2019年04月08日

お花見・今池水みらい緑地


 お花見行ってきました。
 弟と母に教えてもらった穴場。

http://www.pref.osaka.lg.jp/nambugesui/sisetu/imaike.html
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 21:16| 雑記

2019年04月02日

2019年04月01日

PayPay使ってみました



「中国ではQRコード決済が……」というニュースを聞いて以来、興味があったのですがいよいよ本命「本気の孫正義」が殴り込んできたというのでトライしてみました。

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 18:38| 雑記

2019年03月27日

四十肩その後



 昨秋から引っ張る私の四十肩ですが

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 16:33| 雑記

2019年03月25日

イチロー・スゥズゥッキー


 イチロー選手がついに引退されましたが

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 11:29| 雑記

2019年03月22日

最近はコスプレまでするらしい。特殊詐欺にご用心。



 歯医者さんで上向きになって施術中、別の患者さんが来院して、しっかりしたおばあちゃん(あとで拝見)。常連客らしく受付の方と大声で世間話丸聞こえ。
 詐欺に引っかからはったんですって。

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:44| 雑記

2019年03月21日

「ロシアの」と「セキュリティ」の2単語が合わさって最強に見える。カスペルスキー!



 では早速昨日のアフィリエイト・バナーの実例をご覧に入れましょう(笑)
 こちらです↓

カスペルスキー セキュリティ

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:49| 雑記

2019年03月20日

世界は広告でできている


 先日Oisix(オイシックス)を始めた、というお話をしましたが↓
http://rakken.sblo.jp/article/185638594.html

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:33| 雑記

2019年03月19日

「陽中の陰、陰中の陽」。そして「同級生」の穏やかさ。


●バラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』



 昔、『パペポTV』にゲスト出演された香川登志緒先生(いうまでもありませんがレジェンド放送作家です。代表作は『てなもんや三度笠』)が、MCの笑福亭鶴瓶さんと上岡龍太郎さんを指して上記の言葉、「陽中の陰、陰中の陽」を教えてくれました。
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:54| 雑記

2019年03月18日

今年は1勝イケるで! チャンピオンだってありうる!


 F1グランプリ2019開幕戦・オーストラリアGP(アルバートパーク)
 レッドブル・ホンダ3位表彰台(マックス・フェルスタッペン)

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 21:36| 雑記

2019年03月14日

松坂さんの三十肩



 いや本当のところはもちろんわからないんですけどね。
 あれ四十肩みたいなもんなんじゃないかなあ。
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:40| 雑記

2019年03月01日

歯より歯茎が心配な貴方! 基本ペーストを薦めない歯医者さんでも「まぁこれなら…」としぶしぶ受付横に置く歯磨き粉!



●歯磨きペースト「コンクール リペリオ」ウェルテック



 ほんのり塩気があるけど刺激強くないです。
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月23日

いまは! ぬか漬けも! 超簡単! 買って・野菜入れて・食べるだけ! わが腸内細菌叢に頼れる援軍を送り込め!



 はい以下2点を買うだけです。
 ゲットナウ!

●祇園ばんやの無農薬ぬか床セット



●野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32



 熟成を待ったり捨て漬けをしたり、と聞きかじる面倒一切ゼロ。漬けた翌日からすぐ美味い。冷蔵庫もちろんOKですから混ぜもたまにで大丈夫。
 わたし「永続的管理」というのが大の苦手で、なんにつけ管理しなくていいのなら15%ぐらいのプレミアムなら払ってもいい、と思っており、ゆえに「ぬか床」に対して恐怖心を抱いておりました。
 でもやってみると管理っつーてもせいぜい珈琲豆程度の意識の取られ方でして、なんだこれならもっと早くからやりゃよかったな、と。

 いまはすごいですね、なんでも手取り足取り。

 味もスーパーで買ってきたカブやキュウリが普通に美味いです。
 でも素材が美味しい方が美味しい。
 あたりまえですけど。
 以前デパ地下でピカピカ光る日野菜(関西でよくお漬物にする細いラディッシュ的なアブラナ族)がありましたんで買って漬けますとたいへんうまい。お茶漬けなんかしようもんなら何杯でもイケそうで、おそれおののきました。
 味が変になってきたらぜんぶ捨ててやり直せばいいので、さあご一緒にぬか漬け生活を。

 ぬか漬けと味噌汁でごはんを食べましょうぞ。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月22日

2019 明治安田生命Jリーグ開幕戦 フライデーナイトJリーグ(長い)  セレッソ大阪 1-0 スター軍団ヴィッセル神戸@ヤンマースタジアム(こちらは長居)


「あ、開幕戦ヴィッセルか、チケ取ろうかな」
と思ったらもうゴール裏しか無い。ご存知の通りゴール裏は熱すぎて平熱サポには若干敷居が高いので自宅DAZN観戦です。
 ダブルホームの一つキンチョウ・スタジアムがいよいよ改装に入り、今年いっぱいは大箱のヤンマー(長居陸上競技場)を埋め尽くす必要に迫られているセレッソ、開幕戦のお相手はありがたくも奇しくも、「ワールドチャンピオン・ビッグ3」すなわちポドルスキ、イニエスタ、ビジャが話題沸騰のヴィッセル。目論見通り? 42000を超える観衆でほぼ満員です。

 試合はそのビッグ3にボールが入らないように守備をハメ切ったセレッソ、観てて「点入るとするならセットか柿谷のロングカウンター」とセレサポ誰もが予想したとおり、セットプレーから木本がスラして山下のヘディング一閃、すなわちCBコンビで1点。これで勝利。
 注文通りの勝ち方ですが、この注文を通せたのにはロティーナ監督のスカウティングと指導の賜物。なんかイキイキしてるジーニアス、完調なら相変わらず絶品の清武、後半1列上がったらここぞとばかりにミドルをブッ放しまくる頼れるソウザ……のおなじみのメンツに加え、SB舩木、CMF奥埜、交代で出たCF都倉と新戦力も十分マッチしており、期待の持てるシーズン初戦でした。

