2019年02月22日

2019 明治安田生命Jリーグ開幕戦 フライデーナイトJリーグ(長い)  セレッソ大阪 1-0 スター軍団ヴィッセル神戸@ヤンマースタジアム(こちらは長居)


「あ、開幕戦ヴィッセルか、チケ取ろうかな」
と思ったらもうゴール裏しか無い。ご存知の通りゴール裏は熱すぎて平熱サポには若干敷居が高いので自宅DAZN観戦です。
 ダブルホームの一つキンチョウ・スタジアムがいよいよ改装に入り、今年いっぱいは大箱のヤンマー(長居陸上競技場)を埋め尽くす必要に迫られているセレッソ、開幕戦のお相手はありがたくも奇しくも、「ワールドチャンピオン・ビッグ3」すなわちポドルスキ、イニエスタ、ビジャが話題沸騰のヴィッセル。目論見通り? 42000を超える観衆でほぼ満員です。

 試合はそのビッグ3にボールが入らないように守備をハメ切ったセレッソ、観てて「点入るとするならセットか柿谷のロングカウンター」とセレサポ誰もが予想したとおり、セットプレーから木本がスラして山下のヘディング一閃、すなわちCBコンビで1点。これで勝利。
 注文通りの勝ち方ですが、この注文を通せたのにはロティーナ監督のスカウティングと指導の賜物。なんかイキイキしてるジーニアス、完調なら相変わらず絶品の清武、後半1列上がったらここぞとばかりにミドルをブッ放しまくる頼れるソウザ……のおなじみのメンツに加え、SB舩木、CMF奥埜、交代で出たCF都倉と新戦力も十分マッチしており、期待の持てるシーズン初戦でした。

 ビッグ3はボール持つと超怖ぇえのですが、3トップワイドに右ポドルスキ左ビジャ(イニエスタは0トップ気味に中央低め)、と張ってくれたのでおたがいの距離が遠く、コンビネーションを出しづらい形だったのが助かりました。もちろん相手両サイドバックもそれぞれに絡むのですが、いかんせん「チャンス側に大物が動くだろう」という予測も立つのでなんとなく守れる。
 リージョ監督はいま最もホットな戦術概念、ポジショナル・プレーの総本山みたいな方なので、やりたいサッカーとしてはわかるのですが、むしろロティーナ監督に「そうやってくると見越してそこを切る」と狙い撃ちされており、今回はロ監督の勝ち、という感じ。
 蛍にデ・ブルイネの代わりはさすがにムリッス。

 その山口蛍、昨年までのセレッソ大阪のキャプテンですが、なかなか奮闘してたと思います。
 試合後ゴール裏前まで来てサポ挨拶してたのですが、藤田と都倉の古巣・神戸に対する挨拶が温かさに満ちたものに比してブーイングと拍手が半々。
 でも私もずっとセレッソ応援してるんで言わせてもらえれば、そりゃ、

・リージョの指導を受けられて
・イニエスタのそばでプレーできて
・ビジャとポドルスキにパスが出せて
・お給料倍(推定)

 そら行くで。
 行かん方がおかしい。
 選手生活が終わったあと、指導者でも解説者でもやること考えたら、これ絶対行っといた方がいい。
 蛍はJ2の時も2冠の時も、代表と掛け持ちながら奮闘してくれたんだから、気持ちよく送り出してあげましょうってばよ。
 蛍さんにも「愛情の裏返し」だと思っていただければ。いつまでもセレッソ卒業生です。
 香川も乾も南野も貴宏も龍もみんな「うちの子」ですからね!

 今戦はちょっと特殊な相手だったので特別作戦を用意してそれがハマった格好ですが、次戦は知将・風間率いる、得点王ジョーがちょー怖い名古屋グランパス。この調子なら守備はイケそうですが攻撃の形を探り探りかな。都倉入れてからの都倉1トップに柿谷・清武2シャドーがよく効いてたので、最初からあれでもいいのかも。さあロ監督どうくる?
 楽しみです。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月21日

【レシピ】牛肉の煮込み バスク風


 カレーやハヤシじゃちょっとしつこいな、という時に。
「大人のカレー」という感じです。カレーじゃないけど。

●材料(2人分)
・牛肉(切り落とし)……200g
・ピーマン……3個
・赤パプリカ……1/2個
・タマネギ……1/2個
・カットトマト缶……200g(半缶)

・白ワイン……50cc
・にんにく……1片
・温かいご飯……茶碗2杯(300g)
・パセリみじん切り……大2
・塩胡椒
・オリーブオイル……大1

●作り方
・ピーマン、パプリカはヘタや種を取り、1.5cm四方に切る。
 タマネギは1cm四方に切る。
 にんにくは潰す。
・牛肉は食べやすい大きさに切り、塩胡椒少々を振っておく。
・鍋orフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて熱する。中火。
 香りが立ったらタマネギを入れ透き通ってくるまで炒める。
 ピーマン・パプリカを入れて炒める。
 しんなりしたら牛肉を入れ、炒め合わせる。
・肉に火が通ったら、白ワイン、水100cc、トマト缶の順に投入。
 煮立ったら弱火。(嫌な感じのアクが出てたら取る)
 フタをして15分煮る。
・いいかんじに煮込まれたら味見して塩胡椒で調整、
 ごはんにパセリを振って、カレーorハヤシライス風に盛り付け。


【元ネタ】



posted by 犀角 at 00:00| ごはん

2019年02月20日

CotEditor


https://coteditor.com/

 最近MacOSに「ダークモード」というのが導入されまして、まあ全体的に黒っぽい色調になって、いかにも眼への負担が少なそう。
 これですね、単純に真っ黒に真っ白ですとむしろコントラストきつすぎてしんどかったりするので、「ダークグレー&オフホワイト」みたいな組み合わせにした方がよいのですが、それがまあ言うてもAppleはそういうの上手いですから、ちゃんとしてる。

 愛用の「Jedit Ω」もいちおう対応したのですが、若干コントラスト強い感じで、これどうも「対応」といっても各社差があるっぽく、より「いいかんじ」のを探してみようと思って、行き着いたのがタイトルの「CotEditor」です。
 見た目もいいし、動きも不安なところなく、その日スッと乗り換えて今なうに至る。
 長年Mac→Windows→Macとプラットフォームをまたいで使ってた「ATOK」シリーズから「Google日本語入力」に乗り換えた日も、「なにげないある日突然」だったのですが、まあなんといいますか、歯磨き粉の銘柄とか、洗剤の銘柄とか、お味噌の銘柄とか、いつも使ってるものほど、盛り上がりも無い「スッ」という感じなのかもしれません。
 だからなんだと言われると、別になんでもないんですけど(笑)

