2019年03月27日

四十肩その後



 昨秋から引っ張る私の四十肩ですが

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 16:33| 雑記

2019年03月26日

レシピ「卵とトマトの炒めもの」


 超手早くて超美味い。
 ド定番です。
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 21:37| ごはん

2019年03月25日

イチロー・スゥズゥッキー


 イチロー選手がついに引退されましたが

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 11:29| 雑記

2019年03月22日

最近はコスプレまでするらしい。特殊詐欺にご用心。



 歯医者さんで上向きになって施術中、別の患者さんが来院して、しっかりしたおばあちゃん(あとで拝見)。常連客らしく受付の方と大声で世間話丸聞こえ。
 詐欺に引っかからはったんですって。

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:44| 雑記

2019年03月21日

「ロシアの」と「セキュリティ」の2単語が合わさって最強に見える。カスペルスキー!



 では早速昨日のアフィリエイト・バナーの実例をご覧に入れましょう(笑)
 こちらです↓

カスペルスキー セキュリティ

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:49| 雑記

2019年03月20日

世界は広告でできている


 先日Oisix(オイシックス)を始めた、というお話をしましたが↓
http://rakken.sblo.jp/article/185638594.html

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:33| 雑記

2019年03月19日

「陽中の陰、陰中の陽」。そして「同級生」の穏やかさ。


●バラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』



 昔、『パペポTV』にゲスト出演された香川登志緒先生(いうまでもありませんがレジェンド放送作家です。代表作は『てなもんや三度笠』)が、MCの笑福亭鶴瓶さんと上岡龍太郎さんを指して上記の言葉、「陽中の陰、陰中の陽」を教えてくれました。
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:54| 雑記

2019年03月18日

今年は1勝イケるで! チャンピオンだってありうる!


 F1グランプリ2019開幕戦・オーストラリアGP(アルバートパーク)
 レッドブル・ホンダ3位表彰台(マックス・フェルスタッペン)

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 21:36| 雑記

2019年03月15日

レシピ「ふつうのカレー Ver.2」


 味の決め手はトマト缶〜。

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 11:49| ごはん

2019年03月14日

松坂さんの三十肩



 いや本当のところはもちろんわからないんですけどね。
 あれ四十肩みたいなもんなんじゃないかなあ。
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 09:40| 雑記

2019年03月08日

ゆるパン



 昨今は肌にぴったりしたボクサータイプが流行ってますが、拙者あいかわらずのゆるゆる派。
 だけど近所のスーパー・マーケッツにはいいのがない。ピッチリボクサーの次はラクダ色のおじいちゃん申又。
 なんで団塊Jrはパンツまで氷河期なんだ!
 しょうがないので通販。

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 10:06| 日記

2019年03月07日

レシピ「アンチョビとキャベツのパスタ」


 もう春キャベツが美味いッス。キャベツの甘みに、アンチョビの塩辛さがグンバツ。ソースづくりカンタンなのもありがたいです。アンチョビのオイルまみれになりますけどね。

【続きを読む…】
posted by 犀角 at 18:35| ごはん

2019年03月06日

2019年03月01日

歯より歯茎が心配な貴方! 基本ペーストを薦めない歯医者さんでも「まぁこれなら…」としぶしぶ受付横に置く歯磨き粉!



●歯磨きペースト「コンクール リペリオ」ウェルテック



 ほんのり塩気があるけど刺激強くないです。
【続きを読む…】
posted by 犀角 at 00:00| 雑記

2019年02月28日

「空母対空母」の謳い文句に惹かれミッドウェー海戦あたりをイメージして読み始めるとゲンナリすること間違いなし。現代ミサイル戦を描いた隠れ反戦マンガ『空母いぶき』



 金正恩委員長とトランプ大統領がベトナムで会談中、さて朝鮮半島の非核化なるか!と盛り上がってる最中に、「コロラド博士」こと牧田寛博士のイージス・アショアの超わかる解説記事を読みました。
https://hbol.jp/186051

 ムリかな……
 核を手放したウクライナがどうなったかというとこうなったので↓
https://www.47news.jp/312759.html

 嘘つくとあとが大変ですね。
 牧田さんの記事はどれも超おもしろくて超わかりやすいので超おすすめです。
https://hbol.jp/hbo_comment_people/%E7%89%A7%E7%94%B0%E5%AF%9B

 そんなこんなでミサイル関連をボンヤリ見回ってましたら、そういえばかわぐち御大が空母の話やってたはず、ということで最新刊まで読みました。

●マンガ『空母いぶき』1-11 かわぐちかいじ



『エリア88』で育った世代には現代の空中戦は異質すぎてついていけない。いやついていかんでいいんですけども。
 要はいまの戦闘機はミサイル・キャリアーなので、ミサイルをどう撃つか、撃たれたミサイルにどう対応するか、が中心になってます。くるくる後ろを取り合いながら機関銃を撃ち合う、「空中戦」と聞いた時イメージするアレの出番はあんまり無い。それではアレなので対地攻撃とか対艦偵察とか「飛行機の見せ所」も用意されてるのですが、肝心の戦闘機対戦闘機がミサイルの撃ち合い、単純に性能高い方が勝つ、では、──言葉選びづらいな──アレです。
『トップガン』が再映画化されるらしいですが、一番の盛り上がりどころはどう撮るんですかね。ミノフスキー粒子でも発明されてて格闘戦やるんですかね。
 ま、潜水艦が相手艦隊に殴り込みかけるところの方がイキイキしてる気もするので、単にかわぐち先生の好みかもしれない。

 このマンガ読んでますと現代の空軍・海軍の戦いがあまりにバカバカしくって厭戦気分に浸れます。
 こんなことを命がけでさせられる、自衛隊を含めた各国軍隊の兵隊さんは本当にお気の毒です。これまだミサイルの後ろに人間居ますけど、無人機が噛んでくるとそれも居なくなるわけでしょう? おたがいに無人機がキャリーするミサイルを撃ち合うんだったら、eスポーツでeんじゃ。
 世界中で兵隊さんみなさんいっせいに退職したら、強制的に平和になりませんかね。

posted by 犀角 at 13:32|