2013年02月05日

2/4


・【TV】スーパーボウル レイブンズ v 49ers
 兄弟ヘッドコーチ対決・兄の勝ち。
 28-5まで押されていた49ers、長い停電(!)のあと勢いを盛り返し、一時は3点差まで追い上げ、さらにレイブンズの守備大黒柱ナタが怪我、これはあるいは史上に残る大逆転、さすがスーパーボウル黒星無しの49ers……と思わせるも最後の攻撃でTD取れず、そのまま時間使われてレイブンズ。
 ちょっと「穴の突き合い防ぎ合い」みたいな小規模感があったのですが、これはこれで面白い試合でした。

・【TV】ベニシアさん豪雪の奥会津へ殴りこみ。
 築300年の古民家で漬物を食べたり、籠細工を見学したり。職人はまたマタギ。四世代で囲む山鳥鍋がヤケクソに美味しそうでした。

・先日ベロッベロに酔っぱらいながら鉄っちゃんに言われたのが
「ながっちゃんさあ、古典読んで説明して」
むっ、と思ったのが数年前にokbちゃんにも
「ながた先輩古典読んでわかりやすく解説してくださいよ」
と言われたことがあって、まるで違う二人にそう言われると。

 ……そんな僕説明キャラですかね(笑)

 まあここで毎日のように何かしらについて感想書いたりしてるのも「説明」みたいなもんで、これだけ長くやってると本人が思っているより上達してるのかもしれませんね。

 説明していきますとも。
 
posted by 犀角 at 13:26| 日記

2013年02月04日

2/3


・まま上が作ってくださった恵方巻きを1本満足バー。

・海苔巻きを丸かぶりするたびにこれとサイダーを持たされてラバウル・ガダルカナル片道1000キロ往復8時間毎回毎回飛ばさせられた航空隊の皆さんのことを思っては涙が浮かぶ。
 無理やんか。決戦1回とかならまだしも。

・煮詰まれば煮詰まるほど合理性(特に人間の物理能力に関する)を破棄する日本人の悪い癖は、いいかげん直さないといけません。

・ドキドキ!プリキュア #1
 今回は「ドキドキ」のあとにビックリマークですよ。
 スタッフ総入れ替えということで(シリーズディレクター(監督)とシリーズ構成(脚本元締め)が替わるのは毎回なのですが、今回はプロデューサー、音楽も変更)またガラリと変わった雰囲気です。『ポケモン』とかあんな感じの、ちょっと子供向け冒険活劇的な。
 田中真弓さんの声聞こえてくるとどうやっても冒険活劇になりますよね(笑)

 キャラデが『スイート』の高橋さんだったもので絵だけ見てああいう人間ドラマ方向かな、との予想は軽やかに裏切られ、わりとベタなコミカルヒーロー。『スマイル』みたいな新喜劇ではなくて、コロコロコミックとかあのへんの。

『スイート』の時もそうだったのですが、プリキュア慣れしてない方が演出・脚本に入ると「プリキュア感」が出てくるまでにちょっと時間が掛かります。だからそのへんはしばらくスルーして(誰に向かって言ってるのだ

 しかし音楽変わるとまったく雰囲気違いますね。「両指で作ったハートマークを胸の前に持ってくる」という決めポーズ、さらに金髪にピンクの衣装、キュアハートはキュアピーチそっくりなのですが、鳴ってる音楽が違うだけで全然違うキャラに見えます。いや全然違うキャラなんですけど。

 もしプリキュアが小さな女の子の憧れを投影するものだとするなら、10年前のなぎさ&ほのかがラクロス部のエース・科学部の天才少女と、憧れポイントがその「高い実務能力」だったのに対し、マナちゃんはおせっかいを焼きまくる頼られる生徒会長、つまり「高いコミュニケーション能力」で、まあいわばMBAからFacebookの友達数への変化みたいなもので、この10年ってやっぱり激動なんだなあ、と思いました。
 このまま行くと来年あたり16歳既婚の奥様プリキュアとか出てくるで。あとは南の方の離島で半農半漁の生活してる野人プリキュア。家中全員病で動けないでも笑顔を忘れない介護プリキュア。

 あそれで思い出した。これきっと王女様が追加キャラでキュアエースとかそんなんですよね。純白のボディにレインボーの差し色なんですよきっと……

 これからの展開が楽しみです。
 
posted by 犀角 at 06:10| 日記

2013年02月03日

2/2


・二日酔い。

・ビデオニュース・ドットコムは「再エネはどこまで行けそうか」大林ミカ氏
http://www.videonews.com/on-demand/611620/002658.php

 ドイツがもう随分先行しているFIT(フィード・イン・タリフ、買取制度)の現状と課題、翻って日本の問題点などなど。
 今年で再エネで25%達成ですって。去年一年で700万kWhを達成して過熱する設備投資にFIT予算が追いつかないほど。特に最後の方で出ましたグラフ見てますと2009からこの3年で急上昇中。パネルの値段が下がったのが大きいようです。今や買取価格も16円ほどだそうですが(日本は去年42円でスタート)、それでも。
 中国が風力だけで6800万kWh(原発68基分)持ってるってご存知ですか。そして今も激増中。

 その他「ドイツはそのせいで電気料金高いじゃないか」とか「FITは貧乏人から電気料金の形で取って設備を持てる裕福な人に渡す制度ではないか」などよく出る疑問に対しての解答もあります。

 まあ僕ちょっと楽観的で、さすがに「世界の趨勢はこう」というのが明らかになってくると、ブロードバンドの時みたいに「いろんな力が多角的に働いて」なんとなくそっちへ行く気がします。
 スマホの時もそうねえ。わずか5年ですよ、シェア5割の最大キャリアが端末メーカーと膝詰めで作った端末やサービスが「時代遅れ」と嘲笑されるようになるまでに。
 そんなもんスわ。

 太陽光ももう電器店で買ってもペイまで10数年程度、本編で紹介された世田谷区の補助金を出した例ですとわずか6年。なんかほんの数年で、バタバタバタバタッとくる時期が来そうな感じです。
 
posted by 犀角 at 11:52| 日記

2013年02月02日

2/1


・フリさん鉄心さんと熟成肉『又三郎』@長居。
http://www.matasaburo.com/
何回食べても美味いッス熟成肉ステーキ。

・「フェイスブックっていうのを友達に誘われて始めてね」
 「『っていうのを』ってつけなくても知ってるってw」

・その後まきをちゃんのライブ聴きに『ロイヤルホース』@梅田。
http://www.royal-horse.jp/
 生歌生演奏はいい。
 やっぱりボディが震えてなんぼですなあ音楽は。

・割鮮『吉在門』曽根崎本店
http://www.kichizaimon.com/
の小上がり席であっという間に朝までブイブイ。氷見鰤に舌鼓。
 ・迷作服を着た熊
 ・「サイバー攻撃」という単語が具現化したような長髪を後ろでくくった男性(眼鏡が緑)
 ・パツキンの女王様(被スカウト歴あり)
 ・見るからに善良そうな好男子
と外見の共通項の無い4人ですが、なにか心象の根底に共通の前提があるらしくて、会話のドライブが速いのです。
 
posted by 犀角 at 20:15| 日記

2013年02月01日

1/31


・今日も救助船は近くを通らず……
 
posted by 犀角 at 17:42| 日記

2013年01月31日

1/30


・喉の違和感が取れません。
 痛みというほどでもなく痰や咳が出るというほどでもないのですが、こう、始終引っかかってるというかスッキリしない。

・これはもう石垣島ででも転地療法を……

・「むずかしいこと」
って実は物理的に難しいことはなくて(本当に難しいことやってる人は数学や哲学のエライ人ぐらいで)、解決策はだいたい2か3かしかなくて、どれを選んだらどんな影響があるかで「悩んでる」だけのことが多いです。
 その点、将棋に似てます。
 羽生さんの御本など読むと、その時考えられる全パターン読んでるわけじゃなくて、2、3の「よさそうな」手をターッと深読みするそうですが、それでも10手先とかプロでも読めない。「だいたいこの手ならだいたいこんな感じになるので、よさげ」という手を打つわけですね。
 で、相手の対応を見て、その都度その都度その「感じ」を修正していく。
 それでも天才・羽生善治が普通に負けるわけで、ど頭から勝利を目指した計画が立ち、それを猛烈に遂行するだけ、なんて幻影はいったいどこで刷り込まれているのでしょうか。