 ビッグ3はボール持つと超怖ぇえのですが、3トップワイドに右ポドルスキ左ビジャ(イニエスタは0トップ気味に中央低め)、と張ってくれたのでおたがいの距離が遠く、コンビネーションを出しづらい形だったのが助かりました。もちろん相手両サイドバックもそれぞれに絡むのですが、いかんせん「チャンス側に大物が動くだろう」という予測も立つのでなんとなく守れる。
 リージョ監督はいま最もホットな戦術概念、ポジショナル・プレーの総本山みたいな方なので、やりたいサッカーとしてはわかるのですが、むしろロティーナ監督に「そうやってくると見越してそこを切る」と狙い撃ちされており、今回はロ監督の勝ち、という感じ。
 蛍にデ・ブルイネの代わりはさすがにムリッス。

 その山口蛍、昨年までのセレッソ大阪のキャプテンですが、なかなか奮闘してたと思います。
 試合後ゴール裏前まで来てサポ挨拶してたのですが、藤田と都倉の古巣・神戸に対する挨拶が温かさに満ちたものに比してブーイングと拍手が半々。
 でも私もずっとセレッソ応援してるんで言わせてもらえれば、そりゃ、

・リージョの指導を受けられて
・イニエスタのそばでプレーできて
・ビジャとポドルスキにパスが出せて
・お給料倍(推定)

 そら行くで。
 行かん方がおかしい。
 選手生活が終わったあと、指導者でも解説者でもやること考えたら、これ絶対行っといた方がいい。
 蛍はJ2の時も2冠の時も、代表と掛け持ちながら奮闘してくれたんだから、気持ちよく送り出してあげましょうってばよ。
 蛍さんにも「愛情の裏返し」だと思っていただければ。いつまでもセレッソ卒業生です。
 香川も乾も南野も貴宏も龍もみんな「うちの子」ですからね!

 今戦はちょっと特殊な相手だったので特別作戦を用意してそれがハマった格好ですが、次戦は知将・風間率いる、得点王ジョーがちょー怖い名古屋グランパス。この調子なら守備はイケそうですが攻撃の形を探り探りかな。都倉入れてからの都倉1トップに柿谷・清武2シャドーがよく効いてたので、最初からあれでもいいのかも。さあロ監督どうくる?
 楽しみです。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月20日

CotEditor


https://coteditor.com/

 最近MacOSに「ダークモード」というのが導入されまして、まあ全体的に黒っぽい色調になって、いかにも眼への負担が少なそう。
 これですね、単純に真っ黒に真っ白ですとむしろコントラストきつすぎてしんどかったりするので、「ダークグレー&オフホワイト」みたいな組み合わせにした方がよいのですが、それがまあ言うてもAppleはそういうの上手いですから、ちゃんとしてる。

 愛用の「Jedit Ω」もいちおう対応したのですが、若干コントラスト強い感じで、これどうも「対応」といっても各社差があるっぽく、より「いいかんじ」のを探してみようと思って、行き着いたのがタイトルの「CotEditor」です。
 見た目もいいし、動きも不安なところなく、その日スッと乗り換えて今なうに至る。
 長年Mac→Windows→Macとプラットフォームをまたいで使ってた「ATOK」シリーズから「Google日本語入力」に乗り換えた日も、「なにげないある日突然」だったのですが、まあなんといいますか、歯磨き粉の銘柄とか、洗剤の銘柄とか、お味噌の銘柄とか、いつも使ってるものほど、盛り上がりも無い「スッ」という感じなのかもしれません。
 だからなんだと言われると、別になんでもないんですけど(笑)

「CotEditor」、いいかんじです。
 Mac専用ですけどね。

「Word」? あれは文章作成アプリではなく忍耐力養成アプリ、がイヤミ過ぎるならDTPアプリで、最後にカッコよく整形する時に使うアプリでござる。入力はテキストエディタがいいですよ。百花繚乱のエディタ選びが面倒なら、「メモ帳」(Windows)か「テキストエディット」(Mac)でいいです。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月19日

MRワクチン


 大人が罹ると超怖い「はしか」(麻疹)がいつも遊びに行ってるあべのハルカスで出てしまったので、麻疹・風疹・混合ワクチン=MRワクチンを打ちに行きました。
 わたし1971(昭和46)生まれでして、ばっちり1回もワクチン打ってません。
【年齢別はしかワクチン接種・ご参考】
https://www.vaccine4all.jp/topics_I-detail.php?tid=48

 ただし、わたしらの世代はだいたいおたふく風邪含めてぜんぶやってるはずで、僕もやった気がしてすなわち抗体はある気もせんでもないのですが、抗体検査も結局血液取りますんで針刺して痛いのは同じ、じゃ抗体あっても打って問題なし、だそうですので、打ちました。(抗体は自然減もあるそうなので、はっきり掛かった記録が残ってても無い場合もあります)
 自費8200円。

 流行を受け、自治体やおつとめの会社の健康保険組合から補助・助成が出ることもあると思うのですが、ああいうのはよく調べないとトラップですよ。
 わたし一度別の機会にワクチン接種に対して「4000円出る」と聞いたので、大阪市に申し込みましたところこれが地獄。