「CotEditor」、いいかんじです。
 Mac専用ですけどね。

「Word」? あれは文章作成アプリではなく忍耐力養成アプリ、がイヤミ過ぎるならDTPアプリで、最後にカッコよく整形する時に使うアプリでござる。入力はテキストエディタがいいですよ。百花繚乱のエディタ選びが面倒なら、「メモ帳」(Windows)か「テキストエディット」(Mac)でいいです。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月19日

MRワクチン


 大人が罹ると超怖い「はしか」(麻疹)がいつも遊びに行ってるあべのハルカスで出てしまったので、麻疹・風疹・混合ワクチン=MRワクチンを打ちに行きました。
 わたし1971(昭和46)生まれでして、ばっちり1回もワクチン打ってません。
【年齢別はしかワクチン接種・ご参考】
https://www.vaccine4all.jp/topics_I-detail.php?tid=48

 ただし、わたしらの世代はだいたいおたふく風邪含めてぜんぶやってるはずで、僕もやった気がしてすなわち抗体はある気もせんでもないのですが、抗体検査も結局血液取りますんで針刺して痛いのは同じ、じゃ抗体あっても打って問題なし、だそうですので、打ちました。(抗体は自然減もあるそうなので、はっきり掛かった記録が残ってても無い場合もあります)
 自費8200円。

 流行を受け、自治体やおつとめの会社の健康保険組合から補助・助成が出ることもあると思うのですが、ああいうのはよく調べないとトラップですよ。
 わたし一度別の機会にワクチン接種に対して「4000円出る」と聞いたので、大阪市に申し込みましたところこれが地獄。

 ・まず区役所と連絡とって抗体検査の日取り。これが我々の場合3ヶ月ぐらい先。
 ・で区役所行って血液取ってもらって、検査結果待ち。これが1ヶ月ぐらい。
 ・でもってそれを持ってお医者さん、これはすぐ。(自費でやるならここから)
 ・のちお医者さんで貰った領収証に加えて、自治体からたくさん貰った申請用紙(4枚ぐらいだったかな)を書き倒す。もちろん郵送する。(自費ならこれ以降要らない)
 ・2ヶ月ぐらい経ってひっそり4000円振り込まれる。

 途中で「これアカンやつや」と気づいたのですが、途中で抜けるのも癪なのでぜんぶやりました。もらう額と労力・時間、天秤に掛けてください。

 不特定多数の人と触れ合うことの多い接客の方や、高齢者・乳幼児・病人などが家族に居て持ち込みも避けたい方などなど、ご不安なら近くのお医者さんに相談されると良いと思います。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月18日

大沢ICめぐり(道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢 & 神戸三田プレミアムアウトレット)


 我々夫婦が近所の駄菓子屋のように通っていた「あべのハルカス」ではしかがでちゃいまして、二人共たぶん抗体あるのですがとりあえずしばらく行かない。
 じゃあどこか遊びに行くところ……ということで奥さんが探したのが、

●道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢

http://fruit-flowerpark.jp/

 大沢と書いて「おおぞう」です。
 93年に開業して事業主体が「神戸ワイン」と聞けば関西圏の中年以上なら「あぁ」とおそらく苦笑い。要はバブル全盛期に「やっちゃった」系の複合施設なのですが、元々のセンスがよかったのか金に飽かせてハード・ソフトともゴージャスに造ったのが幸いしたのか、経営主体を変えつつ現在も現役。
 1500人収容のバーベキュー建屋とかバブル全開でしょう。
 サッポロビール園にも無いわそんなん。

 手前に道の駅としてはおなじみな感じの、小規模な物販・カフェ・レストランの建屋が並んでいて、いまはこちらが集客主体。ただしコンパクトな遊園地あり、果物狩りあり、牧場あり、ホテルあり、そのホテルには有馬温泉と同じお湯もあり、で、前述のようにこの敷地全体が無駄にゴージャスなのよ、ガッシリした屋根付き回廊がぐるり巡ってて、欧州風の建屋もパチもん感無し、もちろん93年新築なので風合いとかは無いですがちゃんと立派なもの。
 テクテク歩いてお庭でのんびりするだけでなかなかいい気分です。
 (冬は夜間ライトアップもしてるそうです)
 レストラン「デイズキッチン」でいただいたイタリアンもなかなかのもの。サラダバーのスピナッチあくまで柔らかく、ミルクあくまで爽やかに。素材がいいとなんでも美味いもんス。
 道の駅といえどもさすが神戸圏ですので物販はどれも小粋な品で、気がつけば5000円ぐらいネギとかパンとか買いました。おかしいなあ。

(注:「ケルン・ファームベーカリー」さんは閉店、3/1から別のお店になるそうです)

 堪能したのですが帰るにはちょい早く、近隣をちょっと調べるとほんの1.6km先にアウトレットがある。行ってみよう。

●神戸三田プレミアムアウトレット

https://www.premiumoutlets.co.jp/kobesanda/

 グッチやアルマーニなど高級店からアディダスやリーバイスなどおなじみのブランドまで、アウトレット店舗がずらり並んでなかなか楽しい。
 おしゃれなファッション・アイテム居並ぶ中で我々夫婦がまず殴り込んだのはもちろん、イギリスのジョンブル魂「dyson」。
「V10お安くなってますよ!」
 しかしV10のデビューは昨年3月、おそらく今年も3月に新型を出すから在庫処分だろオラァ!
 騙されんぞぉ!

 ボーイ、「アウトレット」の意味を知っているかい?

 あと鍋屋さん(「Fissler」)見て「たち吉」でラーメン鉢を買いました。
 スタバ行こうと思ったらいつもどおりゲロ混みだったのでクレープ屋さんでクレープを買い食い。
 クレープ屋さんいいなあ。ぼくもリタイアしたらクレープ屋さんやりたい。

 恐ろしいのは平日昼間にも関わらず人出多く賑やか、大きな駐車場にいーっぱいクルマが入ってること。これ土日や連休、もっと季節のいい時期だったら……と思うと、「ご利用は計画的に」としか言いようがない。
 フラワーパークもこちらも、三宮あたりからバスが出てるので、混みそうな時はそちらもよろしいかも。

