2017年03月09日

じゃこおろし



すって載せるだけ!でもおいしい!タカヂアスターゼで消化にもいいよ!

【材料】(適量)
・大根 適量
・ちりめんじゃこ 適量

【作り方】
・大根をすります。最近はいいおろし器がいろいろあるので試してみてください。ふんわり仕上がったり、逆に粗めに素材感を残したり。お好みで。
・ちりめんじゃこを好きなだけ載せます。堅いので柔らかいのでもお好みで。
・さらにお好みでお醤油、ポン酢をおかけになるとよろしかろう。
・できあーがーりー。

調理中スキマ時間で立派なサイドディッシュになります。濃い味付けの和風メインと特に相性いいですね。
posted by 犀角 at 02:03| ごはん

ほうれん草のクリームパスタ



ほうれん草(+ベーコン)は炒めタイプも美味しいですが、クリームでもナイス。

【材料】(2人分)
・パスタ 160g
・ほうれん草 1袋
・ハム 4枚〜(ベーコン 40g〜)
・バター 大1
・小麦粉 大2
・牛乳 300cc
・パスタの茹で汁 おたま2杯分
・コンソメ 1個(大1)
・粗挽き黒胡椒 少々

【作り方】
・ほうれん草はよく洗って4cmぐらい幅に。ハムは半分に切って1cm幅に。
・フライパンにバターを入れて温め、ほうれん草とハムを炒める。
・パスタを茹で始める(1分短め)
・フライパンを弱火にして、小麦粉をまんべんなく振り、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
・牛乳をすこしずつ入れてダマにならないよう混ぜる。
・おたま2杯の茹で汁、コンソメを入れてとろみが出るまでよく混ぜる。
・茹で上がったパスタを投入、よく混ぜる。味を見て薄味なら塩。
・器に盛ってお好みで胡椒を。
・できあーがーりー。

まあ多少ダマになっててもそれもまた家庭料理の味わいです!

【参考】
ありがとうございます。
Cpicon ほうれん草のクリームパスタ by sucoco
posted by 犀角 at 02:03| ごはん

葉にんにくの豚オイスター炒め



どんな野菜でも豚肉とオイスターソースで炒めれば旨いのではないかという疑問はさておき。葉にんにくは甘みと香りが特にあいます。

【材料】(2人分)
・葉にんにく 1袋(4〜5本)
・豚バラ 100g〜
・えのき 1/2袋(100g、無くても可)
・塩胡椒 少々
・酒 大1.5
・オイスターソース 大1.5
・ごま油 大1

【作り方】
・葉にんにくを洗って切る。茎は斜め切り、葉は4cmぐらいのざく切り。豚肉は食べやすい大きさに。えのきはバラしておく。
・フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒め(中火)、色づいたら塩胡椒。
・葉にんにくとえのきを加えさらに炒め合わせ。あまり強火だと豚が縮まっちゃいますので中火以下がおすすめ。葉にんにくは(ニラと違って)長めに火を通してクタッとなるぐらいのほうが甘みが増します。
・いいかんじになったら、酒&オイスターソースと入れ、ちょっと火を強めてアルコール飛ばす感じでちゃかちゃかっと炒めます。
・できあーがーりー。

白ごはんがどんどん消費されます。
えのき入りの方がソースが絡むのですが、無いのもシンプルで美味しいですよ。
写真は薄切りの代わりにミンチです。なんでもいけると思います。

【参考】
ありがとうございます。
Cpicon 葉にんにくと豚バラのオイスターソース炒め by 猫柳商店
posted by 犀角 at 02:03| ごはん

八丁味噌(カクキュー)