 ・まず区役所と連絡とって抗体検査の日取り。これが我々の場合3ヶ月ぐらい先。
 ・で区役所行って血液取ってもらって、検査結果待ち。これが1ヶ月ぐらい。
 ・でもってそれを持ってお医者さん、これはすぐ。(自費でやるならここから)
 ・のちお医者さんで貰った領収証に加えて、自治体からたくさん貰った申請用紙(4枚ぐらいだったかな)を書き倒す。もちろん郵送する。(自費ならこれ以降要らない)
 ・2ヶ月ぐらい経ってひっそり4000円振り込まれる。

 途中で「これアカンやつや」と気づいたのですが、途中で抜けるのも癪なのでぜんぶやりました。もらう額と労力・時間、天秤に掛けてください。

 不特定多数の人と触れ合うことの多い接客の方や、高齢者・乳幼児・病人などが家族に居て持ち込みも避けたい方などなど、ご不安なら近くのお医者さんに相談されると良いと思います。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月18日

大沢ICめぐり(道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢 & 神戸三田プレミアムアウトレット)


 我々夫婦が近所の駄菓子屋のように通っていた「あべのハルカス」ではしかがでちゃいまして、二人共たぶん抗体あるのですがとりあえずしばらく行かない。
 じゃあどこか遊びに行くところ……ということで奥さんが探したのが、

●道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢

http://fruit-flowerpark.jp/

 大沢と書いて「おおぞう」です。
 93年に開業して事業主体が「神戸ワイン」と聞けば関西圏の中年以上なら「あぁ」とおそらく苦笑い。要はバブル全盛期に「やっちゃった」系の複合施設なのですが、元々のセンスがよかったのか金に飽かせてハード・ソフトともゴージャスに造ったのが幸いしたのか、経営主体を変えつつ現在も現役。
 1500人収容のバーベキュー建屋とかバブル全開でしょう。
 サッポロビール園にも無いわそんなん。

 手前に道の駅としてはおなじみな感じの、小規模な物販・カフェ・レストランの建屋が並んでいて、いまはこちらが集客主体。ただしコンパクトな遊園地あり、果物狩りあり、牧場あり、ホテルあり、そのホテルには有馬温泉と同じお湯もあり、で、前述のようにこの敷地全体が無駄にゴージャスなのよ、ガッシリした屋根付き回廊がぐるり巡ってて、欧州風の建屋もパチもん感無し、もちろん93年新築なので風合いとかは無いですがちゃんと立派なもの。
 テクテク歩いてお庭でのんびりするだけでなかなかいい気分です。
 (冬は夜間ライトアップもしてるそうです)
 レストラン「デイズキッチン」でいただいたイタリアンもなかなかのもの。サラダバーのスピナッチあくまで柔らかく、ミルクあくまで爽やかに。素材がいいとなんでも美味いもんス。
 道の駅といえどもさすが神戸圏ですので物販はどれも小粋な品で、気がつけば5000円ぐらいネギとかパンとか買いました。おかしいなあ。

(注:「ケルン・ファームベーカリー」さんは閉店、3/1から別のお店になるそうです)

 堪能したのですが帰るにはちょい早く、近隣をちょっと調べるとほんの1.6km先にアウトレットがある。行ってみよう。

●神戸三田プレミアムアウトレット

https://www.premiumoutlets.co.jp/kobesanda/

 グッチやアルマーニなど高級店からアディダスやリーバイスなどおなじみのブランドまで、アウトレット店舗がずらり並んでなかなか楽しい。
 おしゃれなファッション・アイテム居並ぶ中で我々夫婦がまず殴り込んだのはもちろん、イギリスのジョンブル魂「dyson」。
「V10お安くなってますよ!」
 しかしV10のデビューは昨年3月、おそらく今年も3月に新型を出すから在庫処分だろオラァ!
 騙されんぞぉ!

 ボーイ、「アウトレット」の意味を知っているかい?

 あと鍋屋さん(「Fissler」)見て「たち吉」でラーメン鉢を買いました。
 スタバ行こうと思ったらいつもどおりゲロ混みだったのでクレープ屋さんでクレープを買い食い。
 クレープ屋さんいいなあ。ぼくもリタイアしたらクレープ屋さんやりたい。

 恐ろしいのは平日昼間にも関わらず人出多く賑やか、大きな駐車場にいーっぱいクルマが入ってること。これ土日や連休、もっと季節のいい時期だったら……と思うと、「ご利用は計画的に」としか言いようがない。
 フラワーパークもこちらも、三宮あたりからバスが出てるので、混みそうな時はそちらもよろしいかも。

 さらに隣にイオンモールがあるので、非日常のお買い物のあとに(まえに)日常のお買い物もできます。

●有馬温泉までは
 こちら大沢ICから11kmほどしかなく、クルマで行けば30分といったところ。
 前か後かに有馬でひとっ風呂、もいいでしょうね。

●大阪からオール高速で1時間弱、オール下道でも2時間弱。
 買い物がお好きな方なら、買い物しなくても楽しい、きっと。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月14日

中年のおじさんおばさんに告ぐ! 「眠れる」よ! 畏るべし漢方の力、感染症や物理損傷以外の「なんとなく調子が悪い」なら東洋医学、 「命泉堂薬局」



http://meisendou.com/

 奥さんがちょっと漢方も試してみたい、とwebで近くにあった(当時はあびこ店もあったので)こちら命泉堂さんを見つけてきて行ってみました。
 その時処方された漢方薬を奥さんが飲むと、傍目から見て劇的に改善されたので──もう顔色から活性から何から全部違う──これはすごい、と思って次の回には僕も診てもらいまして。
 たっぷり問診していただいて、主訴は「眠りが浅い」それに関連して「昼ごはん食べるとすぐ眠くなる」といったあたり。舌診、そして脈。