 さらに隣にイオンモールがあるので、非日常のお買い物のあとに(まえに)日常のお買い物もできます。

●有馬温泉までは
 こちら大沢ICから11kmほどしかなく、クルマで行けば30分といったところ。
 前か後かに有馬でひとっ風呂、もいいでしょうね。

●大阪からオール高速で1時間弱、オール下道でも2時間弱。
 買い物がお好きな方なら、買い物しなくても楽しい、きっと。

posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月17日

菜の花とじゃこのパスタ


 菜の花のほんのり苦味とじゃこのわずかな苦味、2種の苦味がベストマッチ。カンタンなのに美味しい春のパスタです。緑・白・赤の彩りも綺麗。

【材料】
菜の花 1袋
じゃこ 15g(大3)
にんにく 1片
唐辛子 1本
パスタ 160g
オリーブオイル、塩、胡椒

【作り方】
・菜の花は汚れた根本だけちょっと切って、2cmに切って水張ったザルにどぼん。
・パスタ茹で始め(水1Lに対し塩大1)。標準茹で時間−1分にタイマーセット。
・オリーブオイル大2弱をフライパンに入れ、荒みじんのにんにく、適当に切った唐辛子(種抜き、辛いの苦手な方は取り出せるように丸のままで)、弱火でじんわり火を通す。
・色変わって揚がる前に火は止める(予熱で火の通りは進みます)
・パスタ茹で汁大1強ぐらいを入れ、フライパンを揺すって乳化させる。
・タイマーが鳴ったら菜の花を鍋に投入。タイマーを1分にセット。
・茹で上がったらザルで湯を切って、フライパンに投入。にんにくオリーブオイルを吸わせるように菜箸/トングでぐるぐる回す。
・適当なところでおじゃこ投入。胡椒を振り、塩も若干。まぜる。
・できあがり。

 参考は『オレンジページ』の季節レシピ本。原作ではにんにくオイルは耐熱ボウル>電子レンジで作るのですが、やってみると若干生っぽいのと(それがいい方もおられよう)、洗い物の量は変わらないのでフライパンで。にんにく焦がさないの優先なら電子レンジの方が(1分半ほど)いいかも。

posted by 犀角 at 15:08| ごはん

2019年02月16日

この野菜スープさえあれば! もうあとはごはん炊くだけで生きていける! ビバ!食物繊維! がんばれ!腸内細菌たち! 「最強の野菜スープ 活用レシピ」前田浩





 野菜スープ、先日以下の本買って試して効果あって、今もずっと続けています。
http://rakken.sblo.jp/article/184463588.html



 その2冊め!
 レシピがバラエティに富んでるので、初めて買うならこっちの方がいいかな? でもどっちでもいいと思います。要するに「お好きな野菜を切り刻んで水で煮ろ」というだけですので。
 でもこれがホントに効果的。
 まずお通じがたいへん軽やか。
 ぼく胃腸は丈夫なつもりでしたが、さらに快調になってあらビックリ。
 食物繊維が胃腸を掃除してくれるのか、食欲が湧いたり、湧いた食欲に応じて結構な量をパクパク食べてもちゃんと消化されて胃もたれ等も減り、そしてあんまり太らない。
 いいことづくめです。

 これは以前もお伝えしましたが、この野菜スープが冷蔵庫・冷凍庫に常備されてますと、献立がかなり楽になります。目玉焼きでも焼けば、冷凍ご飯と野菜スープをチンチンしてあっという間にバランスのいいお昼ご飯。つまりスープとサラダがこれ一つで。
 街の書店でレシピ本コーナー見ますと、「お味噌汁でそれをやりなはれ」というご意見を多々お見受けするのですが、忘れてはいけませんお味噌はあまり好きでない人が結構たくさん居ることを。
 好き嫌いは別にしても、お味噌汁より塩分が少ないというメリットも。

 飲み慣れると結局、なにも入れない(塩胡椒も)のが一番飲み飽きなくて良い、と思います。
 でもいろいろ入れて味をつけても美味しいです。

 ぼくが知ってる健康法の中で、一番オススメできるのはどれかと聞かれたらこれかなあ、という感じです。お金もかからないし、安全だし、時間と手間はほんのちょい使いますけど、QOLむしろ上がる。
 まあ微妙な不調にモヤモヤしてる方はお試しあれ。
 食物繊維すごい。

posted by 犀角 at 21:32|

2019年02月15日

サラダをパスタを120倍の美味さにする小粋なグッズを君は知っておるかね? そうそれはもちろんペッパーミル! 「ミル ブラック 単品 CM-10N-BK」京セラ





 黒胡椒は挽きたてに限りますね。
 野菜系のパスタやもちろんカルボナーラ、作りたてのフレンチドレッシングにカリカリカリッと最後に一振り。

 スーパーのスパイス・コーナーでS&Bのミル入り黒胡椒(岩塩)があって、愛用してたのですが3袋ぐらい詰め替えるとミルが摩耗しちゃってほとんど挽いてくれなくなっちゃいました。刃(臼)が樹脂なんですねあれ。しょうがなし。
 クルマバカ一代としてはPEUGEOTのオサレなヤツなんかを考えたのですが、まあ近年の日本で臼といえば京セラ、あと透明ボディで胡椒と岩塩が間違えようがないのも良し、ということでこれを。
 バッチリ。
 餅は餅屋、上述小型ミルよりパリパリと音も弾けるように小気味よく、「擦る」でも「割る」でも「潰す」でもなくこれが「挽く」。香りも味もピンと立ってなんだかいいお店に来たみたいです。
 お塩はともかく胡椒だけでも騙されたと思って「粒をミルで挽く」をやってみてください。目玉焼きでももやしとニラ炒めでも、1ランクアップッス。

 胡椒は香りをいただくもの、これを求めて果てしなき海の彼方に大航海したのも頷ける。

posted by 犀角 at 21:58|

2019年02月14日

中年のおじさんおばさんに告ぐ! 「眠れる」よ! 畏るべし漢方の力、感染症や物理損傷以外の「なんとなく調子が悪い」なら東洋医学、 「命泉堂薬局」



http://meisendou.com/

 奥さんがちょっと漢方も試してみたい、とwebで近くにあった(当時はあびこ店もあったので)こちら命泉堂さんを見つけてきて行ってみました。
 その時処方された漢方薬を奥さんが飲むと、傍目から見て劇的に改善されたので──もう顔色から活性から何から全部違う──これはすごい、と思って次の回には僕も診てもらいまして。
 たっぷり問診していただいて、主訴は「眠りが浅い」それに関連して「昼ごはん食べるとすぐ眠くなる」といったあたり。舌診、そして脈。

