2017年09月27日

電動ドリルドライバー「DF330DWSP」マキタ




 はいDIY男子が腰に備えるネイキッド・ガンといえばこちら。電ドリ。
 わたしも長年憧れていたのですが、買うと1万円だし、毎回大物IKEA家具組み立てたって20本やそこらですから「まあいいか…」とスルーし続けてきました。
 が、ピクチャーレールをキッチンパネルにネジ止め、となると手では下穴錐が到底入らない。
「これはもう電動ドライバーやな!」
 この、やっと「買う理由」を見つけた時のモノ好きの爽やかな笑顔といったら。

 しかし初めて買うものなので右も左も分からない。いろいろ調べると、
・ドリルドライバー
・インパクトドライバー
・振動ドライバー
という三種類があるらしい。
 ドリルドライバーが普通のネジ締め・ドリル兼用。インパクトはある一定トルクで回転方向に衝撃(インパクト)を与えて、強力にネジ締めするタイプ。ログハウスとか組む時はこれ。振動は前後方向に振動を加え、強力に掘り進んでいくタイプ。コンクリ掘るならこれ。
 つまり小物DIYならドリルドライバーで良いようです。

 さて次はパワー(サイズ)。
 これはどれだけの電圧、ボルテージが供給されているかでmaxトルクが変わるようで、電圧によってクラス分けされています。
 ご参考・マキタ↓
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/index.html
 たとえばIKEAのそこかしこで「ご一緒にドリルはいかがですか?」と売られてる1500円のモデル、あれ3.6Vであれが最小クラス。上は18Vの2丁掛けまで。
 だいたいプロが使うのは14.4V〜、DIYでなら7.2V〜という感じのようです。小さいのは手軽でいいのですが普通にトルク不足な局面が出てくると。

 そしてメーカー。
 これはもうネットを斜め読みしてプロのご意見を伺うしかない。
 Pana、RYOBI、BOSCH、B&D(ブラック・アンド・デッカー)と百花繚乱の中でもプロの信頼が厚いのは日立(工機)とマキタ。
 よしじゃあマキタで。
 という流れで選んだのが上掲のモデルです。
 さすがプロの道具、と思いましたのがこれ同じモデルで「本体のみ」「本体+バッテリ1個+充電器+ソフトケース」(これが上記)「本体+バッテリ2個+充電器+ハードケース+ホルスタ」の3パターンある。
 買う時間違えないでくださいな。



 兄弟機に030というモデルがあって、こちらは六角ビットしか使えない代わり若干安くて軽いモデル。330は「キーレスチャック仕様」という、ビットくるくる回して締め付けるタイプなのでいろんなビットが使えます。



 ビットはAmazon先生の言われるがままに



 そして保険としてぜひ同時購入をオススメしておきたいのが、ネジ頭を舐めた時用のビットセット。



 いやわたしアホですから、ドライバとビットが届いた時点で嬉しがって試運転・慣熟訓練もそこそこに本番ネジ回したんですよ。そしたらあーた途中まで良かったんですが、キッチンパネルの向こうにさらに合板かなにかあって、これが固くてちょっとトルク強めに掛けたらあっという間に舐めちゃった。
 あー。
 ということでこれをすぐAmazonでポチして作業は翌日。
 これ凄いですよ、説明書通り作業するとちゃんと舐めたネジが抜けました。ぜひ同時購入で。
 その後はちゃんと下穴を大きく・長めに開けて、ゆっくり本ネジを進めていく、という感じで無事3本ねじ込めまして、ウソのようにピタッ、とピクチャーレールが付きました。
 ばんざーい。

 電ドリすばらしいです。
 この自分の能力が高まった感。
 これぞ文明の利器。
 なぜもっと早く買っておかなかったんだろう、と頭抱えて後悔するレベルです。
 コロンビアに農業指導に行った恩師によると、コロンビアの男たちは皆マチェーテと呼ばれるナタ型小刀を腰に差すそうですが、われわれコンクリート・ジャングルに生きる男たちのマチェーテこそ電ドリ。
 あるいは「オレのはコルト」「S&Wに決まってるだろう」などと愛銃を自慢し合う西部の男たちを羨む必要はもう、ありません。
「オレはマキタ」「わしは日立」
とビット交換の手際を競い合えばいいのです。
 実際作業してわかったんですが、ホルスタ、あれ便利だと思いますよ。手回しドライバーならそのへんへポイと置けるし、高所作業でもポケットに突っ込めますが、電ドリぐらいの質量になると、腰のホルスタにぶっこむのが一番合理的っぽいです。カッコのものじゃないんですよ。さすがプロの道具。