「……脈が」
「えっ」
「無力です」
「無力」
「これに関しては奥さんより良くない」
「ひー」

 漢方では「心・脾・肺・肝・腎」の5ユニットに分けて問題点を洗い出すそうですが、わたくしその「脾」と「肺」が良くないそうです。脾は脾臓だけでなくざっくり消化管系、肺は呼吸や皮膚など外に触れてるところ。
 特に脾の力の弱い「脾虚」は日本人に多いらしく、胃腸が丈夫で下痢・便秘など無くても起きているそうです。僕も胃腸は自慢できるぐらいなかなか壊れないので、まったくノーマークでした。

 ということでお薬を出していただいて、飲みました。
 もうその日から爆睡。
 いつも5時間ぐらいで目が覚めて、夜中2時に寝ても7時前には起きてたりしたんですが、12時に眠くなって9時過ぎまで熟睡、もちろん途中起き無し。
 睡眠だいじですよ。
 睡眠たっぷり取れてれば勝手に元気になる。
 以前はたとえば昼頃から用事でちょっと出かけたら、夕方帰ってきたらもう何もできないから床に転がってる、というテイタラクでしたが、いまは帰ってきてからもなにがしか活動できます。晩御飯作ったりとか。

 お薬は人参が入っているので少々お高くて、10日分で5000円するのですが、でもまあ考えてみれば、もし健康保険が適用されていれば1500円なわけで、そんなにべらぼうな値段ではない。健康保険て偉大ですなあ。
 いや高くても価値あります。
 中学生ぐらいからこれ飲んでたら僕いまごろ大谷翔平になってる。
 ならんか。

 漢方や鍼など東洋医学は、本人の様子を診て症状に合った処方や施術をします。だから先生の腕、センスと経験がモノを言います。実際僕も、知人にいただいた生薬入りのお酒を飲んだりしてたので、「これはどうなんですか」と尋ねますと、
「そのお薬は、もちろん飲んで悪いものではないですが、ながたさんの症状には効きません」
 ガーン。
 確かにあんまり効いた感無かったんだよなぁ……
 なので生兵法で、ドラッグストアに売ってる漢方薬がぶ飲みしてもダメです。診てもらってどうバランスが崩れているのか見立ててもらうのがだいじ。
 薬剤師の他にも、「国際中医師」という免許があるそうなので、先生・薬局探しの一つの目安になるかも。

 また急を要する場合は普通のお医者さんで検査してもらうのがまず第一歩なので、医者嫌いの方がお医者さんに行かないエクスキューズとして漢方や中医を利用するのは良くないです。(もちろんちゃんとした東洋医やお店だと、「それは大きい病院で検査してもらってください」と薦められますけども)

 あと生活習慣や食べ物も健康にはたいへん効きますので、いい先生にいいお薬貰ったらぜんぶ解決するかというとそうは行きません。
 健康とは姿勢、ほおっておくと欲望・怠惰のままに爛れていく心身をなんとか整えていこうと支える気持ちのこと、ではないですかね。

posted by 犀角 at 10:20| 雑記

2019年02月10日

もう出がけに何度も財布を確認したりしない!すぐ手に入って無くさないし忘れない!イベントには!スマチケ!(イープラス!)


https://eplus.jp/sf/guide/spticket

 タイトルコールどおり、スマホで購入・決済・入場まで完結してしまうイベント電子チケット・サーヴィスでございます。昨日の「大阪オートメッセ2019」で初めて使ってみました。
http://rakken.sblo.jp/article/185528477.html

 便利。

 だいたいこういうのってPC版UIの方が使いやすかったりするものですが、こちらはスマホで普通に完結しました。コンビニへ行ったりお金用意したり出てきたチケットを大事に保管したりそれを当日何度も確認したり、という手間が一切合切無くて、なかなか最高です。
 入場の時に「ほ、ほんとにこれで行けるんか……」というのだけちょっと不安でしたが(笑)
 もちろんモギリのお姉さんがスッとスライドしてPASS。
 いや便利な時代ですね。
 半券が手に入らないのがコレクター的には残念かもしれませんが。あとチケット入手してからそれ眺めながらワクワクする、てのも無い。

「スマートEX」アプリで新幹線の切符買えた時には「便利になったなー!」と感動しましたが、次は是非、運転免許証をば。

posted by 犀角 at 18:03| 雑記

2019年02月08日

MacBook Air 備忘録


 Appleの製品は引き継ぎが簡単なのがウリなのですが、メインのノートパソコンはもう長年引き継いできてるので、ここいらでひとつクリーンインストールをば。僕の個人的な手順をメモ。

・最新のMacOSにアップデート
・システム環境設定
 Dock>右へ
 トラックパッド>タップでクリック
・Finder
 表示>表示オプションを表示>アイコンサイズ36×36
・Dropboxのインストール
・GoogleChromeのインストール
・Google日本語入力のインストール
 ・旧機から辞書をエクスポート>(Dropbox経由で)>インポート
 ・環境設定>キー設定>MS-IME
・JeditΩのインストール
・MS Officeのインストール

で、機嫌よくblog書いてから、前回15年春にMacBook買った時の記事を読み返したら、前回もクリーンインストールしてた(笑)
 進歩が無いのはワシかMacか両方か。
 もうそれがいいことなのか悪いことなのかもわからん。

posted by 犀角 at 23:44| 雑記

2019年02月03日

あるスマホゲーの死 (in my mind)



 スマホゲーム「プリキュアつながるぱずるん」通称「キュアぱず」をサービス初日からやってましたんですが、
http://rakken.sblo.jp/article/184364083.html

 止めました。
 その顛末をメモ。

 ──少し前に「ちからクリスタル」というアイテムが追加されました。これが「任意の通常★4のカードを重ねられる」という大変強力なアイテム。レア感で言うと「2週間ぐらいのイベントを完走して、最大のご褒美がこれ1個」ぐらい。

