとにんにくを 弱火で炒めて香りを立たす
・アンチョビ投入 弱めの中火
・ブロッコリー 入れて胡椒も振りかける 炒め合わせていいかんじ(いいかんじ)
・♪できあーがーりー

【参考】
ほとんど我が家のバイブルと化している「栄養士先生」のレシピ本。このおかずは2からですが、1もいい本です。
posted by 犀角 at 04:01| ごはん

2017年01月06日

くわいの炊いたん



お正月といえば。

昔は商売をしてましたので、商店街への買い出しはもう暮れも暮れ。仕舞いかけの八百屋へ駆け込むと「えーいもう持ってってー」と一斗缶ごとぶち撒けられたそうです。

芽が出ますように。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月05日

甘麻婆



「Cook Do」にはいろんな麻婆の素がありまして、これはいちばん甘いのです。お豆腐の他に豚ひき肉と白ネギを(ごま油で炒めて)追加。それとお味噌汁、おせちの残り。ごちそうと外食のあとで白いごはんがすすみますね。

https://www.ajinomoto.co.jp/cookdo/lineup/awase_037.html
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月04日

「ル プルミエ カフェ」にて



サワディさんのあとはだいたいこちらで珈琲。グァテマラ・クプラ(奥)とケニア・キリニャガ ガチャミ(舌を噛む)。冷めても独特の香りがおいしいケニアを気に入って、豆を100gお持ち帰り670円税抜。早速翌朝挽いてみる。



お店のようにはいきませんが、それでもいつも飲んでるカジュアル豆とは段違い。封を開けた時のたまらない香り、淹れて冷めつつある時の酸味のさわやかさ。

ごちそうさまでした。

お店のFacebook
https://www.facebook.com/le.premier.cafe.1997/

食べログ
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27004529/
posted by 犀角 at 03:01| ごはん