ライフで味噌フェアをやってまして、「1645年から!」と絶叫しておりそういうのに弱いので購入しました。
友人が名古屋に居るのでたまに東海圏に行くのですが、封を空けた瞬間、あそこで事あるごとに香ってくる「あの香り」が立ち上ってニッコリ。
色はとても濃いですがそこまで辛くなく味噌臭くもなく、甘みがあって食べやすいです。そのままお味噌汁ももちろんいいのですが、かの地方のように塗ったり煮込んだり、でなお輝く。
ただし個性が強いので、他味噌と混ぜて使うと少量でも自己主張してきます。
でもうまい。

http://www.kakukyu.jp/
posted by 犀角 at 02:03| ごはん

2017年03月08日

牛肉とセロリの炒め煮



爽やかなセロリが牛肉の濃さといいマッチング!セロリ好きにもセロリ嫌いにも。

【材料】(2人分)
・セロリ 2本〜
・牛肉 100g(安価なコマ・切り落としで十二分)
・オリーブオイル 大1弱(サラダ油でも)

-しょうゆ 大1
-みりん 大1
-酒 大1/2
-砂糖 大1/2
-だし 50cc(粉末を溶いたので)

【作り方】
・セロリは茎を1cm幅の斜め切り。葉は適当なサイズに。牛肉も食べやすい大きさに。
・フライパンで油を熱し、牛肉を炒めます。中火ぐらい。
・色がだいたい変わったら、セロリを入れて1分ほど炒めます。
・Aを入れて、煮汁が半分ぐらいになるまで煮ます。
・できあーがーりー。

【参考】
秋川牧園さんのおまけレシピ。
posted by 犀角 at 16:22| ごはん

2017年02月11日

碁石茶



高知県は大豊町の名産・碁石茶です。乳酸発酵させて碁石のように切り出してあるのでその名がついたとか。作り手の後継者不足により、品薄で高価です。独特の甘みと酸味がいかにも「健康によさそう!」。でも普通においしいですよ。



こんな感じでパイ生地のように層になってます。








 



 
posted by 犀角 at 00:02| ごはん

2017年02月09日

白菜漬け



もう冬の副菜はこれだけでいいんじゃないかな……

【材料】
・白菜 300g
・塩 小1/2
・(梅)昆布茶 小2/3〜1
・酢 小1
・赤唐辛子 1/2本

【作り方】
・白菜をお好きな大きさ・形に切る。
・ビニール袋に入れて、塩、昆布茶、酢、赤唐辛子(種は取り、適当にちぎる)を入れる。空気をたっぷり入れて口をしっかりねじって握って、
・シェイク・シェイク・ブギーな胸騒ぎ
・なんとなくしなっとしたら、逆に空気を押し出して、ぴっちり口を結び閉じる。
・冷蔵庫で1時間ぐらいでできあーがーりー。浅漬けですけどポリポリおいしい。翌日もまたいいですよ。

蕪の薄切り、大根の細切り、でもできます。
お昆布と塩(漬け対象重量の3%)だけでやると上品なお味になりますが、1日掛かります。昆布茶にちょこちょこ混ぜてあるアミノ酸やお砂糖が味を整えてくれるみたいですね。
posted by 犀角 at 16:22| ごはん

2017年02月08日

白麻婆豆腐



「それもう麻婆豆腐じゃねぇだろ!」とお怒りの声はごもっとも。しかし辛いもの苦手な方には福音!あと「なんとか醤」が無くてもできるのも。

【材料】(2〜3人分)
・豆腐 1丁(これは絹ごしの方がよいです)
・豚挽肉 150g
・白ネギ 1/2本
・にんにく・しょうが(すりおろし/みじん切り) 少々
・油 大1

-水 200cc
-酒 大1
-鶏ガラスープの素 大1
-ごま油 大1/2
・水溶き片栗粉 片栗粉大1 水大2
・青ネギ お好みで

【作り方】
・お豆腐をお好きなサイズに楽しく切る。白ネギはみじん切り
・フライパンに油を熱し、にんにく、しょうが、白ネギを温める。
・香りが立ったら中火にして、挽肉を炒める。
・挽肉の色が変わったらAを加えてひと煮立ち、豆腐も加えて少し煮る。
・水溶き片栗粉を少しずつ入れてとろみをつける。
・器に盛って、お好みで青ネギを散らす。
・できあーがーりー。