 ちなみにこのゲームはカードレアリティとゲーム上の強さが一致してません。ざっくり強い方から、

 重ね通常★4>特定★5>変身カード>特定のイベント★4max>……

という感じ。ただし、通常★4を重ねていくには0.何%の確率のガチャで同じカードを引きまくれる豪運か、ガチャ引くための課金をしまくれる財産か、のどちらかもしくは両方が必要です。しかもこの通常★4、最大レベルにするには「同じカードが32枚」(最初の1枚は持っているので正確には31枚)必要。とどのつまりは「通常★4を重ねられるのはかなりの重課金の人だけ」という状態だったんです。
 以上背景説明。

 で、こないだのイベントで運営さんが大ポカ。
 この「ちからクリスタル」を、かんたんなミッションのご褒美として100個×2件、つまり200個配っちゃった。これを手にして手元の通常★4に重ねると、max通常★4が3枚以上手に入る、言い換えると突然、
「重課金者でもなかなか持ってないようなものすごく強いカード3枚が手元にある」
という状態になる。
 絶望的な不公平です。
 それも腕でも努力でも投下時間でもお金でもなく「メンテ明けすぐにプレーできた」という運だけによって引き起こされたもの。
 現実だってそう?
 パカヤロウ、現実が不公平過ぎるからコンピュータが公平に捌いてくれる「はずの」ゲイムをコツコツやってんじゃねぇか!

 わたしそのミッション報酬見た時に「へ?」と二度見して、「あこれは何かの間違いだわ」と直感したので、だらだら先へ進めてたんです。すると突然落とされてメンテ。
 確かイベント開始から緊急メンテまで1時間ぐらいだったはず。
 その緊急メンテが2時間ぐらい。
 明けて、報酬は別の普通のものに変えられている。お知らせ見に行って、軽くメンテ詫び宝石24ほど配りつつ「また補償は検討します」。
 さて週末挟んでまたメンテして、明けて、結局補償は宝石1200。

 はい終わりー。
 閉店ガラガラ〜。

 ひさびさにきもちよく心をポッキリ折られたので、スッキリ止めることができました。

 ──で、最近自分でも「丸山桂里奈さんはW杯優勝メンバー」ぐらいスッカリ忘れてるんですがぼく昔ゲーム開発者だったんで、ぐちゃぐちゃ考えたんです、どうすべきだったかを。まずロールバック、それができなきゃ報酬そのままクリスタル200がある世界としてバランス再構築、etcetc.
 でもそれ考えてくと、このゲーム、ビジネスとしてたぶん小規模なので、「手が足りない」に行き着く。プログラマが2人か3人かヘタをすれば1人。それでは何もできません。物理的に上記対応しかムリ。

 そう考えると、怒りとか憤りとかは消えて、
「まあ、止められてよかったか」
と思ったりもします。

「戦争とソシャゲ・ネトゲは、
 始めるのは簡単だが終えるのは難しい」

などとチャーチルも申しておりますが(ウソ)、えらいメタでえらい突然とはいえ、エンディングが迎えられたのは幸せだったのかも。FF11(ネトゲ)は止めた今でも「秘(片手刀のエンピリアンWS)は撃てるようになりたかったなぁ」とか思っちゃいますもん(笑)あれカッコイイんですよ、黄金の龍がバーッと駆け上がって。
 でもさすがスマホゲーというか、止めても思ったより暇でしょうがない、なんてことにはならなかったです。隙間時間うまく使ってたみたい。

 楽しかったッス。
 運営さん身体に気を付けてね。開発の仕事はどうしてものめり込んで身体を壊しがちです。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年01月31日

【効率時短】使わない貴方は人生をドブに捨てている!キッチングッズマイスターが激おすすめする今すぐAmazonでポチすべき最良キッチングッズ3選!【至急通販】


 タイトルはこれでいいの?

 本日は最近買ってよかったキッチン用品をご紹介。

●サラダスピナー(パール金属)




 IKEAで¥299で買った全面プラッチックのサラダスピナーが、使用と経年で劣化、蓋が閉まらなくなってきたので一つ所望。
 参考にしたのは↓
 最近なんでもまとまっててありがたい。

https://the360.life/U1301.doit?id=93

 使ってみると猛烈に水が切れて野菜がミイラみたいになります。いままでのは何だったんだと。道具はエエの使わなあきませんね。
 お値段もお手頃、これはおすすめです。
 パール金属は庶民の味方。

●セラミック包丁(京セラ)



 包丁も結婚した時に母から貰った小型包丁(関孫六=貝印)を使っていて、もうちょい大きいの欲しいなと思ってたら『家電Watch』で藤山哲人さんの以下の記事。

https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajlong/1081518.html

 85年つくば万博に友人たちと殴り込んだ経験のある科学の子にとっては「セラミック」の響きは未来と魔法の混濁した天界からの預言(おおげさ)たまたま近所のスーパーでピーラーと薄いまな板とセットで3500円程度の大バーゲンだったので(たぶんピンク色が売れなくて在庫処分)購入です。
 上記事に大変詳しいですが、利点は

・とても軽い
・ほぼメンテフリー
・カネ気が食材に移らない
・スパッと切れる(切れ味そのものもまあまあ)

 トータルでたいへん良好で、無事主戦の座を射止めております。
 もちろんプロが使う「いい包丁をちゃんと研いだもの」には敵いませんが、素人さんならこれで十二分。一人暮らしや料理を始めるにあたって超オススメの一本です。
 コスト的にも、1000数百円のステンレス包丁は1000数百円するシャープナーが必須なので、あまり変わらない。
 サイズ的にもう一つ大きいのもありますが、この140mmでたいがい大丈夫だと思います。というか我が家は大丈夫です。