・やっぱり「効率」という幻想が諸悪の根源のように思いますね(笑)
 その背後にある近代的価値観、兵隊と工員を量産しそれを官僚が統制するロボティクス・ディストピア。
 
posted by 犀角 at 23:49| 日記

2013年01月30日

1/29


・祖母医院。
 また少し数値悪化するも今回は直前の耳下腺炎のせいだと思いたい。

・甘味料「北海道てんさいオリゴ」加藤美蜂園


「オリゴ糖 浜村淳です」
というのが僕最大のヒットギャグです。
 ヨーグルトのおともに。ビヒズスたちの餌になるそうですので。はちみつ代わりになりそうなぐらいしっかり甘いです。

・「Kindle Paperwhite用レザーカバー」Amazon


 純正品。Paperwhiteは電源スイッチが若干押しにくいので、開け閉めで電源がオンオフされるのが使いやすいです。

 ただちょっと色が微妙かな……悶えた挙句サドルタンを選択したのですが、せっかく本革が得意そうな色にも関わらずイマイチです。ついでに言うとどの色も写真でご覧のとおりイマイチで……
 前に使ってたBaffaloのは機能的には劣るのですが、合皮を活かして華やかな色、裏地は触感のいいバックスキン風、とツボを押さえてました。どっちがオススメですかと訊かれると悩むレベルです。

 高級電卓なんかで上からスポッと差し込むタイプのプラスチック・カバーが付属してくるものがありますが、ああいうのがいいのかなあ。
 
posted by 犀角 at 09:43| 日記

2013年01月29日

1/28


・本「「体幹」を鍛えるとなぜいいのか?」木場克己



 長友佑都選手のパーソナルトレーナーということで、この本を読めば90分サイドラインを上下上下上下上下して終わり間際にヘットヘトの相手サイドバックを交わして絶妙のクロス上げてヒーローになってインテルでオランダ代表の10番やイタリア代表の10番と仲良くなってマテ兄貴に可愛がられるのかなあ、と思って。
 失敗しました(笑)
 この書トレーニング内容よりもタイトルどおり「なぜ体幹トレーニングがいいのか」の説明書きでして、こういうスポーツにはこうだからいい、こういう人にはここがこうなるからいい、という理論の部分です。
 なのでホントにKOBA式体幹トレーニングを始めたい方はDVD付きの別のムックなどで……

 KOBA式ではトレーニング前にストレッチで筋肉を緩めるそうです。
 ストレッチの使い方も最近諸説ありまして、変にやると神経が逆に緊張しちゃってケガの可能性増やす、という研究もあります。この本でも、たとえばヨガのポージング的な姿勢ひとつとっても、「骨盤を歪めない」「こことここを水平に」などそこを間違うと逆効果、という点がいろいろあって、なかなかたいへん。
 だからもうなんといいますか……ホントに信頼出来る、自分にあったプロ・トレーナーと組むしか。また盲信してもその……スポーツ観戦好きの皆さんなら「明らかな失敗例」を何例もご存知でしょう、難しいもんですね。

・『無鉄砲』のラーメン
http://www.muteppou.com/
を弟が買ってきてくれました。
 お持ち帰りもなかなか凝ってて、スープの温め方から丁寧に解説されてます。
 豚骨ですがあまり変なもの入れてないようで、コッテリで脂っぽくはあるものの嫌味は無く、見た目よりあっさりです。胡麻の風味効いてて、これがポイントなのかな?
 チャーシューも同系統の味であっさりまとまめてあっていい感じ。僕個人的にはチャーシューが別立ての味付けやボリュームで存在感をアピールするより、こういう馴染んでる方が好きです。
 実店舗も行ってみたいと思いました。

・空気清浄機フィルタ「FZ-51C1HF」シャープ



 3枚目。
 前回は10年3月でした。早めですが、なにやら中国の方からPM2.5が飛んで来ると言いますし瓦礫焼却も始まるってんで、お札を買うように。

 この機種のHEPAは3ミクロンまで、なのでPM2.5には無力……ではなくて、こないだ「ガッテン」でやってたんですけど網の目より小さい物質も、網にぶつかると分子間力が働いてピトッとくっついちゃうそうなんです。(だからマスクもウィルスに有効)
 その理屈で言いますとたぶんダイキンが最上位機種で採用してる、浮遊物質を帯電させて、フィルタ側を逆帯電してキャッチする、というのはとても効きそうですね。これはブルーエアも似たようなの使ってます。

 東芝とバルミューダの、気流の方を凝るのもまたもう一つの空清機のトレンドですが、僕の部屋はサーキュレータ回してますので個人的にあんまりで。

 今回も本体買い替えも考えたのですが、どっちにしろフィルタ新しくしておいて損はないと思って。
 都会に住んでると空気と水も高くつきますねえ。(コーヒー用の水はブリタ通してます)

 先日の喉痛に懲りてなますを吹いてます。
 
posted by 犀角 at 07:33| 日記

2013年01月28日

1/27


・スマプリ最終回 最後まで「らしく」力押し
 最後の難を挙げるとするなら、「バッドエンド空間では人々は無気力になってしまうのでプリキュアのことを知らない」という設定がこの最後の最後で祟って、テーマが「スマイル」なのにプリキュア以外の人間が誰も噛めなかったことですか。フレッシュ、ハトキャ、スイートと最後は周囲を巻き込んで大決戦、が続いていたのでちょっと寂しかったです。
 でもそのぐらい。
 1年間楽しかったです。

 なんといっても基本的に1話完結で防衛戦一本槍つまり「スジがない」ので、いつどこからどの回観ても楽しめるのが安楽でよかったです。
 もちろん、「スジがない」ことに物足りない大人はたくさんおられましょうが、これ基本的に未就学〜小学生の女の子がターゲットの作品ですし、僕個人的にはそもそもスジは別に要らんと思う方ですので(笑)、いいと思います。

 さらに基本的に悪意の無い世界で、プリキュアは基本そうなんですけど、それでもいがみ合いとか人間の距離感のドラマは必ず入るんですが、ほとんどない。
 これも物足りない方には以下上の節と同じ。

 これは僕の持論で何度も言ってるのですみません、ピエール・オーギュスト・ルノワール画伯曰く、
「汚いもの辛いこと、そんなもの現実になんぼでもあるやないか。ワシは一生ロリを描く」
わざわざ日曜の朝からイガイガした人間のコミュニケーション不全を(たとえ修復されることが予定調和として約束されているにせよ)見せんでもええやないですか。

 ということで、僕個人的にこういう世界大好きなのにいまや希少なので、毎週楽しみでした。
 僕ら楽しみたいんですよ。
 勉強したり、気づきを得たりをするのは別の機会で十分です。

 作画もほとんど良く、高梨節もキマってて、ネタ回のキレも抜群(小さくなる、入れ替わる、幼くなる、ロボ、どれもおもしろかったですね)、むしろネタが多すぎて、あとでWikipediaで48回見なおしてみるとこれでもパツパツで溢れそうな感じです。まだ1年やれそうな。
 16回ぐらいが進行回で、30回ちょっとしか無いんですよね。しかも文化祭・体育祭・夏の海辺と田舎……とほとんど義務と化してる定番回も多々あるので、48回といっても意外に自由の効く回は少ない感じです。