 どうすか電ドリ。
 一家に一台。
 いやホントに。

posted by ながたさん at 00:00| ガジェット

2017年09月18日

フライパン「極 JAPAN 28cm炒め鍋」リバーライト




・公式
http://riverlight.co.jp/ja/kiwame_premium.php
・購入ショップ「ガンバレ!奥さん」
https://item.rakuten.co.jp/ganbareokusan/c/0000000184/

 料理しだして普通にテフロン加工フライパンを使っていたのですが、かなり気を遣いつつ使ってもやはり1年。
 焦げ付きます。
 1年毎に安いの買い替えてもいいのですが、そんな折にこんな記事を見ようと思って見てですね

・日経トレンディの記事
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1062745/031400006/?P=3

 鉄だと。
 手入れ面倒とか錆びるとか慄きながらも腹をくくって、この3位にあるリバーライト「極」28cm炒め鍋を購入しました。
 26cmフライパンと迷ったのですが、僕が若い頃ウチの台所に中華鍋があって、それでインスタント・ラーメンからソーセージ炒めまで、なんでも夜食で作った記憶があってあれ便利だったなあ、と。
 いまの我が家も炒め物が多く、そうそう、あと2人前パスタにソースを絡める作業の時に、26cmフライパンでは結構窮屈なんですね。それでちょっと重いのには目をつぶってドン。

 レビューみますと「野菜炒めが」「野菜炒めが」で埋まってると思うのですが、確かに野菜炒めが美味いです(笑)
 ポイントはもやしとニラ。
 この2種はゆるゆる火を入れるとジャーッと水が出て全体をべっちゃりさせるんですけど、さりとてちゃんと熱入らないと生っぽくて辛いですよね。
 これが鉄だとなんの工夫もしなくてもピシッと入るんですよ。技術なんか要りません。それで全体が美味い。
 どうやらフッ素やテフロンの加工層が熱伝導をずいぶん遅らせてるみたいです。
 相対的に小火力でも熱がガンガン伝わるので、調理時間も短くて済みますし、大火力をビビりながら使わなくてもすごく調理しやすい。

 今日は昼のラーメンの具の野菜(キャベツ、白葱、もやし、ニラ)を炒めてスープにしたり、夜はカレーの具の煮込み前炒め。炒めだけでなく焼いても煮ても蒸してももちろん大丈夫。

 お手入れ、使用前の「油返し」も使用後のさっと水洗い&擦りも、そんなに苦ではないです。むしろテフロン加工フライパンに油を入れてマダラになってるところへ食材を入れる時の、あのちゃんと混ざるかしら感がないぶんストレスが無いかもしれない。
 宣材写真のようにカッコよく油馴染みしていって貰いたいものです。

 ということで来てまだ1週間も経たないのですが、すでにテフロン・フライパンを使おうという気は1ミリも起きません。(いや、副菜や卵焼き用の小フライパンがあるので実際には使いますけども)
 もっと早く使えば良かった……
 値段もまあ倍といえば倍ですが「数千円オーダー」と見れば大差無いし、重さも取扱不能ってほどでないし、いまのは錆にも強いそうだし。
 むしろなんであんなに売り場でテフロン加工一色なのかわからない。デュポンつまりアメリカ軍需産業の陰謀!?

 冗談ですよ。

 昔の、油断すると一瞬で錆びる鉄鍋の悪印象がまだ残ってるのかもしれませんね。

 プロほどいい素材といい道具を使うもんですから、素人はもっといい素材といい道具を使わんといけません、な!
posted by ながたさん at 00:48| ガジェット

2017年09月02日

水切りマット「ドライングマット キッチン L セージ 46x41cm」InterDesign




 これ1枚あると便利ですよ。
 実家のキッチンは食洗機をガンガン回しますので、洗った食器は乾燥までそこに収納され、のち食器棚に還っていきます。
 でも2人だとそこまで食器使わないので、手で洗って水切りカゴへ。
 なんですが、それだとちょっと足りない時がある。冷凍したご飯を解凍して冷凍用食器がいっぱい出るとか。炊飯器と魚焼きグリル両方いっぺんに洗った時とか。
 そんな時には、テーブルにこれをサッと拡げて食器を並べる。
 と、アラ不思議、あっという間に乾きます。水切りカゴや、まな板の上に伏せて乾かすよりぜんぜん早い。
 なんでも、空気が上下に抜けるような層構造だとか。
 おもしろいのは、それで下側が早いのはわかるんですけど、なんだか上側も早い気がします。なんでしょうね、吸収速度や蒸発速度が早いから、水分を引っ張るんですかね。不思議です。

 出身中高のOBとして合宿のお手伝いバイトに行きますと、いまほどコンプライアンス云々がうるさくなかった時代ですので夜は先生方と宴会です。宴会のあとはOBが食器洗いとお片付け。そこで教えていただいた食器の乾燥方法が、
・(テーブルの上に)トイレットペーパーを敷きつめて、その上に逆さに置いていく
というもので、最初は半信半疑だったんですがさすがはトイレットペーパー、接触面からどんどん水を吸って拡散して乾燥していき、ものすごく綺麗に仕上がるんです。
 ああいう原理かな。