 メリットでもありデメリットでもある点として、
「刃物を扱っているプレッシャーが小さい」。
安全を考えると危ないものは危なく見えている方がいいわけですが、といって作業中は「怖いものに触れている」という余計なストレスは無い方がよく。
 まあここは好みですな。

 記事中にもあったピーラーの方ですが↓



 確かにカネ気移りがないのはいいのですが、セラミック刃はシナリがないので円筒状・球状が多い対象物に対して「しなって張り付く」ことをしてくれず、1回あたりの削り面積が小さくなります。とどのつまりは削り回数が大幅に増える。(この特性が包丁になると「まっつぐ切れる」という美点になる)。
 ので、これは好みの分かれる品かもしれません。
 ただピーラーも刃の形状が複雑で隅っこの方とかけっこう錆び・汚れやすく、錆や汚れのあるピーラーで生食する果物とか剥くのになんとなくイヤーな感じをお持ちだったら、その弱点を上回るメリットがあるでしょう。

●目盛りが見やすい計量カップ 200ml(マーナ)

 最後は計量カップ。



 これもプラが劣化してひび割れが走っていた品をずっと使ってたのですが奥さんに怒られてアリオ八尾で買いました。
 売りのメモリ見やすい、100℃対応、も使いやすいのですが、実は200ccよりちょっと大きめなのが200cc(1カップ)を計りやすくてとてもよいです。
 計量カップなんて100円200円で「なんでもいいや」と思いがちですが、やっぱりそこには小さくない差があって、それが積もり積もれば大きなロスやストレスになるんだなあ、と思いました。
 人生でいままで
「……200ぴったり……で」
とか言いながら注ぎ角度とか蛇口開度とか調節してた時間と手間を考え、それをもしTOEICの勉強に使ってたら僕いまごろ1200点ぐらい取れてる。

 道具はエエの使わなあきません。
 スタンダードなキッチン用品も地味に進化してますね。
posted by 犀角 at 11:21| 雑記

2019年01月30日

「ディパック エスケープ25L 7421632」 Foxfire




 ということで我が家的にFoxfire祭りが起きてしまい、ついでに買ったのはリュック。
 15年4月から私のエースはOUTDOORのド定番のこれ↓



 色バーガンディ(ワインレッド)の退色が酷くて、「もういいかげんにしなさい」と我が家の女性陣に叱られてましたんで新しいのを物色してはいたんです。
(でもさすがアメリカン・メーカーらしくロバストで、退色以外は過酷な使用に耐えに耐えてくれていました)

 ただもうリュック何個も買ってると自分なりの好みも固まってくるもので、今までのだとTHE NORTH FACEのRECONの、旧モデル。
 モデルチェンジしやがってですね!
 なんかカメムシみたいなシルエットで!
 旧モデル流通在庫残ってるうちに買っておけば良かったんですが、HOTSHOT/BIGSHOTが同様にモデルチェンジするも市場からの総スカンを喰らって(そりゃ何個も買い継いでる人がたくさん居るモデルだから……)慌てて旧モデルを再生産、という失態を見せつけており、RECONも戻すやろ、とのんきに構えてたら戻らなかった。

 タウンユースなんで、素材は薄くてもいいんですが、重量物(ノートパソコンとか本とか)を入れる可能性が高いので、担ぎ機能の部分はヘビーユースであって欲しいんです。
 これがなかなか満たされない。
 一眼レフだってぶっ込めるようなヘビーなヤツは頑丈すぎて鞄本体が重くて固くて捌きにくいし、じゃライトなヤツはもう背負い紐が付け方からしておざなり。もちろん重いもの入れると肩つらい。

 で、ジャケット買ってゴキゲンになって、別の日にまたハルカス行く用事あったもんでFoxfire覗くと、「あ、良さそうなのある」。
 長年探してると目が利いてくるもんス。
 出してもらうとなるほど本体重量700gと軽く、防水は同梱のレインカバーにおまかせ、でも担ぎは紐・背中とも十分。ポケットの付き方も手頃で、上記OUTDOORの使ってて不満だった両サイドボトル入れもある。
「こ、これください」「まいどあり♪」
ということで色は(また)赤。
 わたし黒っぽい上半身のことが多いので、差し色入れないとなんか黒い物体になってしまうんです。

 まったく問題なく、気に入って使ってます。
 いまとなってはあたりまえですが、背中側にノートPC用のポケットがあって、これがフツーに入れれば底までいかず途中で止まる、つまりリュックをポンと床や机に置いても衝撃が伝わらない作りで、これ便利。
 使い勝手のとてもいいジャケットもそうなのですが、Foxfireの商品企画屋はユーザーの実使用シーンをしっかり考えてモノを作ってくれている感じがあって、たいへん素晴らしいです。
 Foxfireは元来が釣具屋さんだったので、そういう立ち帰れるフィールド、「ここで使えなきゃ意味ない」みたいな原点があるのが、いいのかもしれませんね。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年01月29日

エスカーダウン フーディ(ダウンジャケット) Foxfire




 長年着た「にいちゃん、これ着たらV6の岡田くんみたいになれるで」ジャケット(トップバリュ、16000円ぐらい)が経年でヨレヨレになってきて、しまいにはその弟に「捨てるから」と貰ったM寸のジャンパーを丈が足りないのも物ともせずシャツを裾からはみ出させながら着ていた着・無頓着なわたくし。

 先日、いつものとおりあべのハルカスで7Fジュンク堂に行かむと欲しエスカレーターを上っていたところ、「AIGLE」だったブースが「Foxfire」に変わってる。
 そこで買ったフランス直輸入の真っ赤なリュックがお気に入りだった奥さんが「ギャー」とひっくり返るも、いや待つんだFoxfireもいいブランドだと宥める。