 シリーズでの位置づけをどう言葉にしていいかわからなくて困っているところです。
 人に薦めるなら「ハートキャッチ」、
 プリキュアとは何ぞやを知るには「スプラッシュスター」、
 個人的に好みなのは「フレッシュ」、
なのですが、そんなことを言いながら
 一番たくさん観てるのが「スマイル」。
という気がします。
 イタリアンの店のメニューでもご想像ください、人に薦める料理、その店の特徴のわかる料理、好みの料理、いろいろありますがでも一番回数食べてるのはこのカルボナーラ、みたいな。
 で、それがたぶんベストなんですよ。
 人間に「評価」なんて実はできないんじゃないかと思いますね。
 
posted by 犀角 at 19:40| 日記

2013年01月27日

1/26


・ムック「アテンザのすべて」三栄書房



 デミオを買う時にちょうどアテンザが売り出されるタイミングでして、ショーカー「雄」(タケリ)の頃からSKYACTIV技術と共に2年越しでウォッチし続けてきたクルマだったので喜び勇んで観に行ったんです、いざとなったら無理してでも買おうかと思って。

 おっきかった(笑)

 もうシロナガスクジラみたいに巨大なボディで、実は先代もたいてい大きなクルマだったんですが明らかにさらにサイズ一つ上。先代がMmaxだとするならこれは堂々のLど真ん中で、エンジンとか生い立ちとかいろいろ考慮要素はあるにせよドイツ御三家ならE・5・A6を相手にするクラスだなあ、と思って諦めました。

 まあでも走らせるとまた違うかも。
 実はまだ試乗してないんですよ、こないだ一ヶ月点検持ってった時は夕方の閉まる寸前でそんな余裕無くて。

 でも聞いたところ走りっぷりも評価高いですし、燃費このサイズにしては抜群のようですし、ガソリン2000が250万円は車格考えるとバーゲンプライスだと思います。
 自分で買うとしてもセダンの2000ソウルレッド、にディスチャージだけ付ける、かな。(あとナビ関係)
 ……あいやでもやっぱりディーゼルかな!

 というような妄想のお供に。

・ビデオニュース・ドットコムは
「金融緩和で日本経済は復活するか」
ゲスト:浜田宏一氏(イェール大学名誉教授)、小幡績氏(慶應義塾大学准教授)
http://www.videonews.com/on-demand/611620/002644.php

無料放送の懐疑派のインタビューは野口悠紀雄氏
http://www.videonews.com/interviews/001999/002648.php
浜矩子氏
http://www.videonews.com/interviews/001999/002647.php

 やっぱり先々週と感想は同じで、
http://rakken.sblo.jp/article/61438867.html
議論のレイヤーがズレてるんですよね。
 浜田先生は高橋先生と同じで「とにかく異常なのは現実問題として確かなんだから、いいからやれ」一辺倒。
 懐疑派は日本が直面してる状況はおそらく世界で初めてのことであって、一応「市場の国債を買う」という金融緩和をいままでやってきて効果が無いんだから、それを量さえ増やせば何かが起きると考えるのはおかしいし、そういうことをやると金融の規律が崩壊してとんでもないことが起きかねないし、そもそもそのお金の行き先が投機マネーか、特定の(最早景気を押し上げる力の小さい)公共事業セクターに流れるだけで人々の生活に関係ないのでは、etc。

 まあ2年ぐらい続ければなんとなく結果が見えてくるのでは(笑)

 といっても2000年代初頭の若干調子良かった頃、この頃って東京は明らかに不動産プチバブルみたいなのなってまして(友人がマンション買うタイミングだったのでいろいろ教えてもらいました)大阪に居るとほとんどなんの関係も無かったです。
 やっぱりあれとおんなじような、お金あるところにまたお金がジュブジュブ流れて、晴れの日に傘を貸すってヤツですな、無いところにはなんーにも無い、というようなオチっぽいですねえ。
 懐疑派がおおよそ恐れているのはそのような特定の層のいわば「食い逃げ」によってなんとなく世の中が浮かれて、問題が見えなくなって、それによって根本的解決が「またも」先送りされること、のようです。

 で、そこは価値観の衝突でもあって、日本人には特に「先送り」をなんとも思わない人、むしろ「知恵」とまで言い切る人が、かなりの割合居るんです。
 そのことの是非やその原因は横に置いて、そういう人々にとっては「問題の本質」には興味がないので、「それは本質解決ではないので」という議論が成立しにくい、いやもっといえばしないんですよ。
 いま注射打って元気になればそれでいい。
 注射の中身とか身体本来の治癒力とか耐性菌がどうのとか、そんなん一切興味無いんです。
 日本に「リベラル」が育たないのは結局ここやないかなと思います。とまで言うと話が大きくなりすぎですけど。

 また懐疑派が口を揃えておっしゃるのは
「金融政策の看板掲げてるけど、要は公共投資のための国債を大量に発行したいだけじゃないか」
という点で、その視点から見れば実際そうですね。
 しかしそこ考えるとだんだん最近ポツポツ言われますように、政府が成長戦略なんてところに責任持つ必要があるのか、という根本的な疑念が生じますね。そういうできもせん変なことに首突っ込むから話がどんどんややこしくなる一方で。
 今回だってこれ見方を換えれば、子会社に莫大な借金してそのお金をあっちこっちにばら撒いてアガリを期待する、というギャンブルですよね。
 でだいたいギャンブルというのは真剣にやってる人でも勝てないもんなのに人の金(税金と国債)でやって勝てるわけ無いじゃないですか。

 うーん。
 
posted by 犀角 at 21:11| 日記

2013年01月26日

1/25


・なんかプチッと来まして、ガジェットに貼ってあったフィルムをめくりまくりました。残したのはKindle peparwhiteだけ。

 iPhone5触って思ったんですが最近のガジェットに採用されてるガラスはとても手触りがいいんです。
 フィルムはどうやってもPET樹脂のつまりペットボトルと基本的に同じ手触りで……最近のガラスは傷もつかないですしねえ。
 あと平滑性も敵わないので、iPhone5見慣れてるとなんか表面がベコベコしてるように思えてくるんです。
 いやホント人間のセンサーってつまらないところで恐ろしい精度を持っているものでして。

 ある時からAppleはAppleStore(実店舗含む)でフィルム類を扱わなくなったのですが、このへんの自信ですかね。

・イヤホン「EarPods with Remote and Mic MD827FE/A」Apple



 iPhone5やiPod touch5thに付属してくるアレです。断線させてしまったので買い直しました。
 カナル型とインイヤー型の中間のようなスタイルで、カナルの圧迫感が無く、その代わり遮音性は低いです。またカナルの解像感はありませんが、その代わり低音がよく響きます。
 touchなどオーディオ用ならともかく、スマホ用としてはマイク・リモコンが付いてないモデルは最早検討する気にもなれません。
 そこへ持ってきて2500円という低価格。
 僕はイヤホンは頑ななU字派(左右が不等長で長い方を首の後ろ回すタイプ)なのですが、そのポリシーを捨てて、かつ好みでない(おなじみの)白いボディ&ラインであってもこれをまた選んでしまいました。

 耳に突っ込む部分が滑る方は、百均でイヤホンカバーが8個(4組)105円ぐらいで売られてますのでこれで。
 
posted by 犀角 at 23:10| 日記

2013年01月25日

1/24


・家の用事で半日潰れてヘトヘトでした。
 用そのものは5分も掛からないようなことなのですが、待ち時間が……
 こういうの昔から凄く弱いんですよ、「ここでこの予定」って決められるとそれが気になって他のことが手に付かないんです。

・「ガッテン」のマスクの回
 顔と接触する部分をピタッとつけるだけで劇的にシャットアウト率が上がるそうです。というか、そうやって着けないとほとんど濾過できてないんですって。
 ただその場合でも何か>自分の手>自分の鼻・口というルートでの接触感染を避ける役割もあり、積極的にマスク使った方がよいとのことです。