「……脈が」
「えっ」
「無力です」
「無力」
「これに関しては奥さんより良くない」
「ひー」

 漢方では「心・脾・肺・肝・腎」の5ユニットに分けて問題点を洗い出すそうですが、わたくしその「脾」と「肺」が良くないそうです。脾は脾臓だけでなくざっくり消化管系、肺は呼吸や皮膚など外に触れてるところ。
 特に脾の力の弱い「脾虚」は日本人に多いらしく、胃腸が丈夫で下痢・便秘など無くても起きているそうです。僕も胃腸は自慢できるぐらいなかなか壊れないので、まったくノーマークでした。

 ということでお薬を出していただいて、飲みました。
 もうその日から爆睡。
 いつも5時間ぐらいで目が覚めて、夜中2時に寝ても7時前には起きてたりしたんですが、12時に眠くなって9時過ぎまで熟睡、もちろん途中起き無し。
 睡眠だいじですよ。
 睡眠たっぷり取れてれば勝手に元気になる。
 以前はたとえば昼頃から用事でちょっと出かけたら、夕方帰ってきたらもう何もできないから床に転がってる、というテイタラクでしたが、いまは帰ってきてからもなにがしか活動できます。晩御飯作ったりとか。

 お薬は人参が入っているので少々お高くて、10日分で5000円するのですが、でもまあ考えてみれば、もし健康保険が適用されていれば1500円なわけで、そんなにべらぼうな値段ではない。健康保険て偉大ですなあ。
 いや高くても価値あります。
 中学生ぐらいからこれ飲んでたら僕いまごろ大谷翔平になってる。
 ならんか。

 漢方や鍼など東洋医学は、本人の様子を診て症状に合った処方や施術をします。だから先生の腕、センスと経験がモノを言います。実際僕も、知人にいただいた生薬入りのお酒を飲んだりしてたので、「これはどうなんですか」と尋ねますと、
「そのお薬は、もちろん飲んで悪いものではないですが、ながたさんの症状には効きません」
 ガーン。
 確かにあんまり効いた感無かったんだよなぁ……
 なので生兵法で、ドラッグストアに売ってる漢方薬がぶ飲みしてもダメです。診てもらってどうバランスが崩れているのか見立ててもらうのがだいじ。
 薬剤師の他にも、「国際中医師」という免許があるそうなので、先生・薬局探しの一つの目安になるかも。

 また急を要する場合は普通のお医者さんで検査してもらうのがまず第一歩なので、医者嫌いの方がお医者さんに行かないエクスキューズとして漢方や中医を利用するのは良くないです。(もちろんちゃんとした東洋医やお店だと、「それは大きい病院で検査してもらってください」と薦められますけども)

 あと生活習慣や食べ物も健康にはたいへん効きますので、いい先生にいいお薬貰ったらぜんぶ解決するかというとそうは行きません。
 健康とは姿勢、ほおっておくと欲望・怠惰のままに爛れていく心身をなんとか整えていこうと支える気持ちのこと、ではないですかね。

posted by 犀角 at 10:20| 雑記

2019年02月13日

髭剃りが面倒で仕方ない貴方! だけどもほったらかすとみすぼらしい無精髭の貴方! 僕もそう! だからこれで! なんとか! 「電動バリカン/ヒゲトリマー BT3040」ブラウン





 ひげが伸び始めました第二次性徴期から、「ひげを剃る」というのがめんどくさくてめんどくさくて。
 カミソリは刃物だから切るの怖いし、実際たまに切るし。シェーバーは時間掛かるしちゃんと剃れてるか注意深く見なきゃならないし肌突っ張るし。だからってビフォー・アフターの塗り物も気持ち悪いし。ぼく肌にも髪にも全っ然なんにも塗らない派なんで。

 じゃ伸ばすか、ってぼく生え方がまばらで、特に口ひげの真ん中が生えないので完成予想図がどう考えてもちょっとかっこ悪くて二の足を踏んでたのですが、まあなんかある日
「……どう考えてもめんどくさい!」
と突然半ギレして伸ばすことにしたんです。でもほっといてもフルビアード的なカッコイイおひげにはならないので、噂のヒゲトリマーてのを一つ買って、まあ見苦しくならない程度に整えよか、と。
 技術的にはただ「電動バリカンの刃の狭いヤツ」ですから枯れており、ご覧の通りお風呂で使える大メーカー品が3,000円しない。
 これは長さ調整が0.5mm単位と細やかなのと、その丸洗い可で選びました。(ひとつ下の3020は2000円弱ですが、フル防水ではない)

 楽ッス。
 僕の伸び方だと1週間から10日に1回、ガーッとやれば十分で、それも無精髭っぽい仕上がりでいいので多少長いのが混じってても気にしない。
 境界をキッチリ仕上げたりもしません。
 なのでお風呂で5分ぐらい。
 パワフルなので事前に蒸らしたりも不要です(僕の場合)。
 もう大学生ぐらいからずっとこうしてればよかった。
 自分で鏡見ても、髪が薄い分、顔の下半分に多少体毛があるとなんとなくバランスがいいです。
 めざせペップ・グアルディオラ。
 奥さんが言うには、
 ヒゲがあると「うさんくさい人」、
 ヒゲがないと「何をしているかわからない人」
だそうです。
 どっちも真実やないか。

 このモデルについて一点だけ不満を言うなら、丸いボディが転がりやすく、コスト的にゴム滑り止め的なものもほとんど無いので、ゴロンゴロン転がります。特にお風呂で。故障しないか心配。まあそんな精密機器でもないので大丈夫ですけど。
 だものでマイナーチェンジ時にはぜひ滑り止めを適宜追加していただきたく。

posted by 犀角 at 00:00| ガジェット

2019年02月12日

もうそろそろムズムズの時期ですね! じゃばら果汁おいしいよ!






「〇〇に効く」と言うと薬事法に引っかかるので、「花粉症に効く」などとは口が裂けても言えません。
 ご存知のかたも多いかと思いますが、紀州は北山村の特産品に、「じゃばら」という柑橘があります。

http://kitayamamura.my-store.jp/

 こいつがメカニズムはまだ詳しくはわかってないのですが、どうもいいらしい。
 ──というのをネットで見たので、グズグズしてる奥さんに伝えると、「飲んでみる」。
 100%果汁だと朝晩2回、5cc程度スプーン1杯、でいいようです。

 劇的。
 その日からぜんぜん違う。

 これと、もはや定番のイハダシリーズで(あともちろんマスクも)



 なんとかなるようです。

「マスダオンラインショップ」さんには「元祖福田屋」のもあって、味が違うのでお好みの方を。

http://www.masudaseed.com/item-jyabara.html

 私幸い花粉症は無いのですが鼻炎持ち、若い頃はコーワの鼻炎カプセルをいつも持ち歩いてたぐらいなので、あの発作が起きた時の辛さはよくわかります。抑えられるといいですね。

posted by 犀角 at 00:00|

2019年02月11日

本「データが語る日本財政の未来」 明石順平






 とてもわかりやすく全方位からまとまっているので、いまさら聞けない「何が危機なのか」を知るによいと思います。本当にマズい。本来はこんなことになる前にもうクラッシュしてる。