 断捨離好きの方の中には、むしろ水切りカゴの方を捨ててこれ1枚!という方もおられるぐらい。とりあえず持ってて損なしです。
 わたし上のL買ったんですが、これは「大は小を兼ねる」品ですのでXLがいいと思います。

posted by ながたさん at 00:00| ガジェット

2017年02月18日

椅子の脚キャップ

うちのダイニングは畳敷きで(いちおう上敷きも敷いて二重化はしてあるのですが)、椅子をそのまま置くと脚の先で畳が傷つきます。また摩擦抵抗が大きくて、動かしにくなったりも。
そこで買ってみたのが台所用品でおなじみのレック(LEC)の「脚ピタキャップ」。角用と丸用それぞれ。写真をどうぞ。



こういう先に(椅子そのものはIKEAの3500円のです)、



こんな感じ。ちなみに百均でよく売ってるソックスタイプと並べるとこう。



スッキリ、目立ちません。丸タイプはこんな感じ↓



こういうのの先に(椅子はイームズチェアコピー品、5980円)



こう。脚が斜めでもいけます。



ご覧の通り目立ちません。
いまのところ畳も痛まないし、なによりとても軽やかに動いてくれるようになったので満足です。

ただし、底が硬い素材ですのでフローリングに直に使うと、固い砂利とか噛んだ時に傷がついちゃうかもしれません。また、「動かしやすくする」ものですので、ちいさなお子さんや介護用など、「動きにくい」方がいい椅子には向きません。
椅子キャップは素材がゴムとかフェルトとかいろいろあるので、用途にあったものをお選びくださいな。

posted by ながたさん at 16:22| ガジェット

2017年02月01日

PLUS ハンブンコ(PK-813)修理



プラスさんから「ハンブンコ」というカッターが出ましてですね。
https://bungu.plus.co.jp/product/cut/papercutter/hanbunko/original.html
わたしら零細同人紳士&淑女にとりましては、一報を見た瞬間、
「こ、これさえあれば…!」
「なぜこれがいままで!」
と叫んだぐらい、衝撃的効率向上があからさまに見込めそうなグッズです。

おおげさですかね。
僕はいわゆる「コピー本」を作る時、レーザープリンターでA4の紙に両面&「小冊子」印刷をしまして、半分に切って合わせてホチキスで止めてます。(小冊子印刷は新し目で両面印刷できるプリンタならできると思います、詳細はプリンタの取説をご覧あれ)
でも「半分に切って」と簡単に言いますがこれが意外にたいへん。以前自炊が流行った頃に勢いででかい裁断機を買っちゃったりしてない限り、「紙を切る」しかも「サイズぴったりに」というのは神経を使う&重労働なんですよ。僕はカール事務器のこれ↓



を使ってますが、こういう治具を用いてもなかなか骨がおれます。
で、「ハンブンコ」は少なくとも「サイズ合わせ」という点でずいぶん楽そうなので、期待したわけです。予約しちゃった。

……1stロットには手を出してはいけませんな。

今朝来ましてやっほーいとさっそく試し切りしてみますと、こうなる。



ちょ、多少の誤差は目をつぶりますがこれはちょっと。
と、思ってご自慢の「Wゲージ」をよく見るとですね、



左ぴったり合わせると、



右はこんな感じ。
……ギアが1コマズレてる?
ということでバラしてみました。といっても簡単です。(もちろん自己責任でお願いしまする)
・裏返しますとネジが4つあります。
・真ん中の2つ(ワッシャがついてない方)を外します。
(端の2つはカッターユニットのなので、外すとバネとか飛ぶ可能性があるのでご注意を)
・プレートが両端はめ込みなので、真ん中をしならせて持ち上げるようにすると外れます。割らないようにそっと。



・写真の下の白い丸いギアが上方向にすぽっと抜けますので、抜いて、下の方の水色のガイドを左右に動かして調節し、また白いギアをはめます。上下の白いギアを指で押さえればひっくり返しても大丈夫なので、ひっくり返して目視でガイドの位置が合ってるか、確認してください。
・プレートをはめ込んで、ネジを締めて、完了。



右で合わせると……



左ぴったり。裁断結果も……



ご覧の通りです。もちろんこの価格帯の手動カッターなので、微妙に誤差はありますが、ぜんぜんOK。

ということで、「ハンブンコ」をご購入で1枚目切ってみて「失敗したー!」と思われた方は商品取替など面倒なことをしなくても(それが一番でしょうけど)かなりなんとかなりますよ、というお話でした。

さあ本つくるぞー。きょうからC92の申し込み開始ですわー。

posted by ながたさん at 06:02| ガジェット