・iPad miniでテキスト打ちは
 荷物軽くできる、というのもあります。もちろん深夜にガッツリ書くぞと決めてクルマでファミレス、の時はカバンが多少重くてもいいのですが、散歩に出て書くかな書かないかな的な時は、1kgちょっとのAirでさえ持ち出すのが億劫で。
 軟弱になったもんだよ。昔は……
 いや昔からサブノート(死語)一択さ。

 手元実測で
iPad mini+Smart Cover+RBK-3200BTi
=586g
MacBook Air(11-inch, Late 2010)+ネオプレン製カバー
=1165g
半分ほどの重量に。
-600gって大きいですよ。ソフトカバー単行本2冊分ぐらい。

・まあお外は気分転換ですね。
 やっぱり深夜自室でトランス状態が一番です。
 というか、あの麻薬をやりたくて何か描いてるって気もするなあ……
 
posted by 犀角 at 22:24| 日記

2013年01月24日

1/23


・真夜中にFish&Chipsなんて食べるもんじゃないですね……

・Bluetooth折りたたみキーボード「RBK-3200BTi」リュウド



 なにか微妙なもの買っちゃうと意地になっていろいろ買っちゃうスタパの兄貴のような物欲発動。
 長年買おうかなどうしようかなと思ってたリュウドの折りたたみ買いました。

 結論から申しますと「iOSデバイス用外付けキーボード」としては現状ベストではないですか。

 まず折りたたみなのでカバンの中でちんまり収まってくれます。付属のポーチもバックスキン風の手触りいい厚い布にマグネットホックとなかなかゴージャスな作りで、僕などは「これ要らんから1000円引いてくれw」と思うほど。
 単四電池2本込みでウェイトも206g(手元実測)と軽量。(ちなみにポケモンは単三2本込み258g手元実測)
 折りたたみオープンで電源ONというギミックで手間も少なし。最新のBluetooth規格に適合して電池持ち時間は1日1時間使用で公称半年。
 パンタの打ち心地もまずまず、キーも最上段・最下段が高さ方向短い横長ですが、それほど気になりません。配置は英語配列ベースですが、コーディングでもせん限り不満は無いでしょう。

 引き出し式の内蔵スマホホルダですが、意外に使えます。ただ、iPadなどタブレットですと308gのminiでも支えられないので(不可能ではないですがかなり無理感あり)、その場合はタブレットの方の折りたたみカバーなどで別途支える形になります。

 開いたままロックする機構もあるのですが、机の上で使う分には必要性を感じません。ゴム足が四隅についててズレにくいのもgood。

 これ昨日も言いましたが、Bluetoothキーボードはサイズを問わなければ安いのあって、そっちの方が打ちやすいのは間違いないので、ご自分のやりたいスタイルに合った選択を。

・僕が「リュウド」ってメーカーを意識したのは大昔90年代半ば、MacOS8ぐらい用の「Rboard Pro for Mac」という親指シフトキーボードの頃でして(いまWikiるとこれOASYSの金型使ってたそうですね)その頃から変態キーボード一筋(笑)さすがの完成度です。

・僕の場合11インチのMacBook Airがあるので、別にわざわざタブレットでテキスト打ちをしなくてもいいのですが(ちなみにポメ100も持ってるぜ)、なんとなく「いざとなったらこういうやり方もできる」という、なんと言いましょう、直球とフォークのピッチャーが見せカーブを覚えるようなそんな感覚……とかなんとか理屈をつけて、タブレット+キーボードで遊んでみたかったんで・す!

・しかし深夜ファミレスなど行きますと時節柄大学生の後期試験だからか(あと大学受験か)、昨今はタブレット持ちの若者が別体キーボードを叩いている様もポツポツ見かけます。
 なんといっても高級品であるiPad miniでさえ16GBで28,800、Nexus7なら19,800、それにこれは6,500円ほどしますがポケモンなら2,000円も出せば手に入る、つまり25,000円ぐらいでテキスト打ちもできればケータイとテザしてwebが大きな画面で見れて、自炊なりしてテキストなりをデータで突っ込んでおくこともでき、息抜きに安いゲームも楽しめる、となると若い子そりゃノートPCなんか買いませんよ……

・こうなるとGoogle日本語入力が欲しいですなw
 というかNexus7買おうかなあ(本末転倒
 あとATOK Padという選択肢もありますねえ。
 うーん。

・mini用のSmart Coverも買いました。
http://store.apple.com/jp/product/MD828FE/A/ipad-mini-smart-cover-%E2%80%93-(product)-red?fnode=3b

 これiPad用よりずっと軽くて(70gぐらい)手軽でいいかんじですね。色はせっかくAppleStoreで買うので(PRODUCT)REDをば。
 ブラックボデーに映えてなかなかいいです。
 
posted by 犀角 at 22:14| 日記

2013年01月23日

1/22


・「アーム便利やなぁ」とぐりぐり動かしてました。

・Bluetoothキーボード「Bluetoothキーボード アルミケース for iPad mini [MK7000-BK]」マグレックス



 ぼんやりガジェット系web見てますと目に飛び込んだのがこちら。(通称)ポケモンキーボードで満足してたのですが、これはiPad miniのカバーにもなるし、なんといっても150gの軽量が魅力。出たてで評価定まってませんが買ってみました。

 結論から言うと微妙です。

 まず写真の撮り方がすごく巧くて目立ちませんが、キーボードの手前側にカバー時にiPadに引っ掛けるプラの爪がかなり高く立ってるんです。これが壮絶に邪魔。
 それはメーカーも把握はしてて、親指を逃がすように右オフセットのキー配置はしてるのですが、僕個人的に右親指でスペースキー(変換)打つので、ちょっと厳しいです。
 さらにそれに伴って「;」の横二つキーが省略されており(Fnキーと併用打ち)、Enterキーが近すぎて小指が迷います。(これは慣れるかなあ?)
 あと無くなった2つのキーが担当してる「と」も、会話文体でこのキーを多用する僕には個人的に辛い。

 さらには、キーが一見パンタですが実はメンブレンで、メンブレンのアイソレーションタイプ(キートップが独立して出てるタイプ)はキーの端っこが引っかかることが多くて打鍵感が悪いんです。(その分静音でコスト安ですが)これもマイナス。

 カバーとしての役割を重視して、キーボード背面には足として(アルミの)小さな突起があるだけで、滑り止めなどがなく、つるつる目の机の上では滑ることもあります。これも小さなマイナスかな。

 わりと使いやすいソフトウェアキーボードがあり、いざとなればポケモンやApple純正など快適に打鍵しまくれるフルサイズBluetoothキーボードの選択肢もいろいろある中で、「小型Bluetoothキーボード」の企画は難しいなあ、と思いました。

 ただ、前述のようにminiのカバーにもなり、とても軽く、キーボードそのものの取り回しに気を使わなくていい(乾電池ではなくUSB充電なのも魅力)、のは大きな利点です。キーボードを生でカバンに突っ込むのはちょっと気が引けますしね。
 だからどうでしょう、キーボードとして買うというより固めのカバー買ったらキーボードもついて来た、みたいな気分でお買いになるならいいのかな?
 出たてでちょいとお高めですが、似たような商品の外国製が2000円台であるので、これも……そうね、3980とかなら、合皮製とかでそのぐらいのカバーなんぼでもあるので(そもそもApple純正のSmart Coverだって3980円)悪い買い物ではないんじゃないでしょうか。