お豆腐を事前に別鍋にてお湯で3〜5分ほど温めると、より水っぽくならないです。

【参考】栄養士先生の2冊(これは2の方)

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 03:02| ごはん

2017年02月07日

親子丼



母がよく作ってくれた(る)のですが、自分で作ってみて理由がわかりました。
簡単ですねこれ。

【材料】(2人分)
・鶏肉 100g(ももでも胸でもお好きな方で)
・卵 4個
・たまねぎ 1/2個
・ごはん お好きなだけ
(・みつば お好みで)

-水 160cc
-しょうゆ 大2
-みりん 大2
-酒 大1
-砂糖 大1/2
-顆粒和風だし 大1

【作り方】
・鶏肉は一口大に。小さめの方が火の通りが安心。卵は軽くとく。たまねぎは薄切り。
・鍋にAとたまねぎを入れ、強め中火で2分。
・鶏肉を入れて、中火で2分。
・鶏の火の通りが大丈夫そうなら、溶き卵の2/3を入れる。フタをして弱火で2分。
・フタをとって残りの卵を入れ、またフタをして、強め中火で10秒。
・丼にごはんを盛って、その上から掛ける。よかったらみつばも。
・できあーがーりー。

卵2段投入による「ふわ」「トロ」の両立がトレンドですが、けっきょく火加減は練習ですね(笑)

【参考】栄養士先生の2冊(これは1の方)

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 04:02| ごはん

2017年02月06日

葉にんにくとベーコンのペペロンチーノ



「葉ニンニク」が手に入ったのですが、使い方がわからない……こんな時はクックパッドだ。

【材料】(2人分)
・葉にんにく 1束(100g)
・パスタ 180g
・ベーコン 2枚〜(50g程度)
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 大2
・赤唐辛子 1/2本
・塩胡椒 少々

【作り方】
・お湯を沸かします。2Lほど。沸いたらお塩、大1.5ぐらい。
・ベーコン、葉にんにくをお好みのサイズに切り、炒めます。オリーブオイル少しで。いいかんじになったらいったん取り出します。
・パスタ茹で開始。(短くて済むパスタならもうちょい遅いタイミングでも)
・オリーブオイル大2を投入、4つ切りにしたにんにくを弱火で揚げます。フライパンを傾けて。きつね色になったら取り出します。火を止めます。
・赤唐辛子を二つ割りぐらいにして、ぽいぽいっと。20秒で取り出す。
・パスタの茹で汁を大1ずつ2回、入れてはフライパンをぐるぐる回し、入れては回し。
・茹で上がったパスタをザルにあげ、湯を切って、フライパンに投入。ぐるぐる回してオイルを吸わせる。
・ベーコンと葉にんにくも入れてまぜまぜ、あっためる感じで弱火オン。消えたままでもよし。
・できあーがーりー。

葉にんにくの甘みが、ベーコンの塩気とマッチ。きょうは揚げ終わり粒にんにくの方も混ぜちゃってもいいかも。

【参考】
Cpicon 有機葉にんにくぺペロンチーノ by アースエイド
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 06:02| ごはん

2017年02月05日

鍋キューブ(濃厚白湯)にて鍋



鍋キューブ便利ですよね。具は、豚バラスライス、白菜、菊菜、白ネギ、ニラ、人参、大根、えのき。タイトル通り味も濃いのでご飯がすすみます。



そして翌昼は旨みが出尽くしたスープを水増しして、マルタイ棒ラーメンを2人前。青ネギを散らしていただきます。
美味しい。
posted by 犀角 at 05:02| ごはん

2017年02月04日

恵方巻き



丸かーぶーりー。今年は北北西。
母が「何本巻くのも手間は同じ」という勢いで巻きまくってくれたので、いただきました。



多かったので晩御飯にも……
posted by 犀角 at 08:02| ごはん

2017年02月03日

べか菜(白菜)・豚肉・春雨のオイスターソース蒸し



「べか菜って!」でも大丈夫、白菜とだいたい同じように使えます。ウチならこれ。

【材料】(2人分)
・豚バラ肉薄切り 100g
・べか菜 1袋(白菜 200gでも)
・春雨(乾燥) 40g
・生しいたけ 4枚(80g)(省略可)
・赤唐辛子 1/2本(1mm幅輪切り)