 むかし、今は亡き御大が、なんだったかのお祝いだと、これもまた今は亡き八尾西武にてFoxfireのコートを買ってくれたのです。それが軽くて着心地よくて暖かくて。20年ぐらい前かなあ。

 ……というような話をしつつ、1月になるとセール。
「もういいかげん買いなはれ上着を」
と背中を押されて勢いで買いました。軽くて着心地よくて暖かいやつを。
 ヘビーデューティ・モデルではないので表地はゴアまでいかず、なのでダウンにしてはお求めやすい。またしなやかなので圧縮も効いて(収納袋がついてくるほど)、お店などでの捌きやすさも抜群。ついその日まで着てた貰い物が、ゴツくて暖かいのはいいんだけど通気性が悪く、気温のスイートスポットを外すととたんに汗ダラダラになるのとダンチです。

 もうね。
 日本のメーカーがええよ。日本で着るんだから。
 モンベルとか。アシックスとか。うん。

 自身も山ガールなお姉さんの口車に乗せられて、めっちゃぬくいパンツも買いました。WSゲイルパンツ。
 こちらは表がゴア、裏地も厚くてほとんどスキーウェア。超あったかいんだけど少なくとも室内ではオーバースペックなので、野外活動の時に履いてます。股間のマチが工夫してあって、ゴツイのに動きやすいです。



 事のついでに奥さんも帽子買ったりしたのですが、彼女が気に入ったのはこれ↓



 レッグウォーマー。
 一日中着けてます。
 くるぶしの上、ツボで言うと三陰交をあっためないといけませんよ。

 ということで、セールを言い訳にアホみたいに買ってしまいました。
 でもどれもいい品で、大満足。
 服はエエの買わなあきませんね(笑)

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年01月03日

あけましておめでとうございます。


 あけましておめでとうございます。
 ながたです。

 どうですか2019年。
 ことし年号が変わるらしいですからね、ついに僕らも、昭和生まれが明治生まれを見る目線で見られる時代になってしまいましたよ。
 つまりおじいちゃん、おばあちゃんです。

 うわあ。

 今年48とか全然自覚が無いんですが、人生50年らしいですからもう片足冥界です。そういう視点で見ると、「がんばる」のもあんまり効果がないし、「ありのまま」というのもなんだかちょっと違う。
 努力より工夫。
 ありのままより相手が楽しい。
 方がいいかな。

 だからといって春の海を眺めるようにボンヤリ暮らすわけにもいきませんので、ことしもチャレンジしていきたいと思います。
 いろいろ。
 特にあんまり効率とかヒット率とか考えずに、どんどんやっていきたい。どうしても歳取ると「高を括る」のばかり上手になって、蛮勇みたいなのが減ります。でも何がフィットするかなんて、事前にはわかんないもんですよ。非線形現象ですからね。

 ということで今年ものたうち回っていきたいと思います。
 さあ貴方もご一緒に。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2018年12月24日

『超越』『芸術と力』アップロードしました。


 メリー・クリスマス!

 ごぶさたしています。
 人生で一番忙しくて、お愛想なしですいません。

 あれですね、「忙しい」というのは「心を亡くす」と描く、とはよく言ったものでして、つまり「心の余裕ゼロ=忙しい」でございます。物理的に時間足りんことなど屁でもないわ!

 ブログおおサボりの代わりと言ってはなんですが、前との前の前の夏コミ(C94、C92)の出品物をアップロードしました(ようやく)。わたくしからのささやかなクリスマスプレゼンツじゃーい。

・『超越』
http://rakken.net/wod/wod.html

・『芸術と力』
http://rakken.net/freetalks/freetalk.html

 前者はいつのもん、後者はデキが悪い、ということでホンマすいません。特に後者は書いてるうちにあっちこっち行き過ぎて、削ったり直したりしてるうちに「あたりまえやなこれ」という結論に達していやホントに……あ、いつもですか、すいません。
 このシリーズね、毎回一行で済むことをコネコネコネコネ同じところループして同じような例示をして帰ってきて「ウン」とか言ってますね。アップロード用に自分で見返してても「だいじょうぶかこの人」って感じです。
 どうなんでしょうね?
 でも自分で「大丈夫」って言ってる人ほど怪しいですしね。

 もし年末年始、体壊しそうに寒い拘置所で古い雑誌を何度も読み返すCEOな気分になったら、めくってみてください。
 来年は、もちっとがんばりたいと思います。
 では。

posted by 犀角 at 20:14| 雑記

2018年10月12日

メカ最適解


 F-4EJ(改)まだ現役。

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1147141.html

「ファントムII」初飛行1958年、実に60年選手。(もちろんこの個体が60年飛んでるわけではないですが)そういえば、と調べてみると

・F-5 タイガーII 1959年
・A-4 スカイホーク 1956年
・MiG-21 ”フィッシュベッド” 1955年
・B-52 ストラトフォートレス 1955年
・C-130 ハーキュリーズ 1956年
(参考・CH-47 チヌーク 1962年)

 このへんでジェット軍用機はメカ的にサチュレート(飽和)してしまって、以降改良してるのはつまり素材と加工技術と電子機器。だからおそらく、腕利きの駆るF-4で格闘戦限定であれば最新の新兵さんの乗るF-22を墜とせる。
 もちろんミサイルが使えればF-22がおそらく100戦100勝なので、そんな比較は無意味といえば無意味なのですが、「ジェット軍用機」というメカが実用化されたのはメッサーシュミットMe262、初飛行1942年で、わずか20年にも立たないうちに飽和するというのは凄いなあ、と思った次第。
 いや、「ああいう形」で言うと1909年に初めて「軍用飛行機」が現れたそうなので、それでも50年でライト兄弟からファントムか、と思うと凄いですね。コンピュータの発展よりスピーディなんとちゃうか。