 そんな感じです。
 
posted by 犀角 at 10:04| 日記

2013年01月22日

1/21


・喉はおかげさまでほぼ治りました。
 まだふとした時にコンと咳が出ますが。

・ヨーグルトメーカー「ヨーグルティア」タニカ



 弟がちょっと体調を崩しまして一念発起、ヨーグルト作りまくって喰いまくるという健康法に目覚め、これ買ってきて明治『R-1』を増殖させてはガバガバ食べていたのです。
 それ見てまして喉痛めた時に「僕も少し……」と食べてみましたら存外美味しい。
 市販品の濃い味付け(?)が緩まってて、自然な甘味と酸味で美味しいのです。(お砂糖はいれますけども)
 なにより!
(以下BILOWな話ご注意)

 お通じが凄い!
 その日の数時間後堰を切ったようになにやら汚らしいものが出ましていや便は基本的に汚いのですがほら、形状や色によりますでしょう、いわゆる「宿便」っぽいものが出まして(「ガッテン」によるとそんなものは無いそうですが)、一瞬「あれは腐っていたのか」と、いや腐っているんですけど、でも、下痢の時の不快感は無い。それでちょっと続けて様子を見よう、と思いましてそんな感じで4-5日腸内清掃が続き、一応落ち着くところに落ち着きまして(ちょっと緩め)なんだかすっかりおなかリフレッシュ。
 胃腸がスキッとしてると、なんだか元気もあるんです。ガッツとはよく言ったもので。

 硬便家・軟便家など便に不自由のある方、「ヨーグルトがいいと効くがそれほど効くとは思わん」「乳酸菌って胃酸と小腸でやられちゃうんでしょ?」
 それを量でカバーだ。
 お茶碗一杯分ずつぐらい3食食後に食べてれば良くなりますよ、きっと(効果には個人差があります)

 コスト削減だけではなく、なんとなくキチッとした市販品がゆるっとして食べやすくなります。ベース品、牛乳、砂糖の種類で風味のバリエーションもつけられますし。
 ホームベーカリーもコーヒーメーカーもそうなんですけど、なんとなく自分で手を加えたものは、美味しく感じるものです。

・ディスプレイアーム「エルゴトロン LX」エルゴトロン



 アーム初めて買いまして。
 以前から興味はあったんです、趣味CGやる時にペンタブレットを手前に置いてキーボードを向こうに押しやるわけですが、当然ディスプレイのスタンドが邪魔をしてそんなに向こうにいかない。
 とはいえ若干の不便でしかないので、わざわざアーム買ってまでは……と、思ってましたが先日模様替えしてTVも(レコーダ経由で)PC用と同じディスプレイに映すようになりまして、やっぱりTVとPCでは絵の作り、想定している目の距離が違うんですね。それでこのへん簡単に調整できるといいなあ……と、理由をつけて買ってみた。

 ざっくりぐぐると先達誰もが吼えるのは
「安物買うな、エルゴトロン一択」
でしたのでこちらを。
 アメリカから?直送で来ました。

 設置しますとまことに先達はあらまほしきことなり、圧倒的な安定感と安心感。
 想像してたような、たとえば覚えておいででしょうかiMac(大福)のネック部分の指先一つで自由自在な感じ、あそこまで素敵な感触ではないですが、両手使って移動させるとピタリ、そこにとどまってくれます。硬さの調節も(付属のレンチを使いますが)簡単です。
 組立もはめこむだけ(VESAマウントもローレットスクリュー付属)、長く大きなアームで可動範囲も広大、普通のデスクならおそらく不満は出ないでしょう。

 実際作業で使ってみますと、想像以上に快適でした。想定してた使い方以外にも、細かく言えばCGの色塗り作業とテキスト入力ではそれぞれ最適距離が違います、それをパッと調節できる。
 ノートPCの使い勝手に近いです。
 また座る姿勢によっても、腰を前に出してダラッと持たれる座り方をしても、画面をぐっと手前に持ってこれますので、自堕落ネットサーフィン可能です。どうしてもキーボードとの関係で距離・下ヒンジで角度に限度があるノートPCよりもあるいは快適かもしれません。
 また、手元のノートPCで作業する時は邪魔にならないように簡単に奥に、それもちょっと高めにしますと、iTunesの操作やBGV動画などが遮られなくてよろしいです。
 見上げてるとトレーダーみたいな、不思議な気分ですね(笑)

 ただ、この機種は特にそうなのですが、すごくおおげさです。
 画面の前に座ってると(当然ながら)ほとんど視界に入らないので気にならないのですが、部屋に入って目にした瞬間などは「なんでこんな大仰な装置がw」と思わず苦笑。
 このおおげさな鉄の塊がただ「画面の位置調整」というたったそれだけのために働いているという、なんともキッチュな感覚。
 YouTubeなどで製品名で検索されればオーナーの方の動画など見れて、感触掴めると思います、イメージ写真なんかよりはるかに「ゴツい」。

 VESAマウントの先につけられる耐荷重は9.1kgまで、おおよそ最近の製品なら27インチクラスでも大丈夫だと思います。逆に言うと10kgのものをテコの先で支えるには、このぐらいのガッシリ感が必要だ、ということで。

 欲を言うなら、ケーブルさばきが液晶側から見て1本めのアームはタイラップ、2本めはカバーがあるのですがちょっと小さくて電源・DVI・HDMI・LINE IN/OUTと5本の線が走るウチの環境では不可でした。なのでケーブルはディスプレイからダラリと這ってるのですが、まあ実用上は問題なし。

 あまりにもおおげさなものなので、万人オススメとは言えません。しかし一日の長い時間をディスプレイの前で過ごされるようなジョブ・生活の方は、一度購入を検討されてもいい、と思います。想像してるよりもずっと便利なデバイスです。すくなくとも僕はそうでした。

 だいたいなんでもそうなんですが、これ何回かお話してるかと思いますが、
「いった人が帰ってこないものはすぐ買え」
というのが家電やガジェットの鉄則でございます。ここ20年ぐらいで言うと携帯、スマホ、タブレット、カーナビ、HDDレコーダ、薄型TV、ウォシュレット、食器洗い機。
 いまちょっとまだ微妙なのがベーカリーやお掃除ロボットですかね。
 アームはだいたい買った人喜んでるので、もし興味あるようでしたら思い切って。

 余談ですが、これによって「あんまりおっきな画面机の上にあっても、圧迫感あって嫌だなあ」という呪縛が取り払われたので、俄然27インチ2560×1440系のディスプレイが欲しくなりました(笑)
 いまASUSやDELLに5万円強ぐらいのモデル(もちろんIPS系)がありましてね……しかしそれを買うとWin機のビデオカードを換えて、Macのディスプレイポートケーブルを買って、いやいやここはMac miniを……(ズブズブ
 
posted by 犀角 at 20:12| 日記

2013年01月21日

1/20


・スマプリ#47 ロイヤルキャンディめっちゃ頑張る
 引っ張りますねぇ。女王はもう居ない、キャンディは力尽きた、さあプリキュア達は地球サイズの敵とどう闘うのか!
 今作は前作(スイート)でトライした1話丸々後日談はさすがに間延びすると思ったのか、最終回Aパートまでバトルのいつものパターンに戻すようです。
 あと1回か……寂しいなあ。

 ぼくは一途ですからね、2週間後に「ロゼッタ最高」とか言ってませんよ。

・ムック「神さまと神道100の基礎知識」監修:武光誠


 当たり外れに定評のある別冊宝島ですが、これはとても勉強になりました。知らないこといっぱい。
「神道」って身近なようでいて実は何も知りませんよね。せいぜい「二礼二拍手一礼」とかぐらいで。

1 神様と神道 基本編
2 日本の神様
3 神話の世界へようこそ
4 神道 今と昔
5 これも神道だった?意外と身近な神道
6 これが神社だ!
7 神社の参拝マナー
8 神職の仕事
9 知られざる神社の秘密
10 知れば知るほど面白い 神様と神道 上級編