-にんにく(すりおろし) 1/2かけ
-しょうが(すりおろし) 少々
-オイスターソース 大1
-ごま油 大1
-醤油 小2
-塩胡椒 少々

【作り方】
・豚バラをお好きな大きさに切り、ボウルにAと赤唐辛子とともに入れ、よく揉み込む。
・べか菜は軸と葉に分け、一口大のざく切り。
・しいたけは軸を外し、薄切り。
・春雨は戻さずそのまま。長過ぎるようなら適宜切る。
・フライパンに、春雨、べか菜軸、べか菜葉、しいたけ、豚肉の順に敷く。
・水 100ccを回し入れ、フタをして中火で8分蒸す。
・蒸気を噴いて水分がほどよく無くなってきたら、フタを開けて春雨をほぐしながら全体をざっくり混ぜ、さらに水分を飛ばす。
・できあーがーりー。

肉と野菜の旨みを吸い込んだ春雨が絶品。ごはんがすすみます。
にんにく・しょうがはお好きな人はみじん切りでも。

【参考】
「きょうの料理ビギナーズ」から。
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:02| ごはん

2017年02月02日

カブとささみのバター醤油蒸し焼き



やや力づくですが、あっさりが身上の蕪&ササミがコッテリ仕上がります。ごはんのお供に。

【材料】(2人分)(写真は4人分です)
・蕪 中2個
・ささみ 2本
・バター 大1
・バター(仕上げ用) 小1
・酒 大1
・醤油 大1
・塩胡椒 少々

【作り方】
・ささみは食べやすい大きさに切り、塩・胡椒。
・蕪は皮を剥き、食べやすい大きさに。葉もあれば、長さ3cmに。
・フライパンにバターを温め、蕪と絡ませて、フタをして、弱火で蒸し焼き。一度裏返す。
・蕪が透き通ってきたら、ささみ、蕪の葉、酒を投入。
・葉がしんなり、ささみにも火が通ったら、塩胡椒、醤油。
・火を止めて、仕上げバターをからめる。

【参考】
秋川牧園さんの毎週配られる小レシピ集
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 06:02| ごはん

2017年02月01日

ケンミンの焼きビーフン



手軽な米麺といえば関西ではこれ。以前はTV観てるといやというほどシュールなCMが流れたものですな!

【材料】(2人分)
・ケンミンの焼きビーフン 2袋
・豚肉(バラ薄切りなど) 2枚(50gぐらい)
・野菜各種 適当に(例:キャベツ 2枚、にんじん 1/4本、ピーマン 1/2個、白ネギ 10cm程度)
・サラダ油 大1
・水 340cc

【作り方】(ほぼ袋指示どおり)
・フライパンで油を温めます。豚肉を平たく並べ、その上にビーフン、その上にビーフンを野菜をのせる。
・水340ccを注ぎ、ふたをして強火で3分。
・ふたをとり、ビーフンの色むらがなくなるように全体を軽くまぜ、残った水分をほどよくとばす。
・できあーがーりー。

味付けの必要がないと、まずくなりようがないです。麺ローテの変化球にいかが。(他地方の方は関西土産にでも)

【公式サイト】
http://www.kenmin.co.jp/item/15009.html
posted by 犀角 at 05:02| ごはん

2017年01月30日

焼肉



肉焼は原始の喜び。鶏、キャベツ、白ネギと共に。冷たい豆もやしと蕪の浅漬けがまたうまい。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月28日

ダイショー「博多水炊きスープ」でお鍋



シンプルな鶏スープでした。がぶがぶ飲めるのでどんどん無くなって、お湯を注ぐはめに。

具は白菜、菊菜、白ネギ、しめじ、豆腐、人参、鶏団子、豚バラ薄切り。
鶏団子は袋裏レシピで、鶏ミンチ200g、白ネギみじん切り20g、卵黄1、片栗粉 小1、酒 小1、しょうが汁少々、塩少々、を粘りが出るまでこねたもの。
最後はラーメン、マルタイのがあったのでそれで。
ごちそうさまです。

http://www.daisho.co.jp/item/detail/i/133362/
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月27日