 要は収入に比して借金が大きすぎるわけですが、ではなぜ破綻してないか、というと理屈づけはいろいろできて、
「他の金融資産(特に通過)と比べて言うても安心」
「人類史上こんなに金が余り倒してる時期は無いので、行き場がない」
「資本主義がそもそも終わってるので今までの常識は通用しない」
 でも、古今東西、こんな感じで大きな借金を抱えた国や共同体・組織は、どこもが誰もが上のように何とかかんとか理屈を捏ねくり出しては
「だから大丈夫」
と言い続けて、でもまあまず予想通りクラッシュしてきた。
 バブルの時だって、
「日本は土地が狭いから不動産は絶対に下がらない」
という言説をみんな信じてたもん。もちろんそれも真実のひとつですが、ものには限度がある。

 おそらく日本も、たぶんハイパーインフレが起きて(あるいは起こして)、今までの借金をチャラにして(幸か不幸か国債の引き取り手はだいたい日本人だし)、多少は少子化・高齢化に耐えられる重税設計をしなおしてリスタート、という結末になるっぽい。近い解決を戦後インフレの時にやったそうです。

 その時、世の中でどんな摩擦が起きるか、は見当もつかない。でもそうは言っても生活というのは続くので、そこに貢献できて日銭や生活物資が貰える「なにか」をそれぞれが身につけていかないといけないのかなあ、という感想です。
 縦笛が上手で、人がいるところで吹くとおひねりが飛ぶとか。
 靴磨きがべらぼうに上手、とか。
 庭の柿の木の実で作った干し柿がすごいおいしい、とか。

 私の書物によく登場する田中支店長、いるでしょう。
 彼は現役バリバリの金融マン(与謝野馨の鞄持ちでパリへ行った男ですよ)だから聞いたんですよ「この国債どうなんの」って。

「たぶんインフレやろ」
「やっぱり……」

 ここからが男前。

「せやから俺は(現預金を)モノに換えといた」

 4000数百万の大阪市内の新築注文住宅、キャッシュ即金でお支払いですよ。
 カックイー。
 まそのように人や資産やライフステージによってディフェンス策は違うと思うのですが、
「お金の価値ゼロ」
という日が、明日いや今日来てもおかしくないので、めいめい研究されておくとよいと思います。
 あと、これからは社会福祉が頼りにならなそうなので、健康維持のために食物繊維取ってストレッチですかね。そして歯を磨く。

 首都圏で新築マンションがだいぶ買い手がつかないのと、あと年末に株がドボンと落ちたのと、米中貿易戦争などというやらんでええことやってるおかげで頼みの米国も中国も共倒れしてるのと、などなど考えると、ま今年中になにか起きても不思議ではない。

 もちろん、ただ凋落を続けていた関西経済が「インバウンド景気」などという神風によって突然誰も予想しない形で一息つけたように、経済というものは不規則遷移現象(俗に言うカオス)なので、なんか神風吹いて一気に解消されたりするかもしれない。
 あと滅ぶだけだったmixiがモンスト1個当ててクソ儲けたり、最近のお金の流れは振れ幅が尋常では無いので、なにか尋常ではない(けどちょっとした)ことで大復活したりするかもしれません。
 アテにはできませんけどね。

 労働問題に詳しい弁護士さんらしく、データと法律で何が問題かを丁寧に炙り出しており、経済の話苦手な方でも全然だいじょうぶ。中学生でも読めると思う。むしろ中学生が読んで、身の振り方を考えるよろし。
 おじさんから言えるのはごめんなさいぐらい。

posted by 犀角 at 00:00|

2019年02月10日

もう出がけに何度も財布を確認したりしない!すぐ手に入って無くさないし忘れない!イベントには!スマチケ!(イープラス!)


https://eplus.jp/sf/guide/spticket

 タイトルコールどおり、スマホで購入・決済・入場まで完結してしまうイベント電子チケット・サーヴィスでございます。昨日の「大阪オートメッセ2019」で初めて使ってみました。
http://rakken.sblo.jp/article/185528477.html

 便利。

 だいたいこういうのってPC版UIの方が使いやすかったりするものですが、こちらはスマホで普通に完結しました。コンビニへ行ったりお金用意したり出てきたチケットを大事に保管したりそれを当日何度も確認したり、という手間が一切合切無くて、なかなか最高です。
 入場の時に「ほ、ほんとにこれで行けるんか……」というのだけちょっと不安でしたが(笑)
 もちろんモギリのお姉さんがスッとスライドしてPASS。
 いや便利な時代ですね。
 半券が手に入らないのがコレクター的には残念かもしれませんが。あとチケット入手してからそれ眺めながらワクワクする、てのも無い。

「スマートEX」アプリで新幹線の切符買えた時には「便利になったなー!」と感動しましたが、次は是非、運転免許証をば。

posted by 犀角 at 18:03| 雑記

2019年02月09日

大阪オートメッセ2019


https://www.automesse.jp/

 2/9(土)から11まで、@インテックス大阪。
 行ってきました。
 お目当ては新型マツダ3、ハッチとセダンの2台。

https://twitter.com/KazuhisaNagata/status/1094053532381003776

 先日の東京オートサロンで国内初お目見え、その時現地の声として
「実車見るとハッチがいいぞ」
と聞いたのですが、なるほどいいです。僕も写真・動画ではセダンがいいなあ、と思っていましたが、現車ではむしろハッチかも。
 ハッチの方が「あんまり見たこと無い」感じ。ゴルフを筆頭とする「5ドアハッチバック」感が薄くて、クーペ/スペシャリティカーっぽい。ちょい懐かし目の。マツダで言うとランティスの5ドアが思い起こされました。
 このSUV/ミニバン流行りのご時世で、正直このサイズ(Cセグメント)ではハッチやセダンに合理性は低いので、このぐらいエモーションで無いと確かにダメかも。
 ちょいと若かりし頃の前田育男(現デザイントップ)が3代目デミオをデザインする時に、大好評だった箱型ミニワゴンスタイルを潔く捨てた、のと同じ考え方、と見た。
 会場にあったクルマでハッチの全長4460ぐらいのクルマといえば、たとえば三菱のエクリプス・クロス(もちろんホンダ・ヴェゼルやトヨタ・CH-Rでもよい)ぐらい。背の高いSUVは中広いので、このハッチとエクリプス並べるとユーティリティでは勝てないです。
 合理性で勝てないなら「カッコいい」とか「高級感」とかぐらいしか無く(あとは「安い」とか「スポーティ」とかもありますが、安くては儲けは出ず、スポーティさはSUVが元々強い)そこピッタリ合わせてきたマツダ3に世界の市場がどう反応するか、注目です。