という感じで、いざなき・いざなみから「神主」という職階はもう無いという話まで、間口幅広く入門編で。
 
 神前結婚式が明治40年代ぐらいから広まった儀式だってご存知でした? もうちょい有名なところなら、「初詣」という風習は同様に明治中期、正月の乗車率を上げるために関西の電鉄会社が企画したネタだってこととか。
 そのへんゆるいところが八百万の神さまのいいところですな。

・ビデオニュース・ドットコムは文字通り「水の話」橋本淳司さん(ジャーナリスト)
http://www.videonews.com/on-demand/611620/002639.php

 とてもおもしろかったです。
「バーチャルウォーター」という概念があって、例えば小麦を輸入すると、小麦を育てるために使う水が節約できたと考える。これで計算すると日本はなんと、食料自給率を上げようと思っても水がボトルネックになって60%が限界だとか。
 確かに降水量は多いのですが狭くて勾配のきつい国土のためあっという間に流れ去り、かつ人口が多いので一人あたりにすると「恵まれている」とは既に言えない状態だそうです。
 といっても、近年よく囁かれますような「中国人が水源を買ってもう俺たちは終わりだ」みたいな話はちょっと行き過ぎ、というか別の人々の別の思惑が入ってて、例えばある県庁の中でも水源を保全したい環境派と、水資源をカネにしたい経済派が殴りあって、条例ひとつまともに作れない、とか。

「水」という切り口で世界を見るとまったく違った風景が見えてくる、というお話でした。

・『燻や』スモーク各種
http://www.kunya.net/index.html
 いただきもので。
 旨いっす。
 合鴨、牡蠣、イカ、サワラをいただいたのですが、どれも中の水分がそのまま旨味に変換されたような、味付けだけでは得られない味わい。わずかなスモーク臭も癖の無いもので、燻しものが苦手な方でもいけるのでは。
 いやあ……これはいずれソーセージ・ハムいってみないといけません。
 
posted by 犀角 at 17:04| 日記

2013年01月20日

1/19


・朋あり遠方より来たるまた楽しからずや

 これの本当の意味はぜひ「超訳 論語」(安冨歩)で。
http://rakken.sblo.jp/article/60891055.html
これここだけ読んでると「遠くから友達来て嬉しいなあ」で別におかしくないんですけど、この前が例の
「学んで時に之を習う。またよろこばしからずや」
なので、ここがミソなんですよフフフ。

・昨日は本当に来たので法善寺横丁『二和鳥』で一献。おかあさんが焼酎のボトルを秤で計ってg単位でお会計出してくれるところまでが『二和鳥』さんです。

・『又三郎』予約しようとしたらいっぱいだった!やばい!みんなにバレつつある!
 
posted by 犀角 at 20:01| 日記

2013年01月19日

1/18


・再度耳鼻咽喉科。
 だいぶ引いてきているそうで。
 鼻洗浄をやったのですがすんごい気持よくて、終わったあと世界が芳しい。いやホントに。初めてメガネ掛けた瞬間の驚きに似てました。逆に喫茶店の遠くの人のタバコの匂いを感じちゃうほどで……
「こっ、これは家庭でもやるべきでは」
とググってみれば、おなじみ「家電Watch」やじうまミニレビュー↓
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2006/12/05/228.html
でもこれはもう売ってないみたい……東京鼻科学研究所の「ハナクリーンS」かのう。

・ハナクリーンエースエースエースエース(エコー

・でも注意して使わないとこんな恐ろしい事例も……↓
http://www.narinari.com/Nd/20120818830.html
ぶるぶる。

・友人から「新大阪でいいお好みの店ないかい」と聞かれて「このへんとこのへんかな……新大阪はビジネス街なので昼・日曜やってない店多いから注意してね」と答えたその「このへんとこのへん」が昼やってない店だった、ぐらいにはボケてます。

・あと咳のし過ぎで横隔膜が痛い。
 笑いすぎを「片腹痛い」などと表現しますが、あんな感じ。
 
posted by 犀角 at 15:35| 日記

2013年01月18日

1/17


・お薬が効いているのか、痛みの内容がわかって不安が払拭されたのか、ずっと寝てます。眠れるのが凄い。
posted by 犀角 at 23:29| 日記

2013年01月17日

1/16


・横になると眠れないほど断続的に咳が出る。ので、20数年ぶりに近所の耳鼻咽喉科行きました。代が替わっておそらく娘さん(といってもいいお歳ですが)がやっておられた。
「扁桃腺の凹みに膿溜まってますね、これは辛かったでしょう」
とのことで吸入2種とお薬4種……
「いつもと違うな?」と思ったらさっさと専門医に駆け込むべきでしたわ。

・去年の夏も鼻炎がひどかったですし、この1年ぐらいどうにも耳鼻咽喉が調子悪くてよろしくないです。

・イカ観ました。
http://www.nhk.or.jp/ocean/giantcreature/
 黄金色が美しかったですね。まさに「大王」イカです。
 窪寺博士を指して「彼は世界で一番幸せな男だわ」のくだりは泣けましたな。確かに、あと10年早ければあの潜航艇には乗れず、あと10年遅ければ誰かが先に見てた。

 流れ的にもNHKらしい贅沢な作りで、並行して行われた奇想天外な各作戦もコンパクトに要点が示されててよかったです。
 しかし各博士がホント楽しそうで悔しいですな(笑)なんか終わらない文化祭みたいで。ああいう、バイオだ水産資源だって実利から遠そうな学問やってる人のほうが幸せそうですよね。示唆的でした。
 潜航艇もカッコ良かったですね。アクリルの球で1000mいけるんですねぇ。

 いや、いい作品でした。
 
posted by 犀角 at 19:23| 日記

2013年01月16日

1/15


・風邪的な症状がほとんど無くなったので、喉痛も無くなる方向かと思いきやむしろ悪化。ごはん食べてる最中にも咳き込むように。

・いっぺんPhotoshopのレベル補正の「自動補正」を使ってみようと思って使ってみましたら、よく見るときちゃないけどぱっと見なんとなく立体感のある仕上がりになって満足。
 ノイズって大事なんですよきっと。
 あとからそれっぽいテクスチャを重ねるとか、そういうのでも出ないんですきっと。
 そうなの!
 アナログ万歳! 鉛筆万歳!

・デジカメのネット論議なんか聞いてましても、とにかくデジカメ特有のカラーノイズが許せないという人と、そのためにNR(ノイズリダクション)を掛けていわゆる「塗り絵」になるのが許せない人と分かれる気がします。
 どちらかというと後者はコダワリ派のハイアマ、前者は道具として使い倒すユーザー、という感じ。
 封じ込める行為そのものに意味を見出すか、封じ込めた結果に意味を見出すか。

 ま最近は極端にどっち寄りという機体は減った気もしますけども。
 
posted by 犀角 at 19:27| 日記

2013年01月15日

1/14


・まだ喉痛く。

・部屋でウツウツしてるのもアレなのでクルマで散歩してきました。市内の知らない細道をゆるゆる走ったり、ほとんど行ったことない環状線の西側を走ったり。そこら中で道路掘り返しまくってますね。
 
posted by 犀角 at 16:04| 日記

2013年01月14日

1/13


・喉があいかわらず痛い。
 喉だけなので寝てるのももったいない感じでうろうろするのが良くないのか。

・スマイルプリキュア#46 BEP、ジョーカー退場
 BEPはいいデザインだったのに1回コッキリはもったいなかったですなー。
「あれ?ピースあんまり変わってない……」
「変わってないね……」
 あとジョーカーが結局何者だったのかは最後に明らかになるのかしら。ならなくても「プリキュアだから!」で納得させられるのですが。
 あとその理屈だとポップは王子様ってことになるんだけど、えー……異母兄? まあ女系にしか呪力が継承されないって設定は世界中にありますからな。
 残り2。
 
posted by 犀角 at 11:53| 日記

2013年01月13日

1/12


・オデッセイのオイル・フィルタ交換@オートバックス。
 0W-20の4Lでいけました。カストロールのMagnetic。取説にはフィルタ交換時には4.2Lとあったのですが。会員とか割引券とかこちょこちょ使って4800円ぐらい。