羽二重くるみ



金花堂はや川 羽二重くるみ。



福井旅行のおみやげ。もっちり甘くて美味しいです。

http://habutaekurumi.com/

 
posted by 犀角 at 05:01| ごはん

白菜とてんぷらの炊いたん



関西で「てんぷら」というと魚のすり身を揚げたもの。昔は商店街に旨いてんぷら屋があって……見た目よりしっかり味がついてて、主菜でもイケます。

【材料】(2人分)
・白菜 150g
・すり身のてんぷら 1枚
・だし 200cc(お湯に粉末溶けばいいです)
・薄口醤油 少々(お好みで)

【作り方】
・フライパンで水200ccを沸かし、白菜を入れ(大きいままでも、3-4cm幅にざく切りにしても)、フタをして1分。白菜を返してフタをしてもう1分。蒸し焼きです。
・ざるに上げて、塩少々をふり、さます。粗熱が取れたら水気を絞る。
・鍋にだし、お好きなサイズに切った天ぷらをいれて、煮立てます。
・さっき絞った白菜投入。塩少々を振って味付け。味が馴染むように中火で少し煮ます。
・味見をして、お好みで薄口醤油を。
・できあーがーりー。
鍋を氷水などに突っ込んで冷ますと白菜の色がとてもキレイに出ますが、冬はあったかいままがいいですね。

白菜を下茹でして絞るので水っぽくなりません。ひと手間ですが効果大です。

【参考】
「土井善晴のレシピ100」土井善晴

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月26日

パッタイ



パッタイペーストさえあればいつでもタイの味(?)麺類ローテーションにアクセント。業務スーパーのペーストおいしいです。

【材料】(2人分)
・パッタイペースト 150g
・フォー、ビーフンなど米麺 200g(もう少し少ない方がいいですが、だいたい200g単位なので)
・鶏肉 100g(豚でも。海老なら4尾)
・厚揚げ 1/3個〜
・もやし 100g
・ニラ 1/3束
・水60g
・塩胡椒 少々
・油(ごま、サラダ、オリーブなんでも) 大1
・ライム(レモンでも) 1切れ
・(お好みで)シャンツァイ 少々

【作り方】
・まずフォーを固めに戻します。袋の指示に従って。
歯応えの好きな方は冷水で締めて。柔らかいのがお好きなら湯切り後放置。
・フライパンで油を熱し、まず海老と厚揚げを焼き付ける感じで炒めます。
・火が通ったら、フォー、水、パッタイペーストを投入。かき混ぜながら炒めていきます。塩胡椒を軽くしておくと味が整いますが、テーブルで各自でもよいです。
・水分が無くなってきたら、もやしとニラを入れて軽く火を通す。
・器に盛ったら(お好みで)シャンツァイを散らし、ライムを絞る。
・できあーがーりー。

【リンク】
業務スーパーのパッタイペーストは人気高いですね。
http://kaketayo.net/gyoumu-de-phud-thai/
http://kenich1014.exblog.jp/26241527
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月25日

水菜とじゃこのポン酢サラダ



「赤水菜とじゃこのポン酢サラダ」を普通の水菜で作るとこうなります。
もちろん美味しいです。
posted by 犀角 at 05:01| ごはん

2017年01月24日

きざみうどん



大阪でベーシックなうどんといえば、(たぶん)「けつね」ではなく「きざみ」になると思います。おだしをひくと、香りがごちそうです。

【材料】(2人分)
・うどん 2玉((関西風などの)やわらかいのがベターです)
・薄揚げ 1枚(半分に切って短冊状に細く切る。湯通しはお好みで)
・青ネギ お好きなだけ
(他、おぼろ昆布やかまぼこなども。薬味に七味唐辛子)
●おだし
・水 800cc
・薄口醤油 50cc
・みりん 25cc
・昆布 7〜8cm角
・削り節(そのまま食べる用) 小分け2パック
・削り節(だし用) 上のと合わせて20gになる量