 もう3月にはジュネーブでこれをベースにしたCX-3(?)を出すそうで、そちらが本命の市場も(日本を含め)多そうです。
 お尻だけのティーザー出てますが、期待大。
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1168306.html

 セダンは思ってたより「アクセラセダン感」が強くて、安心すると同時にちょっぴり残念。Cピラーから短いトランクリッドにつながってるあたりがもう紛うことなき歴代アクセラ・セダンそのもので、まあもちろんヘリテージは繋いだ方がいいのでいいことなんですけど、「すごいカッコいい新型セダン」という感じはなかったです。一般の人にはアクセラ自体そこまで存在感無いので、そう思う人の方が多い、と言われればそうかもしれませんが。

 までもどっちもキレイなクルマでした。
 朝早く起きてバスとニュートラム(笑顔フェイスの200系)乗り継いで観に行った甲斐はあった。以下雑感五月雨。

・オートメッセてのはカスタムの祭典なので、主役はカスタム・カーです。
 なのでカスタム範囲の広いミニバン・ワンボックスが最もお客のヒキが良かったですね。
 SUVも並んでるんですけど、アルファードやハイエースには敵いません、という感じ。

・カスタムには大きく分けて
 「走り系」
 「ファッション系」
 「道具系」
の3系統があって、昔と違うのは後者2つ特にファッション・カスタムが隆盛を誇る上にずいぶんセンス良くなってるところ。
 ハイエースなんか興味ない僕でも「あこれいいなあ」という個体もいくつかあったりして、すごく上手く夢というか大げさに言うとライフスタイル提案ができてると思います。
 まもちろん小なりといえどもショップの売り物なので、ある程度の完成度があって当然、なわけですけども。

・といってもメーカーが送り込むカスタムがカッコイイのも当然なのですが、個人的に一番いいなと思ったのはトーヨータイヤのデモ車ハイラックス。
 トーヨーはライトトラックの演出最高ッス。

https://twitter.com/KazuhisaNagata/status/1094056884699422720

・帰りに必ずフードコート&物販の棟を経由する動線で、「巧いなぁ」と思いました。
 グッスマ初音ミクコーナーだけ冷やかした。

・カスタムって言えばパロディみたいなもんなので、つまりコミケ的な雰囲気もあったりなかったりして、つまり「客」じゃなくて「参加者」って感じがして、なんとなく気恥ずかしかったです。なんとなく。

 楽しかったです。

posted by 犀角 at 15:38| 日記

2019年02月08日

MacBook Air 備忘録


 Appleの製品は引き継ぎが簡単なのがウリなのですが、メインのノートパソコンはもう長年引き継いできてるので、ここいらでひとつクリーンインストールをば。僕の個人的な手順をメモ。

・最新のMacOSにアップデート
・システム環境設定
 Dock>右へ
 トラックパッド>タップでクリック
・Finder
 表示>表示オプションを表示>アイコンサイズ36×36
・Dropboxのインストール
・GoogleChromeのインストール
・Google日本語入力のインストール
 ・旧機から辞書をエクスポート>(Dropbox経由で)>インポート
 ・環境設定>キー設定>MS-IME
・JeditΩのインストール
・MS Officeのインストール

で、機嫌よくblog書いてから、前回15年春にMacBook買った時の記事を読み返したら、前回もクリーンインストールしてた(笑)
 進歩が無いのはワシかMacか両方か。
 もうそれがいいことなのか悪いことなのかもわからん。

posted by 犀角 at 23:44| 雑記

MacBook Air (Late2018, Retina) Apple





 とりあえず諦めた!

 3年半前に、フルモデルチェンジしたてのMacBookを買いまして↓

http://rakken.sblo.jp/article/127474379.html

 だいぶ進化のスピードが緩くなってきたとはいえ、デジタルガジェット特にモバイル用は3年が論理寿命です。実際Microsoft Office 365でWordなんか動かしますと、もともと非力なMacBookさんではつっかかってストレス。
 3年半耐えに耐えた薄いキーボードももうイヤ。

 ということで買い換えようかと思っていたのですが、待てど暮らせど「高速化・キーボード改良MacBook」は出てこず、昨秋現れたのはMacBookではなくMacBook Air。
 わー。
 おそらくですがMacBookのタイトな設計では余裕が無く、フツーの人がフツーに欲しがるスペック&価格の「ノートパソコン(13.3インチ級)」にならなかったんでしょう。世の人すべてがミニマリストではないので。

 Appleの悪い癖で、放置しはじめると4年とか5年とか平気で待たせるので──件のMacBook Airもそう、Mac Proもそう、Mac miniもそう、iPad miniもそう、AppleTVもそう、4インチ系iPhoneもそう──まあなかなか生産止めないのは良いことかもしれないけど──あこらあかんわ、改良MacBook待ってたらおれ死ぬ、と思って諦めました。

 とりあえず別の探す。

 一番イヤだったのはキーボードだったので、Windows機に浮気しちゃおっかなー、と。
 ヨドバシ梅田あたりでThinkPad X1 Carbon(Lenovo)やLIFEBOOK UH系(富士通)などキーボード自慢のマシンのキーを叩き、「これですよこれ」と感心して……
 顔を上げると、まず縦が狭くて使いづらい16:9(Microsoftが自社製品ではこぞって3:2とかにしてるのにだ!)、おなじみ無用情報ピン止めまみれデスクトップ、いつまでも懐かしいメモ帳、そしてウェイトが軽すぎて可読性の低い新フォント。
「……だめだー」
と諦めること数十回。
 Microsoftはもうゲイツもバルマーも居ないのになぜあんなにUIのセンスが無いのか。
 長い時間眺めるものなので、きれいな字をきれいな画面で観たいです。
 Windowsやっぱり無し!
(ただし両機ともモノとしては魅力的。今度出るgram(LG)の17インチ・モデルなんかも、軽くて安くて要注目)

 んじゃあMacBook Proでもええやん、と思われるでしょうが、ほとんどテキストしか打たない私にあれはあからさまにオーバースペック、オーバープライス、いささかToo Much。
 TouchBar無しモデルだけCPUでもキーボードでも差別化する方針も鼻白むので、MBPも候補から落とす。