 最近ディーラーも高いのよ。僕がクルマに乗り始めた頃は(91年とか)「オイル交換は顧客サービス」みたいなところがあって、2000円ぐらいでやってくれましたよ。半額券を毎回くれるとかそんなノリ。オートバックスなんかへ行くのはコダワリで「好きなオイル入れたい」とかそんな欲求からでした。
 00年代に入ってからかなあ、「サービスでも稼ぐ」みたいな感じになって、値段的に変わらないかヘタしたら高くつくようになったのは。

・土曜日なのでビデオニュース・ドットコムは
「サルでもわかるアベノミクス入門」
高橋”埋蔵金”洋一先生です。
http://www.videonews.com/on-demand/611620/002633.php

 前半は金融緩和の話で、ここは歯切れよく、インフレターゲットを定めれば名目金利ーインフレ予想で定義される実質金利が下がって、資産(株)が上がる。通貨供給を増やせば単純に例えばドルに対して希少性が下がるので円安になる。
 ただそれだけの話ですよと。
 現実に今日本のマネーサプライは150兆円ほどあって、対するドルは2兆ドルほどある。割るとどうですか、75円/$ほらこないだまでの水準でしょ、これを30兆円増やすとするとどうなりますか90円/$ほら最近の動きでしょ、100円にしたけりゃ50兆増やせばいい。
 はー。
「でも90年から20年間で3倍に増えてますけど」「やる国は1年で3倍とか増やします、そんなもん話にならない」
 2000年代を通じて日本の通貨供給の「増加ペース」は189カ国中ビリだそうで、今までが圧倒的に異常であると。他所の国があたりまえにやってることをやるだけの話だと。

 金さえ刷れば財政再建だってできるし雇用も解決するし少子高齢化なんか問題にもならない。

 狐につままれたような話で、最後の方で「じゃなぜそんな簡単なことを今までやんなかったんですか」と問われると「そりゃバブル後の引き締めを『正しかった』と間違えて評価したのに縛られてるからじゃないですか」
 神保、萱野、宮台諸氏も小首を傾げながら有効な反論というかツッコミを入れられないというビデオニュースには珍しい図でした。

 つまり高橋さんの主張は
「異常なマクロ金融政策をまともにしよう」
という一点で、そのあとミクロで何が起きるかは極端に言うと知らんと。ただ経済成長はするし雇用は生まれるし財政バランスは改善する。
 しかし我々の今現在の問題意識は
「ほんとにそうなって我々は幸せになるのか」
で、レイヤーがちょっとズレてるんですよね。

 たとえば「98年からこれをやってる」と例に挙がった韓国ですけど、日本ではあまり報道されませんが韓国の一般庶民の生活って日本と比べてもかなり辛く、ソウル大出ても就職先が無いとか、高齢者が絶望して自殺しまくるとか、で、文字通り「国破れてSamsungあり」みたいな状態です。
 これをマクロ側から「それは(個別の政策の問題であって金融政策的には)知らん」とホンマに言い切れるもんなんやろか、と。
 もすこし具体的に言うと、たとえ2%であっても「物価が上昇していく」という前提を元に経済活動をする、という点は「持てる者」をますます有利にするだけではないか?
 これ1点目。

 もう1点はやはり「そんな簡単なことを日銀がわかってないはずはないでしょう」という根拠のない信頼。
 日銀行くようなのは名の通った大学の経済学部でもその頭脳を周囲に認められているような、トップオブザトップスですよ? その人達がこんな極々簡単なことを……
 ただこっちの方は、原発、あんな不合理と不経済の塊をまだやるとか安倍総理本人が述べてるぐらいなので、つまりこの国のえらいさんは「合理性では動かない」というでかい前例がいくつもあって、「ミスを認めないまま20年ばかり逆張りし続けて国を滅ぼしかけてる」というのはそれはそうなのかもしれません。
 検察の上層部だってあんなにクソですしねぇ。(ご参考↓)
http://rakken.sblo.jp/article/61084832.html

・いわゆる「アベノミクス」にはこのインタゲ以外にも公共投資などいろんな政策があって、その各論が後半です。
 なので、円安万歳・株高万歳といって全肯定してしまうと、特定の人々にその刷ったお札が渡るだけで、我々のところにまで届かない恐れがありますので注意が必要。

・まただとりあえず
「OECD諸国で34位のものを32位相当にするって言ってるだけの話ですよ。なぜこんなに騒がれるか意味がわからん」
という事実には重みがあるので、よく見ておきたいとおもいます。
 
posted by 犀角 at 22:06| 日記

2013年01月12日

1/11


・祖母眼科。
 半日仕事でした。

・喉を乾燥のせいにしてついに石油ファンヒーター再登板。
 乾燥についてはやはり全然楽ですねえ。
 ただ空気悪くなるので換気が面倒ですが……
 
posted by 犀角 at 22:53| 日記

2013年01月11日

1/10


・ミル吉注射。

・起きたら喉がダメでした。
 風邪です。

・商店街でのど飴を5種類ぐらい買いました。
 入手性高そうなところで僕のオススメは
 ・榮太楼「しょうがはちみつのど飴」
 ・井関食品「れんこん入せきのど飴」
の2つです。新しく
 ・リボン「たんきりのど飴」
 ・パイン「ゆず生姜のど飴」
を買ってみました。どっちも美味しいです。さすがベテラン会社。

 ただ飴ばっかり食べてると口の中がスイーツになりすぎて……

・ボンヤリした頭でなんとなく考えているのは
「『創発』そのものを考えるのではなく、
 『創発を阻害するもの』を排除する」
という安冨戦術を作品作りにも適用するとどうなるか。
 3つ考えた。逆説的ながら、
 ・意味(主題、スジ)
 ・技能
 ・官能
 ここに「頼らない」。(否定はしない)
 うむ、なんかいいこと言ってる気がする……と顎をさすりながら悦に入り掛けてハタ、と
「これってセザンヌじゃねぇか」

・つまりこっちばかり意識してはそれこそが囚われであって、どうにもならん。
「『創発を阻害するもの』を排除する」というのは基本中の基本、法律のようなもので、それによって価値が増える、というものではないようです。

・でも、日本人は印象派が異様に好きらしいんですが、やっぱりなんか彼らの絵は非常にこう、日本人にしっくり来るんですよ。
 ・どうでもいいものを描いて
 ・巧いわけではなく
 ・綺麗なわけでもない
のに、「いいなあ」と思うわけです。ゴッホの歪んだ青い部屋観て。
 それがなにか、どうしてか、はわからないとしても、それは上記の要素に依存していない、ということは認めざるを得ない事実で、それは忘れてはいかん、と思うのです。
 
posted by 犀角 at 20:11| 日記

2013年01月10日

1/9


・疲れなのか風邪なのか、身体も脳も鈍いのなんの。おとなしくしてます。

・母が「加湿器が寒い」と言い出したので、寒くならない三菱重工のスチーム式を買いました。
 これは水を布に染み込ませ、その布を100度程度に熱した金属で温めて50度程度のスチームを出す、という方式で、単純湯沸し型より省電力・安全です。
 ただし湯沸し型のメリットであるメンテフリーとはいかず、その布を清掃・交換する必要があるのですが。よく言えば折衷型、悪く言えば中途半端。

・調子良かったら自分用にも買っちゃおうかしら。レポはまたいずれ。

・それでもあの気化式のアホみたいな面倒に比べれば。あれは今も日本中のご家庭で雑菌を飛び散らせまくっているのではないかと……「いや、書いてあるとおりメンテしてれば問題無いですよ」
 ものには程度ってものがあってですね。
「週一で加湿フィルターの清掃を」
 できるかー!