【作り方】
・だしの材料を全て鍋に入れ、中火にかける。煮立ったらアクをとる。5〜6分煮出して、別鍋に茶こしで濾しておく。ぎゅーっと絞って一滴残らず気分で(ふきんで濾すとなおよし、ですが面倒なので)
・そこに油揚げを入れて温める。
・さっき使った鍋からだしがらを取り出し、お湯を沸かしてうどんを茹でる。(もちろん別鍋を事前に沸かしておければいいのですが、鍋だらけになってしまうので……)
・茹だったらざるかなにかで湯切りをして、(できればお湯で温めておいた)鉢に盛る。
・上からおだしを掛け、ネギを乗せる。
・できあーがーりー。
お好みで七味唐辛子をおかけになって。

【参考】
「土井善晴のレシピ100」土井善晴

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月23日

「ル・プルミエカフェ」の珈琲と「PAUL」のパン



昨日義父母とランチしまして、持ってきてくださったのが娘の好きな「PAUL」のパン。こちらも手土産にと道すがら「ル・プルミエカフェ」さんに立ち寄って豆を買いまして、自宅用もついでに。こんな贅沢な朝ごはん、のんびり食べてていいんですかねえ(もっしゃもっしゃ)



豆はまたケニア・キリニャガです。うまい。
posted by 犀角 at 06:01| ごはん

2017年01月22日

赤水菜とじゃこのポン酢サラダ



赤水菜、色鮮やかですね。残ったら翌日もよく味が染みて美味しいです。

【材料】(2人分)
・赤水菜(水菜でも) 1束
・紫たまねぎ(たまねぎでも) 1/2個
・ちりめんじゃこ 20g
・ポン酢 大1
・酢 大1
・ごま油 大1
・白いりごま 大1

・赤水菜は4cmの長さで切り、たまねぎはスライス。両方冷水にさらす。シャキッとしたらしっかり水切り(サラダスピナーやキッチンペーパー使用もあり)。
・小鉢でじゃこ、ポン酢、酢、ごま油、ごまを混ぜ混ぜ。
・器に持った水菜+たまねぎに、いま混ぜたタレを掛けてざっくり混ぜ合わせる。
・できあーがーりー。

【参考】
Cpicon 赤水菜とじゃこのポン酢サラダ by sachi825
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 16:22| ごはん

2017年01月21日

野菜をごまでアーリオオーリオ



野菜たっぷり、お昼にぴったり。見た目よりパンチの効いた味で食べ飽きません。

【材料】(2人分)
・パスタ 160g
・にんにく2かけ
・オリーブオイル 大4
・赤唐辛子 1/2本(種は抜く。さらに半分に)
・パスタの茹で汁 大4
・白ごま 大2(摺る)
●野菜各種適宜(以下は例)
・プチトマト 4個(半分に切る)
・ブロッコリー 1/4株(一口大に分ける・茎は割って小さめに)
・白ネギ 少々(斜め切り)
・水菜 少々
(アスパラガス、ヤングコーン、ベビーリーフ、ルッコラ、たまねぎ、小松菜、白菜などお好みで)