「MBAか……まあAirは初代も買ったし、11型初代も買ったし、縁があるんかな」
などと嘯きつつ、ふとAmazonを検索すると、例のAmazonとAppleがようやく手を結んで正規販売開始、がなされていて、ヨドバシ・ドット・コムより安価。
 やるなあ。
 というか各地のリテーラーが怒らんのか、いや公式より6%も安いのもどうよ。
 などなどいろいろ思いつつも、貯めに貯めたAmazonポイントもブチ込める、ので、テンション上がっちゃって買っちゃいました。
(AmazonではiPhoneシリーズなど、売ってないものも多いです。そこで公式とは差別化してるみたい。カスタムもできませんしね)

 ──来て触って、まあ良かったです(笑)
 言うてもキビキビ感が若干上がっており、画面も若干広い。
 キーボードも若干ですがマシ。底づき感からの指先のしびれ、みたいなのが若干ですがマシ。
 若干ですが。
 これ世紀の大失敗ですね、同じように薄いMagicKeyboardはそう酷くないので、ほんのあと0.何mmかストロークがあれば問題無かったと思うのですが。
 その他使い勝手的にもついさっきまでとほぼ変わらず、良くも悪くも新しい経験の喜びも無ければ、新しい経験の困難も無く──て最近Appleのプロダクトを買うたびに言うてますね。

 褒めてばかりではアレなので悪い方で言うと、2018秋冬モデルと考えると、いろいろ軽くあがる非力なCPUにしてはちょっと重量がある。
 でもそれぐらい。

 標準iPadとかiPhoneXRとか、最近のAppleは「無理をしないモデル」が多い。性能やユーザー体験をガメつく削り取りに行くのではなく、常識的なコストで常識的な性能のモデルを作る。普通の方はこちらでどうぞ。
 標準iPadて32GBだと37,800(税抜)で、10インチ級なら変なAndroidタブレット買うよりあれ買ったほうが絶対いいです。もちろんFire HDとか、わかってる人がわかって買うならいいと思いますけども。

 余談ですがノートパソコンで言うと、Panasonicはもう固定客をガッチリ掴んで離さない、という感じで、ものすごい高価格で基本直販で買え、というスタイルなんですが、それでもやっぱり実使用シーンを考えると魅力的なスペックと佇まいであり、良いと思ったことをやり続ける頑固さはSUBARUの四駆のクルマを見るようです。

 ということで新相棒のキーをいま現在も機嫌よく叩いているわけですが、目下の恐怖は3月に噂されるAppleのイベントで(iPad mini5だとか、4型系新型iPhoneだとか、いろいろ噂があります)、上記改良型MacBookがどどーんと出てきちゃうことですが……まあ、そうなったらそうなったで。
 むしろこの調子でいうと、「MacBook Air 15インチ」てのも一定の需要があると見た。もちろん16:10のRetinaディスプレイで、13インチに対する値段アップも同スペックで3万以内とかね。MBAの一番安いのが134,800なので、159,800とかだといいな。

 さてニューマシン、色も先代MacBookと同じスペースグレイにしたので、閉じてても開いてても目の前に広がる風景が今までと驚くほど変わらず、僕が開封するのを見てた奥さんも
「違いがわからん!」
と顔をしかめていました。
 色ぐらいシルバーに変えればよかったかなあ。
 あるいは英語キーボードとか。
 次回は考えます。
 いや、考えなくていいような画期的なヤツをどうかひとつ。

posted by 犀角 at 21:49| ガジェット

2019年02月07日

相手にプレゼントを渡すこと



 鴨頭嘉人さん@YouTube。

https://www.youtube.com/watch?v=Vg0SaqWq20E

 NY帰りのエリートサラリーマン、okbちゃんに教えてもらった動画です。
 つまりこれもプレゼント。

 その冒頭のセレクトショップの店員さんの話が例としてすごくわかりやすく、また憧れるのですが、そんな店員(セールス)はそうは居ない。
 つまり「GIFTする」、し続けるのがいかに大変か、ってことで……まあ、でも「そうであろう」と心がける、意識し続ける、習慣にしようと目論む、のは姿勢として正しい。
 いやー、ぼくもなんとかそうでありたいなあ。
 ぼく一応言葉を遣う仕事してるはず(最近ホント自信無いス)なので、言葉を贈り物にできるように、精進します。

 いや、言い訳じゃないですけど、ぼくそういうのヤだったんですよ。若い頃は。
「『ありがとう』とか言うてる暇あったらやれや」
「『ありがとう』言うたらやらんでええと思ってへんやろな」
とかとか。
 行動して現実を動かすのがまず第一で、そこに言葉は必要ない。
 動かせないなら言葉なんかなんの意味もないし、動いたらまた不要なものだし。
 と、言葉に人一倍関心があったからこそ、必要以上に「言葉の無力」を強調していました。
 ……んですが、まあ年取ってくると、潤滑油とか、テーブルの上の一輪の花とか、それがエンジン本体やお昼の焼きそばそのものより場合によっては大切だったりすることもある、という、これもまた現実をよく体験するようになり、「どっちもたいせつ」みたいな気分になってきました。
 言葉は本当に無力でなんの栄養も無いのですが、化学反応における触媒のように、心や身体をポン、と押して、それによって心や身体が動き出して、物事が動き出す、ということはよくあります。
 それでいいし、もしそういう反応が起きなくても、まず自分に対して「いまなにを思ったか」の決着、区切りをつけてそれをもう一度自分に刻む、という効果もあるので、言葉はだいじに遣っていきたい。
 と思います。

 おかえり会ではピロさんと3人で3時まで呑みました。積もる話がありすぎて。

posted by 犀角 at 00:00| コンテンツ

2019年02月06日

時代はBtoB! すなわちバカtoバカ! 「バカになれ!」マーケティングでハッピーパラダイス!