・「家電Watch」で外国製の多数のディスクで水を掻き上げるタイプのレポートが上がっていて、売りはディスクなので洗えますよ清潔ですよ、というところなのですが、20枚だったかな?のディスクを一枚一枚洗う様はまさに番町皿屋敷、「気化式って実は成立しねーんじゃねーか」というのが12-13シーズンの家電ウォッチャーの正直な感想です。

・象印が完全炊き上げ方式、というかこれ電気ポットのヘッドを変えただけですね?なのですが、お得意の魔法瓶技術で立ち上げは900Wとか使うのですが一旦沸いてしまえば維持は400W程度と比較的……
 いやこのご時世に400Wつーと厳しいですね。最新鋭のエアコンと液晶TV合わせたぐらいになっちゃう。

・もちろん灯油なりガスなりを焚けば(H2Oが出るので)加湿問題はだいぶ緩和されるので、エアコン&高気密時代の悩みなんですけども。
 加湿可能エアコンはダイキンだけですっけ。あれは特許なのかな?
 やはり最後はその「うるさら7」を買わねばならぬのか……僕の部屋のは04年製を05年冬に買ったので、ちょっともったいないんですよねえ。あと今回ガラッとモデルチェンジしたそうなので、1モデル待って不具合を潰してからの方が……

・三菱はまだ空調は電機(霧ヶ峰)と重工(ビーバー)に分かれてるんですね。
 
posted by 犀角 at 16:56| 日記

2013年01月09日

1/8


・なんかめちゃめちゃ疲れてて、気分変えようとクルマに乗って軽く近所ウロウロしたらもっと疲れた。喫茶店で目つぶって朦朧としてました。
 年末年始の溜まりがドッと来たのかのう。

・ということで安冨先生の講演などを聞いておとなしく。(期間限定公開↓)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/52784
1/7ジュンク堂池袋、「安冨歩トークセッション−『論語』という革命思想−」

『超訳 論語』はホントにおもしろいです。小学生高学年ぐらいになったら読ませてあげて、東洋思想最高と洗脳したいぐらい(笑)
http://rakken.sblo.jp/article/60891055.html

 気になったポイントとしては、いまや本国・中国の研究者にも「忠」という概念を「上の言うことを聞くこと」という人が多いそうで、喧嘩になるそうです。
(おそらく)ただしくは、(最近多くの人が言い始めたように)「心の真ん中であること」つまり、自分の良心に従うこと。
 セッション表題の「革命思想」というのはここを指しており、「上が礼・下が忠」ということは、たとえば会社なら社長が社員の話に真摯に耳を傾け、間違ったら正す。社員は良心に従って社長が聞きたくなさそうなことも言い、行う。まさに革命ですね。

 しかし昔からこう言われてるってことは、人間そうするのは無理なんじゃないですかね、的な諦めも浮かぶのですが(実際そういうご質問も)、でも必ずどこかで「君子」つまり学習回路の開いている人々、が、社会を支えてくれているのでしょう。
 あるいはごく狭い範囲、「会社の仕事」とかでは開いているけど、あとは閉じている的なパーシャルな使い方をする人々がほとんど、なのかもしれません。閉じているというよりも、流されるままというか。
 だから社会は動くのは動く。

 この本読みました時に最後のページに携わったスタッフみなさんがズラッと映画のエンドロールのように書かれてまして、「あっこれいいな!」とゲームの仕事なんかしてます私は(ゲームはだいたいスタッフロールはありますので)むしろなぜ今までこうじゃなかったのか、と思ったぐらいなのですが、安冨先生もそこを指摘しておられて、やっぱりこういう会社がミリオンセラー出すんですよ、と。
 携わる人ひとりひとりが「自分で」自分の名前を出して、判断する、決める、責任を持つ。「上の命令だから」ではなく。
 まそれはそれで「ライター死ね」って言われるので覚悟が要るんですけどね(笑)
 
posted by 犀角 at 13:35| 日記

2013年01月08日

1/7


・母眼科送迎。
 とりあえず大事ではなさそうなるも原因不明にて様子見。

・デミちゃん1ヶ月(1000km)点検。
 オイル(パックdeメンテで無料)とオイルフィルタ(こっちは部品工賃2200円ぐらい)とバルブ持ち込みで(カングーに買ったBOSCHのplus 90)交換してもらい。

 工賃3600円とお高いのですがボンネットからヘッドライトユニットにアクセスできない車種はバルブ交換大変なのよ。(S2000とかフェンダーにヘッドライトが埋め込まれてるクルマが典型)タイヤハウスのインナーカバーの取り外しとかあって。さらにデミオの場合左はユニットの手前にヒューズボックスが鎮座しているという変態設計で……
 若干白く明るくなりました。とりあえずこれで行こう。

・13C-Vでもオイルは0W-20とかシャバシャバなのね……

・薦められて車歴22年で初めてMT-10とか入れちゃったよ。

 だってそんなに効果あるならメーカーかオイル屋さんが最初から入れてるし、といってもさすがに全く効果無いものはこんなに長く売れないはずなので、ヤクルトぐらいの効果はあるんじゃないかと(笑)
 気分のものです。

・後厄ですから。
 
posted by 犀角 at 12:22| 日記

2013年01月07日

1/6


・ビデオニュース・ドットコム
「2013年、テーマは愛」
http://www.videonews.com/on-demand/611620/002628.php

 議論が錯綜するのは、(金じゃない)「愛が大事だ」と言いつつその指標は旧来のGNPだの失業率だの物価上昇率だのを使わざるを得ないところですか。「若者がキャリアを磨けるようないい就職ができてるかどうかが大事ですね」と言った小幡さんに神保さんも「それってどういう指標で分かります?」とツッコんで、「いやあ指標というと難しいですねえ」と。

 ブータン国王の「GHI」という概念が話題になりましたが、なんかちょっとこう……ま、「定量化する」って考え方自体がおかしくなる第一歩なんだ、と言われればそうなんですけども。

・話変わりますけど、神保さんと宮台さんって、一見情熱ラガーメンみたいな(事実そうなんですけど)神保さんが、取材そのものに対しては非常にアグレッシブなのに「中身」については極めてクールで常に第三者的、宮台さんはいつもあんな感じの、世の中鳥瞰してクールに見えて((中高一貫)伝統校にはああいうのがいっぱいいるんですw そのまま育つのは稀ですが)個々の「中身」に入っていくとものすごく「こうだ」というホットなところがあって、まあ良いコンビだと思います。

 その昔「鶴瓶上岡パペポTV」というその名どおり笑福亭鶴瓶さんと上岡龍太郎さんのトーク番組があったのですが、まあ深夜にも関わらずコアなファンのついた人気番組で、この魅力を語るに香川登志緒先生は二人の組み合わせを
「陰中の陽、陽中の陰」
と表現されてました。
 言わずもがな前者が上岡さん後者が釣瓶さんで、この組み合わせがお互いの意外な面、つまり理屈っぽい上岡さんの子供みたいに可愛いところと、ニコヤカな釣瓶さんの笑わない目と、を引き出してて奥行きが出ると。
 的確な評に感心すると共に、教養の中に太極図のイメージがあるからパッと出るキーフレーズであり、やっぱり香川先生凄い、ああいう大人になりたい、と思いました。

・スマプリ#45 三幹部に観音様にBEP
 盛りだくさん。ポップお兄ちゃんの「そなたらでござったか!」には思わずツッコミも入ったと思いますが、まあプリキュアの最後の方はいつもこんな感じですw
 来週はBEPとのバトル?楽しみですね。ラスト3。

・小腹空いたのでラーメン行くと流行ってた。みんなそうなのね。
 新春初ラーメンは『天下一品』でした。
 
posted by 犀角 at 15:45| 日記