【作り方】
・ごまを摺ります。摺ってあるのでも可ですが、香りの立ち方が違うので、ここはなんとか。
・野菜を一口大に切ります。
・パスタの湯を沸かします。沸いたら塩を(2Lに対して大2)。
・にんにく唐辛子オイルを作ります。にんにくを4等分したら、オリーブオイルに浸してフライパンを傾け、強火。泡が出てきたらすぐ弱火。3〜4分かけてじっくり火を通します。きつね色になるまで。
・火を止めてにんにくを取り出します。唐辛子を入れます。20秒ぐらいで。(本当はちょっと冷めてからの方が焦げなくていいのですが、なんとかなります)取り出しておきます。(にんにくには塩を振って食卓に出すとおつまみに)
・そのオイルに、プチトマト、たまねぎなど火を入れたい野菜を投入。火はつけないか、つけてもとろ火。
・パスタと野菜を茹で始めます。
野菜それぞれの茹だる時間と、パスタの茹で時間を計算して、投入順を考えてください。たとえば4分でアルデンテなディチェコの1.4mmでしたら、ブロッコリー茎>しばらくしてパスタ(1分タイマーセット)>鳴ったらブロッコリー葉(3分タイマーセット)>鳴ったら全部ザルあげ。
・茹で汁をソースに加えます。大1入れたら、フライパンをぐるぐる回して(もちろん水平方向ですよ)混ぜます。よく混ざったな、と思ったらまた大1。これをオイルと同量ぐらい(大4ほど)まで。ドレッシング状になればOK。
・茹で上がりのパスタと野菜を投入。よく湯切りして。パスタをトングなどでぐるぐる回してオイルを絡めます。
・若干温度が下がりすぎてそうならとろ火にかけてください。白ネギはここで。
・そしてすりごま。これがオイルとパスタを馴染ませてくれます。
・最後に生でも食べられる水菜などを絡めます。このへんはあまり火を通すとヘニョヘニョになっちゃいますので、ザッと。
・できあーがーりー。
見るからに健康なビジュアル、ブロッコリーやアスパラガス多めなら意外なボリューム、そして胡麻の香ばしさ。イケますよ。

【参考】
「「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ」落合務

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月20日

若狭ガレイの一夜干し



母が越前海岸へカニを食べに行き、そのおみやげ。曰く、「若狭鰈、なかなか手に入らへんらしいで!」たしかに美味しくて、奥さんと二人黙々と身をむしりました。右上は水菜サラダ。またいずれ。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月19日

チキン南蛮



みんな大好きチキン南蛮。揚げて絡めてタルタルを載せると超ごちそうに。ちょっと手間ですけどね。

【材料】(2人分)
・鶏肉(もも/むね) 2枚(300g〜)
・小麦粉・揚げ油 適量
・溶き卵 1〜2個
●下味
-酒 大1.5
-しょうが(すりおろし) 少々
-塩・胡椒 少々
●甘酢だれ
-酢 大4
-しょうゆ 大3.5
-砂糖 大3
●タルタルソース
-ゆで卵 2個
-たまねぎ 1/4個
-マヨネーズ 大5
-牛乳 大1
-砂糖 小1/4
-塩・胡椒 少々

【作り方】
・ゆで卵を茹でます。ゆで方いろいろありますが、結局「かぶるお湯に入れてコトコト沸騰したまま12分」が手頃ですね……もちろんどんなやり方でも。
・たまねぎはみじん切り。水にさらす(できれば何度か水を替える)
・下味の材料をボウルで混ぜます。
・鶏肉はやや大きめの一口大に切ります。ボウルに入れ下味に絡めます。
・甘酢だれの材料を小鍋で混ぜ合わせ、ひと煮立ち。
・別のボウルでタルタルソース。たまねぎを絞って水気を切ったもの、ゆで卵のみじん切り、その他材料を合わせてよく混ぜます。
・鶏肉に小麦粉をまぶし、溶き卵を絡めます。
・フライパンに揚げ油を1cmほど入れて、鶏を入れて揚げ焼きます(180℃になってから入れるのがベターですが、冷たいところからやっても大丈夫です)
・いいかんじに縁がカリッとしてきたら(パン粉付いてないので色は薄いです)、取り出して油をちゃちゃっと切って、甘酢だれにささっと浸します。
・お皿に並べたら、タルタルソースをたっぷりかけます。お好みでパセリを散らす。
・できあーがーりー。
サニーレタスやキャベツをお肉の下に敷いておくと、彩りはもちろん、タルタルソースや甘酢だれのあまりが絡まって、おいしいですよ。サラダ要らず。