 航空機みたいな大きなものでも50年もやれば最適解へ到達してしまうもので、スマホぐらいならむしろ10年もよくまだ変化させられてるもんだ……

 なんて思ってたら光岡自動車がロードスター・ベースの新型を出す

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1147360.html

 シボレー・コルベットの2代目いわゆるC2ルックがなかなかいい感じですね。僕光岡のクルマで初めて「ちょっと欲しいかも」思っちゃった。
 ロードスターはこれ以外にすでにフィアットに「124スパイダー」のベース車として提供されており(エンジンがフィアット、メイクはマツダ)、この調子でMGや果てはロータスが「エラン」て名前で……などと妄想は膨らむばかり。両者現在は中国資本なので、「ガンガンやりなよ」と一言言ってくたらおもしろいんですが。

 それはいいんですがこのロードスターてのもほぼ「最適解」で、人間が人間である以上、その身体に「きもちいい走り」を感じさせるならこのサイズ、4000ちょいの1700ちょいの、重さは1t前後でエンジンは1600cc前後、パワーは120馬力程度……が「ベスト」なんですわつまり。
 で、ここ狙って作るとつまりロードスターみたいなものにしかならず、差の付けようがない。あるとするなら唯一デザインですが、初代NAがあまりに完璧だったのでそこもつけ入る隙が無い。
 ここで高馬力エンジンなんか載せたら終わり。そのために各部を補強しまくる必要が生じて重く高価になり、それを多少なりともカヴァーしようと既存FRセダンのプラットフォームとか使っちゃうと分厚くブサイクになって死ぬ。
 もちろん操舵の気持ちよさで落ちるFFやどうやったってピーキーかドアンダーの二択のMRは論外、4座にして後輪をドライヴァーから遠ざけるのもナッシング。
 1989年にデビュー以来、幾多のメーカーから幾多の「ああいうの」が出てきたのですがまだ残ってるのはもはやスポーツカーとはカウントしにくいラグジュアリーなSLK(SLC)とダイハツ・コペンぐらい。あとはS660……はビートの後継とはメカ的にもコンセプト的にも認めづらいので(なにせホンダ自身がそう見られたくないっぽい)、まあ次期型が出てから話をしましょう。
 1発やったら出せるんですよバルケッタだってMR-Sだって。
 継続して、つまりビジネスにしてる、てのがエライ。

 まあつまりなにが言いたいかと言うと、メカてのはわりと最適化が早いし、最適化されたものはえらい長持ちするな、ということです。
 物理法則がモノを言うからでしょうね。

posted by 犀角 at 00:01| 雑記

2018年10月07日

F1グランプリ in Japan


 未だにこの言い方すると小林克也さんの声が聞こえてくる昭和メンです。聞こえてますか、『TRUTH』。

 エンジン・サプライヤーとしてホンダ復帰4年め、今年からトロロッソ(昔のミナルディです)と組んでます。今季のF1はメルセデス、フェラーリ、レッドブルというチームが頭抜けた「3強」なのですが、その1つレッドブルのジュニアチーム。ただしいろいろ規制あってシャシーは別物で、まあ中団の真ん中かちょい下ぐらいかなあ、という立ち位置です。
 中断はハース、フォース・インディアが競ってて、ルノーがコースによってはそれに迫る。ザウバーも当たれば速い。でトロロッソが居て、下にマクラーレンとウィリアムズ。

 わたし03と04に親友のしんちゃんと一緒にF1鈴鹿行きまして、ミハエルが7つめ勝つところ観たわけですが、その頃、といってもたった15年前、のわたしに
「ミナルディ・ホンダがマクラーレン・ルノーとウィリアムズ・メルセデスの上におるで」
言うたら
「うそだぁ」
と爆笑されるに違いない。
 そのぐらいミナルディのクルマはポンコツでした。
 スポーツはなんでも現地行かないとわかりません。
 逆に現地行くと本当にいろいろわかる。
 もフェラーリとかBMWのクルマの美しさ、迫力、キレ、そんなの何もない。見てくれはF1マシンですがあきらかにメカノイズとか多くてガタガタ揺れながらスプーンに飛び込んでくるんです。むしろ
「こんなもんであんなもんとよう戦おうと思うな!」
と下位チームのドライヴァーたちに敬意が芽生えました。

 まそんな感じのチームが出自ですんで、ストラテジーがどうのこうのとか言うも愚か。ここんとこ毎回のようにおんなじ失敗、スタートタイヤ引っ張りすぎて予選で先行したチーム(今回ならインディア)にアンダーカットを許し、トラックポジションアホほど失ってからピットインしてドベ付近まで落ち、もちろんそこから抜きにくいトラックで挽回できない、というのを今回もやらかしてたんですが、まあ、しょうがないッス。
 予選のP6、P7で夢が見れただけでも。
 その立役者、今回初めて実戦投入されたパワーユニット・スペック3はなかなかいいようで、「ルノー越え確実」とか。まだ2強には届きませんが、来年レッドブル・ホンダになればこれは楽しみです。

 ハミルトン完璧、流れの悪すぎるベッさんも最後の最後にファステスト出して意地を張り、まあここは本当にドライヴァーズ・コースです。
 今年は長期低落傾向だった観客動員も上回ったようで、盛り上がりも若干。やっぱりドライヴァーでもチームでも、地元日本勢が頑張ると客足も増えますね。あたりまえですけど。
 というか来年ちょっと観に行きたい気もするなあ。

 まあ面白かったです。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記