……というような系の本を2冊読みました。

・本『ちょいバカ戦略 意識低い系マーケティングのすすめ』小口覺
・本『物を売るバカ2』川上徹也



 マーケ系の本で注意しないといけないのは、著者の発見した「勝ちパターン」(これがその本の売り)に牽強付会にハメこもうとするところで、この2冊はそういう悪意がなくて読みやすかったです。

『ちょいバカ』の方は冒頭で好例としてAppleを持ち出す勢いの良さで、確かに「バカでも使える」ように頑張る、というのは製品づくりの面ではAppleの伝統の美点ですが、しかしセールス現場の面では「バカ排除」、つまり「ある一定のハードルを設けてそこで足切りし、面倒な客を寄せ付けない」というSTARBUCKSやAmazonでもおなじみのアメリカン流行スタイルの元祖とも言うべき存在で、キャリアショップにiPhone買いに行かれて何度も何度も「故障したらAppleへ」「サポートはAppleへ」と念を押されましたでしょう?あれ。
 だもので、どの視点で観るかによってどこを狙いどこを切っているかは変わるもんスね。

『バカ2』の方は前著『バカ』が法則に重きを置いてこちらは実例集とのことで、知る人ぞ知る的好例が多々掲載されていて、読み物としてたいへんおもしろいのですが、あまりにも勝ちパターンが多岐にわたるので勝利の方程式が見えづらく、「……つまり運じゃねぇか」という疑念が湧いてきてしまう気もしたししなかったり。
「『なに』を売るか」のところで、製品・商品そのものの性質だけではなく、その「物」を取り巻くいろーんなレイヤーのいろーんな状況をよく研究して、空いてる穴を埋めたり、むりやり穴を開けたり、それが大事なのですが、なかなか「物」作ってる時にはそういう視点にならないんですよねぇ。物理的に作ること自体が大変ですからね。

 ともあれ、半ば強制的に、普段とぜんぜん違う視点で「物」を観ることができるので、たまにマーケ系の本読むとおもしろいです。

posted by 犀角 at 00:00|

2019年02月05日

何を言ってもだいたい馬耳東風顔で聞き流される私。「説得力が欲しい。魔法のような説得力が」と手に取ったのは名手の、大谷翔平の、村山実のVTRでした。



・本『神田松之丞 講談入門』神田松之丞
・CDムック『やる気が出る外郎売CDブック』
・本『話芸の達人』戸田学



 神田さんはなにかの折に音源聞いて、「ああパンチあるなぁ」と覚えてて、ご本見かけたので読んでみました。講談の名席のあらすじから、講談師の生活、伝説の師匠方の思い出まで、盛りだくさんです。

 ぼくは「古典を現代に」な企画が壁に当たるのは、言葉遣いなどのフィジカルな問題ではなく、価値観のズレが埋めきれないからではないかと思っています。
 落語の命脈が続いてるのは「笑い」が計測可能量なので、それを頼りに、ウケないところ削ってウケるところ伸ばす、という技が使えるからではないか、と。
 講談の場合は「感動」特に「カッコイイ」という感覚が時代とともに変化するので、ここをアジャストするのが難しいだろうな、と思います。

『外郎売』はYouTubeでいろいろあります。たとえば↓
https://www.youtube.com/watch?v=Hi46QVIyUdg

 ぼく小学校で落研だったもんですから『寿限無』いけますよ。あれ落語演者の初心者訓練用によく出来てて、前段でご隠居が一節一節意味解説してくれるので、覚えやすいんです。『外郎売』はもっとバラバラの言葉の響き優先の早口言葉みたいなフレーズが多いので、はるかに難しそう。

 まあ滑舌悪くても三四郎・小宮さんとか諸見里大介さんとか、むしろそれで笑いとってる方がいるご時世ですから、いいや。

 戸田さんのご本は西条凡児・浜村淳・上岡龍太郎という関西のしゃべり好きにはたまらないセレクション。ぼくは凡児先生はほぼ記憶にない世代なのですが、後ろ二人、もちろん浜村さんは現役バリバリですし、上岡さんは多感な若者時代、常に耳に入ってきた声と話芸でした。『ラブアタック』『花の新婚!カンピューター作戦』『ノックは無用』『パペポTV』そして『ナイトスクープ』。締まるんですよね、番組がピリッと。特にノックさんや鶴瓶さん、小枝さんみたいなぐにゃぐにゃした人と相性抜群で、タコとキュウリの酢の物のようにおたがいを引き立てあってました。でも辛いだけじゃなくて愛する阪神の話になると完全にキャラが崩壊したり、バカにしてたマラソンを始めたらなにをさておいてものめり込んだり、チラチラ見せる愛嬌がまた可愛げがありました。
 早い引退が惜しく、いますぐにでも戻ってきてもらいたいものですが、まだ力のあるうちに、が上岡流ダンディズムなのでしょう。

『パペポ』で鶴瓶さんと「襲名披露っていいよね」という話題になり、「何やったら継ぎたいです?」と問われて上岡さんが出した例が西条凡児さんでした。
 むしろ(特に関西に)必要なのは二代目上岡龍太郎だ。
 辛口や愛嬌はともかくとして、「博識」ってファクターがネックですねえ。

posted by 犀角 at 00:00|

2019年02月04日

実家の洋品店主からマンガ家へ、追い詰められた三田先生が捻り出した実践仕事術を学ぶ


●本『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』三田紀房



 後半はマンガの方法論が多いので、創作論好きにも。
 タイトルのようなヒストリの三田先生なので、カッコつけずに本音&プラクティカルでマンガ家のみならずクリエイティブめざす人には参考になると思います。

 実は軽く叙述トリックみたいなタイトルで、
「2倍仕事したかったら徹夜するな」
 結果的に効率が落ちるから。
 つまり巷間よく言われますがなかなか実現できない、
「結果的にアウトプットの量(&質)が上がるように行動せよ」
という点が強調されています。
 楽するためには外注でも何でも使え、変なコダワリは誰のためにもならん、とか。
 荒木飛呂彦先生(『ジョジョの奇妙な冒険』)も週休2日をデビュー当時から続けられて休載ゼロだそうですし、村上春樹先生も健康をキープするために早起きしてマラソン走り倒してますし、やっぱりジョブに限らず「健康な生活」がすべての基本ですねえ。

 ぼくも最近はなるべく7時間は寝るようにしています。
 漢方と野菜スープのおかげで最近はよく寝れてるので、ありがたいッス。

 そんな三田先生の連載中のがこちら↓

●マンガ『アルキメデスの大戦』1-13 三田紀房



「戦艦大和建造を止めるには」というテーマで架空の数学の天才・櫂直(かい・ただし)が活躍するのですが、架空戦記物と違って史実は(基本的に)動かさないので、どう着地させるのか、が見もの。
 最近では「圧倒的な未来戦艦を作って抑止力にする」という方向にシフトしてきたのですが、当然現実の大和はそこまでのものではないので、さあここからどう持っていくのですやら。
 ぼくが「新刊出たら買う」リストに入れてる何シリーズかのうちの1本です。

 上記の本に「売れるマンガ」の要素、先生が取り入れている秘訣が書いてあるのですが、それを読んでから読むとさらに趣深い。
 大ゴマだ顔アップだw みたいな。
 難しくなりそうな話が極めて簡潔明瞭に表現されており、いま何が起きているのかもわかりやすく、「マンガの力」って感じですね。

posted by 犀角 at 00:00|