【参考】
栄養士先生の2の方。毎度食べやすいですね。

ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月18日

豚とキャベツの味噌炒め



甘くて辛くてごはんが進みまくる。さあおなかいっぱいめしあがれ。

【材料】(2人分)
・豚肉 100g
・キャベツ 200g
・しょうが 5g
・にんにく 1かけ
・みそ 30g
・砂糖 大1.5
・豆板醤 小1
・塩、サラダ油

【作り方】
・豚肉はお好きなサイズに。キャベツは手で大きめにちぎる。しょうが・にんにくみじん切り(潰しでも可)
・フライパンでサラダ油(大1)を熱して、キャベツ投入。塩少々であまりいじらず中火で焼き炒める。ちょっとしんなりしたら、いったん取り出す。
・サラダ油(大0.5)を追加して、しょうが・にんにくを投入。すぐ火が通って香りが立つので、豚肉を広げて投入。
・片面に焼き色がついたら、砂糖、みそ、豆板醤を投入。炒りつける感じでまぜまぜする。
・キャベツを戻してさっと火を通す。
・できあーがーりー。

【参考】「土井善晴のレシピ100」土井善晴
土井先生得意の味噌炒りつけレシピです。

ありがとうございます。

 
posted by 犀角 at 02:01| ごはん

2017年01月17日

たまごとじうどん



とろみがあったまるおうどんです。カンタンで、おなかにも優しい。

【材料】(2人分)
・うどん 2玉(ゆででも冷凍でも)
・卵 2個
・油揚げ 1枚(40g)〜
・青ネギ 2本〜お好きなだけ
・水溶き片栗粉(片栗粉 大1.5+水 大3)

-だし 700cc(だしパックや粉末でももちろんOK)
-みりん 大2
-しょうゆ 大1
-塩 小1

【作り方】
・油揚げは熱湯を掛けて油抜き。粗熱が取れたら縦半分、1cm幅の細切り。
・ネギはお好みの切り方で。小口でもよしちょっと長めに斜め切りでもよし。
・土鍋(普通の鍋でも)にAを入れ、煮立たせる。
・うどん、油揚げを入れてうどんがやわらかく踊りだすまで煮る。中火ぐらい。
・水溶き片栗粉を回し入れ、よくかき混ぜる。
・とろみがついたら卵を溶いて、少しずつ回し入れて、軽く混ぜる。(固まらない前に混ぜすぎると、だしが濁ります)
・ネギを散らして、火を止める。
・できあーがーりー。
お好みでかまぼこを載せても。

【参考】
NHK「きょうの料理ビギナーズ」から。
http://www.nhk.or.jp/kurashi/ryouri-begi/
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 03:01| ごはん

2017年01月16日

ブロッコリーとアンチョビのショートパスタ



カンタンでうまみ抜群。ブロアン・ゴールデンコンビの力をみよ。

【材料】(2人分)
・ショートパスタ(フジッリなど) 160g
・ブロッコリー 1株
・にんにく 1かけ
・アンチョビ 4枚〜
・オリーブオイル 大3
・塩

【作り方】
・お湯を沸かします。沸騰したら塩を入れます。2Lに大1.5。
・ブロッコリーは小分けにします。房は一口大、茎は(茹だりにくいので)小さめに。にんにくをみじん切り。アンチョビもみじん切り。
・パスタ、ブロッコリーを鍋に投入。パスタの指示時間どおり茹でます。
・フライパンで、オリーブオイルを温め、にんにくを入れて香りを立たせる(弱火)。アンチョビを炒める(中火)。火を止めます。
・パスタ&ブロッコリーが茹で上がったら、ザルでお湯を切って、フライパンに投入。
・木べらなどで柔らかくなってるブロッコリーを潰しながらかき混ぜます。お好みの潰れ度合いまで。
・できあーがーりー。
塩けが足りなければ各自テーブルにて。

ご注意:ブロッコリーは、潰すために柔らかくなるまで茹でます。パスタが早ゆでタイプですと茹で時間が足りませんので、前もってブロッコリーから先に茹でてください。

【参考】
Cpicon ブロッコリーとアンチョビのショートパスタ by 123ママ
ありがとうございます。
posted by 犀角 at 02:01| ごはん